サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

何処にでも居るから、何処にも居ない。

2016/01/31 23:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ADUMA - この投稿者のレビュー一覧を見る

それは確かに其処にある。触れもしないし見えもしない。
声はすれども姿は見えず、まるであなたは屁のような…失敬。
そんな冗談のような、不気味なような何かであるが、きっとそれは小説の世界だけの話では無いのだ。
踊るように蠢く世の中の、社会の、人々の、何も思わぬ集団の軸には、
きっとそんな“何も無い洞”がぽっかりと口を開けている。
だが、そんなものは恐れるまでも無い事なのだ。
それは、愚かしくも明確に何かを為そうとする意思の前には、闇ですらない空洞なのだから。
恐れるべきは闇ではない。流される事にすら気付かない、物思わぬモノと化す事だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/22 23:50

投稿元:ブクログ

風紀委員長新刻さん再登場。
さらにはまさかの歪曲王の登場。
今回の敵はサバイバー+エピタフなかんじ? ベイビィトークっぽくもあるけど。
ストーカーの専門家が世界の危機を回避する、というのはなかなか。
ちびーポップ可愛かったけど、全般的に緒方先生の絵が、、

2015/06/19 01:41

投稿元:ブクログ

ブギーポップ、ストーカーされる。
そういえばブギーポップに立ち向かう話はあれど狙うって話はありそうでなかったなぁと。着眼点はよかったのに小物すぎてあわれ。決め手が能力頼りじゃなくてストーキング技術頼りってのがちょっと笑ってしまった。
登場人物の顔ぶれもあってかなんとなく初期の頃を思い出す青春群像劇な作風。ほろ苦いビターエンドが多い中夜が明けたような清々しいエンドも初期の頃を彷彿させられました。
しかしブギーポップさん自動的だとか意思がないとか言いますがあの仕打ち見る限りかなりストーキングにご立腹ですよね。なんか今までの中でもかなりむごいというか絶対感情こもってるって。

2015/01/10 08:45

投稿元:ブクログ

そろそろ何が書きたいのか見えなくなってきてたり。

いろいろな自作品とクロスしてるせいか、読むこっちの視点が定まってない、というのがあるのだろうなぁと。

2015/09/22 00:13

投稿元:ブクログ

俗に「心の闇」と呼ぶものがどんな心理で生まれるか、など簡単に説明できないところが人の心の不思議さ。もしそれが他人に自由に操られるとしたら…!と考えると恐ろしくなる。ストーキングと厳格なる正義、そして常識を疑うことが今回のキーワード。メインにいる語り手こそ新刻敬だけど、久々に宮下藤花も表に出てきて安心して読めた。

2014/12/29 23:52

投稿元:ブクログ

ちっちゃいブギーポップが出てくるよ!

人の心には黒い部分が誰しもあってそれは周囲に影響していくものだ。憎まれっ子世に憚るというやつかな(多分違う)
もっといえば清楚な眼鏡女子が夏休みに夜遊びを覚えてガン黒ビッチギャルに変貌するような感じか(違う)

2015/06/03 11:44

投稿元:ブクログ

すっかり忘れていて、今さら買って読んだ。
展開が速く、飽きずに、一気に、しゅばっと読めた。

人造人間の多さよな。
こうなると竹田くんの師匠も怪しい。

ブルドックが『新世界より』のスクィーラで再生された。
なんでブルなんだろ?ちょっと考えてみるか。

あー…『エンブリオ』あたりの絵に戻らないかなー……。

2014/12/08 22:11

投稿元:ブクログ

新刻がメインの巻は珍しい。
ちびブギーは可愛かった。
表紙を見た時にホンモノかと思ったけれど、そういった現象が物理的に不可能だとは思っていたので不思議だった。
/途中

2016/10/09 11:52

投稿元:ブクログ

「おまえの心のことは他の誰のせいでもない……全部おまえが責任を持たされているんだ。……決められるのはおまえだけで、他の連中はしょせん、右から左へ舞台を歩いていくだけのエキストラにすぎないんだよ」(150頁)

2015/05/17 21:49

投稿元:ブクログ

05/17/2015 読了。

図書館から。

新刻さんとか久しぶりだ!

小さいブギーポップかわいい。

2014/11/12 03:19

投稿元:ブクログ

ブギーポップシリーズの最新作。
このシリーズはいつも安定進行というか、あまり予想を裏切ることはないが、抑えるべきところはきっちり抑えている……という印象。
あと、本編とはあまり関係がないのだが、挿絵の画風がここ数冊、いつも違うような気がするw

2015/01/04 18:09

投稿元:ブクログ

『溶暗のデカダント・ブラック』
上遠野浩平

「……世にあふれている邪悪の元凶が圧倒的存在感のある巨大なものである必然性はないんだ。人間ひとりひとりがちっぽけで薄っぺらなものでしかないのなら、それにつきまとう邪悪もまた薄っぺらな動機からしか生まれないんだよ」(p218)

 そのちっぽけな動機が、大きな脅威になり得るとも読み取れる。

 よくよく見極めてみれば、なんということのないものに対して、必要以上に怖がって、怯えて、いもしない脅威に対して過剰に構えてしまった——それが人の心の闇、デカダント・ブラックの本性。(p226)

 その闇は誰もが抱いたことのあるもの。だからなくならないものでもある。

12 件中 1 件~ 12 件を表示