サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

王子さまは子供部屋に眠る(ショコラ文庫)

王子さまは子供部屋に眠る みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/01/10 23:51

投稿元:ブクログ

綾ちはるさんの4作目。主人公が個人的に受け入れにくくて参った。とにかくお金にルーズというか甘いというか。ネタバレになるのであまり詳しく書けないが、借金の理由もお金を得ようとする手段も、自分の借金があるのに他人に大金を貸してしまう理由も、何もかもに理解も共感もできませんでした。
しかも主人公が手放すお金のほとんどは、親の残した保険金や犯罪すれすれで稼いだ大金だったりするので尚更。おまけに相手の借金がギャンブルが原因だと知っていても、後先考えず簡単に貸すから余計にモヤモヤする。
自らを進んで不幸な境遇に陥らせている行動はとにかく首をかしげるばかり。死んだ母の言葉ゆえ、とはいえ本人が純真無垢に相手を信じているわけでもなく、貸した金は返ってこないだろうなーと薄々感じているのも理解しがたい。自分はどうでもいい他人にお金を簡単に渡すのに、攻が自分の借金を肩代わりしたことには激しく反発するってどうなのとか、共感できないところが多すぎて私の理解を越えました。
そんな主人公が攻とハッピーエンドを迎え、借金問題が解決しても、「ああ…」という感じ。結局、主人公は特に反省もせず教訓も得ていないし、周囲にそれをたしなめる人もいないまま。この話、攻のキャラが良かったのが救い。
綾ちはるさん、好きだと思っていたからすごく残念。なんでかなあ…。次作からは様子を見て買いたいと思います。

2014/12/14 17:18

投稿元:ブクログ

こちらはあまり好みではなかったな~。 受のキャラがね~。ありえなさすぎの設定ですよね。 騙されて借金まみれの挙句その上またお金を貸してあげるなんてね~。 人がよすぎるにもほどがありますよね。 こういうのはあまり好みじゃないんですよね。 でもこの攻は嫌いじゃなかったのでちょっと残念。

2015/05/08 22:17

投稿元:ブクログ

作家買いしてるだけに、残念すぎる作品でした。
久しぶりにこんなに胸糞悪くなる人間を見た……というくらい、受のバカさ
加減にイライラしてページを捲る手がどんどん加速。
面白いからじゃなくて、ムカムカして仕方ないので早く読み終わりたいが
ための加速です。

この受ね、死んだママの有り難いお言葉を後生大事に抱えてて、
お目出度くも次から次へと他人に騙され、ケツの毛まで抜かれちゃう
アホの子……じゃない、ホントのアホでした。
ただのアホじゃなくて、もう筋金入りのバカでした。
攻に散々バカだと言われて腹たててましたが、自分が本当のバカ者である
ことに気づけていないどころか、そんな自分は間違っていないと信じ
こめちゃうくらいの危なさ。

だまし取られるお金にしても、そもそも自分が稼いだ金じゃないのが
また読んでて腹が立って仕方ない。
親の残してくれたお金や、人から苦労せずに与えられたお金。
それを社会の汚物のような底辺の人間にホイホイ貸して、人の善意を
信じたいとかお花畑な残念な脳みそしてました。
あー……共感できないどころか、思い出すだけで腹立たしい。

死んじゃったママも、自己中で傲慢な考えでイラっとしましたが、
なるほどこんな人間が育てると、他者に色んな意味で迷惑かける勘違い善意の
アホが出来上がるのかと、子育ての反面教師的参考になったくらいです。

攻も大概なので両者とも共感できなかったですが、とにかくこの受が
たまらなく鼻についてダメでした。
自分のお金を貸して騙されてどん底で後悔してない、ならいっそ清々しい
バカだと笑って読めましたが、人の想いがこもった大切なお金や
棚ぼた銭を、さも自分が救世主のようなアホ面でばらまいてるのが無理。
私は身内が連帯保証人になったことで、母が幼少期に苦労したことから、
「友達や彼氏からお金の話が出たら、迷わず断りなさい。絶対よ。
それで疎遠になるような人なら、有り難い話だと思いなさい」
と、口を酸っぱくして育てられてきたので、真逆思想のこのお話は
相容れませんでした。



次回からはしばらく評価など様子見してから購入します。
このハズレは、ここ数年引き当てた中でも一番のヤバさでした。
なんとなく、浮き沈みの大きいタイプの作家さんというか、
まだ不安定なのかなという印象です。

3 件中 1 件~ 3 件を表示