サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

今回は、より社会派!

2015/12/21 01:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

過去の未解決事件を専門に扱うコペンハーゲン警察の名物部署“特捜部Q”だが、その実体は地下の倉庫を改装した職場と、いろいろと謎を持つメンバーで構成されている。
今回、特捜部Qが取り組むのは80年代に起こった連続失踪事件。 それぞれに無関係と思われた人物たちの共通項としてある人物が浮かんだとき、カール・マーク警部補とその助手(?)アサドの身に危険が迫る・・・という話。

なんとなく、毎回事件のたびにカール・マークはひどい目にあっているような気がするんだけれども。 一作目で彼と同僚を襲った事件のほうも少しずつ展開を見せているし、事件としては毎回完結はしているもののシリーズとしての醍醐味もしっかり用意されている。 チームのメンバーのファミリー感というか、こんなに強く感じたことはない。 最後にうっかり泣きそうになっちゃったし。

とはいえ、作者が描きたかったのは優生法に準じた女子収容所が70年代まで実在していた、デンマーク王国は被害者たる女性たちに謝罪も補償も行っていない、というところだろう。 “優生理論”に対して「そういうことってあるよねー」とあっさり考えてしまうことがナチスやファシズムを生むのだ、ととてもよくわかった。

いちばん恐ろしいのは人間、ということを、<福祉大国>と呼ばれる北欧のミステリからまた教わる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

社会派な題材

2016/12/05 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KOUME - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本においてもハンセン病に対する差別の歴史があった訳だし。選民思想は世界中であったし、今もあるでしょう。その辺を踏まえた警察小説。シリーズを読み進めていくと結末の傾向が読めるのだが、今回はすべて○○する。さすがに4作目になると違う展開を望む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/25 22:31

投稿元:ブクログ

カール・マークのチーム、とアサドもローセも思ってないかもしれないが、この3人組はそれぞれ身勝手に動いているように見えて非常に優秀なチームである。捜査の筋道はカールが立てて、アサドやローセにああしろ、こうしろと命令は出すのだが、この警察官ではない、アシスタントでしかない二人は命令以上に緻密に調べ物をこなす。調べたものに対して、カールは優秀な刑事として起動する。口に出して相手を信頼しているとか尊敬しているなんてやり取りは全くなく、カールはいつも二人の我儘っぷりに腹の底で苛立ちを感じているような間柄なのだが、このチームはとてもいいチームなのである。
この特捜部Qシリーズでは、絶対的人数が欠如している(なんせ警部補のカール・マーク、警察官権限の全くない民間人アシスタントのアサドとローセと言うこじんまりした3人所帯)。にもかかわらず、勘がいいと言うか、大物を嗅ぎ分けてしまうので(ここで言うところの大物とは、解決不可能と思われている未解決事件の捜査の糸口を見つけちゃう嗅覚と言う意味)少数で核心部分に踏み込むしかない状態になり、毎回命の危機に晒される。マークは気付く、自分の命の危機を感じた時に失いたくない人間が複数いる事を。
カールが失いたくない、と咄嗟に浮かべてしまった人たちの中に(無論カールが夢中の恋人のモーナも含まれるが)半身不随の元相棒のハーディが含まれている事。カールにとっては解決されてない釘打ち機事件のトラウマを想起させる存在そのものである筈なのに…寝たきりで回復の見込めない男なのに…ハーディの体は治らないと解ってて、ハーディが痛みを感じる気がすると言っても否定の言葉を吐かず自分ちの居間に住まわせる…刑事として頭脳戦は出来るので、事件の概要を話してハーディの意見を聞くカール。その度にそっとハーディの頬を撫でるカール。ハーディが大切なんだよな、カールにとって。絶対に男同士云々の性的な意味合いの含まれない撫で方なんだろうけど、半身不随のハーディも以前のハーディも、カールにとっては変わらないんだな、って。治らないと解ってて奇跡は起きないか、と祈ったりもしない。その祈りは自分が救われる為のものでしかない、と思ってるんじゃないかな、カールは。本当に全くカールにはその気はない、彼は根っからのノンケでだ。仕事上では皮肉も言うしごり押しもするが、誰かを殊更憐れんだり、贔屓したりもしない。ハーディを引き取ったのも、贖罪や献身などではなく、寝たきりで妻にも離婚され可哀想だからでもなく、ハーディが頼んだから、ただそれだけだろう。と言う風に読み取れる書き方をしてあるんだよね。カールの振る舞いはひょっとしたらその気がある後輩の面倒をみている内に誤解を生む可能性はあるが、彼は根っからのノンケである。そう言うところを慮らないであろうノンケである、慮る必要、可能性を考える必要性さえ頭にないノンケである(笑)
ゲイが好むガタいの良さとか、顔形とか、声とか、仕草とか、そう言う種類分けじゃなくて、絶対こいつ野郎にモテる!!と言う存在感で書かれている人物が出てる小説は他にないのかっ!!作中に男にモテている描写がされてても萌えんからなぁ、これは探すの難しそう。レビューなどに(彼は男にモテるタイプのノンケ)と言う脚注は入らんだろうから(笑)作者がプロット組む時「男のモテるノンケ」と言う要素を含ませていないのに読者がそう読み取ってしまう人物像に仕上がっている、と言うのが好み。カール・マークに関しては正にそんな感じ。1巻目読んだ時にそう思って、具体的にやっぱ好かれるタイプなんじゃん、って一瞬の描写があって確信、と言う…いいなー、カール・マーク。今一番こう言う男読みたい、ってのを体現してくれてる。
早く『知りずぎたマルコ』の文庫化の希望する!!

2015/01/24 22:08

投稿元:ブクログ

本作で取上げられる過去の「恐ろしい事実」…“実話”に基づくのだという。人間の尊厳を余りにも蔑ろにする冷酷な振る舞いだが、遺憾ながら、そんなことが容認されてしまっていた時代が在った…そういう振る舞いに及んだ側…それに巻き込まれて行って、途轍もない不幸を負わされてしまった側…途轍もない不幸を負わされた地点から、真摯に救いの手を差し伸べる人の支援で前進し、幸運を掴み取ってさえも、負わされてしまった不幸から脱け出せない…そして“事件”…このシリーズの各作品で、最も「重い」感じだ…

2015/02/08 14:20

投稿元:ブクログ

シリーズが進むに連れて、どんどんおもしろくなります。

この作品でショックだったのは、収容所。人を大切にする印象がある北欧のデンマークで、そんな収容所があったなんてねぇ。隣のドイツの影響もあるのか?

物語は、どんでん返しです。いやぁ、そう言う結末にしますか。そう来るのね。あっぱれです

2015/02/01 01:50

投稿元:ブクログ

『特捜部Q』シリーズ第4作の下巻。
上巻で徐々に明らかになった事件の内容が、一気に解決する。ハードボイルド的なお約束もあって面白かった。
最後のどんでん返しは割とあっさりしている。

2015/07/15 23:05

投稿元:ブクログ

既刊シリーズ中、一番重くてやるせないテーマ。特捜部メンバーのコミカルなやり取りがなければ到底読み進められない内容です。

この話で一番ショックなのは、スプロー島実在の点。それもあのナチス以後もこのような思想を国が是認していたこと。差別主義というのは、いつの時代も規模や形を変えてどこの国にも存在するのだろうし、他者と比較し、優劣を付けたがる人間の性とも言えるのかもしれませんが(ただ、優生学のような思想は白人至上主義者に多い?)、たとえそうだとしても、こんなことが公然と行われていたという事実には慄然とさせられます。しかも同性が何の躊躇いもなく加担していたとなればなおさら。
今回の諸悪の根源クアトが、妻だけは本気で愛していたという事実は、冷酷なだけでなく人間らしい一面もあったのだというより、むしろ傲慢さを際立たせているような気がします。『優秀な人間』と『下等な人間』という自分基準の勝手な線引きをはっきりと見せつけられているようで…。
こういうタイプの人間に対する最大の罰は、生涯をかけて創り上げてきた思想と組織の完全崩壊を目の当たりにさせることだったと思うので、ある意味クアトには優しい結末じゃないかと思います。まあ、十分追い詰められてはいたけれど。

このシリーズの女性は被害者も加害者も、もちろんレギュラー陣もとにかくタフですが、本書のニーデを中心とする女性達のタフさは半端ない。自らに降りかかる悲劇を運命だと諦めたり黙って受け入れたりすることは美徳じゃないのでしょう。
いくら教養があってもクアトみたいな極端思想を持ったら恐ろしいですが、大切なのは遺伝子じゃなくて教育なのだと考えさせられます。

2015/01/28 19:57

投稿元:ブクログ

特捜部Qシリーズ第4弾、このシリーズどの作品もテーマは重く、登場人物たちは軽くのバランスが良くて、勿論小説としても面白いので好きなんですが、今回もその期待を裏切らず。

物語の舞台設定、事件のテーマがなかなか凄いなぁと思ったら、なんと現実の話だったとは!北欧ゲルマン民族の極右派って自分たちの種としての優位性に絶対の自信を持ってるんやねぇ、ナチスに準ずる人類の品種改良みたいな考え方って怖いよなぁと思う。勿論この小説は、絶対反対の立場から書かれているわけなんだけど。

「あの子は両親のエエとこだけ引き継いでるね」だとか「美人のおばあちゃんに似て良かったね」だとか「とんびが鷹を産む」等々、日常会話に普通に使われているこれらの言葉って突き詰めていくとかなり恐ろしい思想になっていく可能性があるねんなぁ。包丁と一緒で普通に使っている分には問題ないのだけど、使いどころを間違うと指も切るし、意図的に間違った使い方をすると凶器になったりもするねんなぁと、そんなことを考えさせられた小説でした。

ミステリーとしても良い。最後の仕掛けは良くあるパターンとはいえ、組み立てが上手い投球で打ち取られた気持ちよさを感じた。きっちりまとまっていて、シリーズとしての構成もこなれてきた感じ

2015/09/14 01:45

投稿元:ブクログ

今までのシリーズの中で一番好き。
最後、作者から初めて直接寄せられたメッセージは、デンマークという国に対するイメージを新たにしてくれた。遠いところほど美しく見えるものということを、改めて思う。

9 件中 1 件~ 9 件を表示