サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

理系大学生は一読の価値ありです。

2015/03/16 23:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダーウィン進化論と共生進化論の進歩をまとめつつ、進化の推進力に関する独自解釈を展開してる本です。ウイルス・遺伝病・異種交配・エピジェネティクスの4つの柱で論理が展開されていて、とにかく知識量がゴツいです。

個人的にはウイルスと異種交配に関する研究の紹介がとにかく面白かったです。また、この本は割と理論派なので実践派の「パンデミック新時代」も併せて読んだらウイルスに関する考え方が大分変わると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛感

2015/12/27 00:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tahokonyatoki - この投稿者のレビュー一覧を見る

進化を知ることは、現在そして未来を知ることにつながる。
我々は、まだ何も知らない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/26 07:36

投稿元:ブクログ

ダーウィンの生物進化論は
突然変異と自然淘汰を謳っている。
これまでは突然変異とは遺伝子のコピーミスと考えられてきたが、本書ではそれに加えウィルスによる共生も可能性として論じている。

かなり専門的な内容
相当すっ飛ばした

2014/12/30 15:14

投稿元:ブクログ

高校の時に学ぶ自然淘汰または自然選択とは、環境に適応した個体だけが次世代に種を残し繁栄していくシステムであり、種が変わるのは突然変異というDNAのコード時のエラーが原因であると学んだ記憶がある。
本書では、どちらかというとウイルスによる進化ということに主眼をおく。
ご存知のようにウイルスとはRNAを逆転写酵素によってDNAとしてコピーしそのDNAから遺伝情報を読み出すウイルス(これを昔からいるから?レトロウイルスと呼ぶ)。
ウイルスというと人間を蝕む、悪いもの(生物)という印象が強いが、上記の現象からウイルスは生物のDNAを変位させうる能力がある。
このウイルスによる進化が、自然のDNAのコードエラーと同じくらい強い推進力を持つというところが前半の主張である。

一方で、DNAが決まると一意的にその後の人生が決まるかといわれるとそうではなく、後天的な要素(環境)もまた強く影響を及ぼす。
これをエピジェニックな作用と呼び、直接DNAを変える力は持っていないが、DNAが与える影響力を変化させることができるという。DNAは設計図であって、その通りに作れるかどうかは別問題なので言われると当たり前のようにも思えるが、設計図通りに作る人を作るのにもDNAが担っているため意外と言えば意外なのかもしれない。

従って、昔からの論争である「nature or nurture?」という問いは現代の視点では、いずれも決定的に重要という答えになるのであろう。
この手の本は、最終的に人間にどのように利益をもたらすかわからない部分も多いが、この分野に限っては人間の医療技術の高度化ということが明確に理解することができる。
将来、先天的な病気を緩和するため、ウィルスを摂取しDNAそのものを書き換えるという新しい治療法が誕生していることに期待しよう。

2016/03/10 12:54

投稿元:ブクログ

多少、知識がないと読むのが難しいかもしれない。
だがウイルスと言われると病原菌で悪しきものというイメージしかない人にとっては
非常に興味深い話だと思う。
善悪や進退の判断基準が良い意味で壊れる。

2015/10/08 13:16

投稿元:ブクログ

ウイルスとヒトの共生進化や、その理論に基づいた医学への応用、さらに進化への推進力には共生進化だけでなくエピジェネティクスや異種交配などもあることがこの本では述べられている。専門用語がやや多いが、一般読者に向けて書かれているので興味深く読めた。
ウイルスとの共生進化の話は目からうろこ、というか、びっくりしてしまったが、大学で勉強した分子生物学や微生物学の延長線上にあるような考え方だとも納得できた。とにかく大量の参考文献を交えて論理的に文章が書かれているので納得させられる。筆者の文章は、医学への応用といった実利を追究しているので読者を飽きさせない。

2014/12/28 13:59

投稿元:ブクログ

今年読んだ本で、間違いなく一番面白かった。
エウズやエボラウイルスは進化にとってはごく自然な成り行きなんですね。こういうレトロウイルスと共生することで生物とウイルスは共に進化してきた…世界観ががらりと変わります。

2016/01/24 12:06

投稿元:ブクログ

ゲノムの1.5%しか遺伝子として機能していない。それよりも多い9%は過去に感染したウィルスの名残なのだそうだ。
そして50%は何の為に存在するかが未だ不明らしい。

ウィルスは感染する宿主がいないと繁殖できない。進化の過程では宿主とウィルスの共生が大きく影響している。
ゲノムに名残を残すウィルスはレトロウィルスと呼ばれる種類のもので、AIDSウィルスもその種類に含まれる。AIDSの特効薬が未だにできない理由がわかる気がする。今は新しい進化の過程なのかも知れない。

過去を生かしながら新しい物を作るのはどんな世界でも難しく、破壊が必要だ。私たちの社会やビジネスではそれは難しいが
ウィルスの感染と共生で生命はそれをうまくやっている。私たちの創造活動にも大変参考になる。

後半は「エピジェネティクス」がテーマだ。ゲノムによる先天的なものだけでなく、自分の努力など後天的なものを子孫に残す仕組みの話だ。
万能細胞などもこの研究分野に関すると思われる。エピジェネティクスという言葉は何回か目にしたことがあるが、これほど興味を持ったことはなく関連することをもっと知りたいと思った。

2016/04/09 11:20

投稿元:ブクログ

*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50104866&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

9 件中 1 件~ 9 件を表示