サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

経済と人間の旅

経済と人間の旅 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/03/29 11:52

投稿元:ブクログ

日本を代表する経済学者。数字だけが重要視されるような経済という世界に、実は人間性、人の幸せを合わせ考える事こそが、一番重要な経済の未来図。幼少期から振り返る自伝む含み、水俣病患者に寄り添い、天皇陛下やローマ法王からも意見を求められる存在。新進気鋭の時代には、今の経済界にも大きな影響を与え続けた数々の経済学者との交流。難しい理論を排しても読んで興味深い内容多数。ぜひ。

2015/03/23 08:40

投稿元:ブクログ

経済学者になるまでの半生、そして経済学者としての歩み。「日経/私の履歴書」を今読んでみて、新鮮。スタンフォードからシカゴ大へ、学者としてステップアップしながら、多くの学者など、そして学生たちとの交流がこの人を大きくしていったことを感じた。シュルツ財務長官との友情もこの若い日からあった。1971年頃、ジョーン・ロビンソンの「資本主義の第2の危機」を支持し、社会の危機だけではなく、経済学者の問題にある!とするところにこの人の良心を感じる。83年:昭和天皇、90年:ローマ法王ヨハネパウロⅡとの会話も印象深い。ローマ法王の回勅「社会主義の弊害と資本主義の幻想」への提言は面目躍如たるところ。ケインズ主義の根本的問題を「財政支出が総需要、労働雇用量に及ぼす効果のみを重視して、具体的にどのような内容をもち、それが、現在から将来にかけての生産条件および社会的環境に対してどのような影響を及ぼすのかという点についてはほとんど考慮してこなかったことだ」と、1970年代の経済から指摘しているが、それは今でも全く変わっていないように思われることが、凄い予見だと思う一方で、残念なことである。

2016/09/19 14:32

投稿元:ブクログ

日経に連載されていたのをまとめた本。
将来の経済とこれに関わる全般のことを考察し続けた方だなと思う。

3 件中 1 件~ 3 件を表示