サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

南Q阿伝 6 (シリウスKC)(シリウスKC)

南Q阿伝 6 (シリウスKC) みんなのレビュー

  • 光永 康則
  • 税込価格:6486pt
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/12/09
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/01/07 21:45

投稿元:ブクログ

完結
けれど、話の厚みは『怪物王女』に負けていないな、と思う
南久阿たちが、正義の味方ぶって悪を叩きのめすのではなく、単純に「日本」って国を守るというスタンスで容赦ない行動を起こし、起こされた災厄を解決するってストーリーは実に面白かった
南久阿の個性も強かったが、彼女に惹かれ、自分の意思で共にいる事を決め、望み、その為に全力で戦える太郎、あまりにも圧倒的な力の差に惨敗を喫する事はあったけれど、ラストまで南久阿の元を離れず、帰りを待ち続けた彼がこの作品で最も、心の強い人間だったんだろう
しかし、タイプの異なる女性たちに囲まれている、ハーレム境遇に関しちゃ、ちょっと妬みが(笑)
彼は一体、誰と結ばれるんだろうか、そこが渡来神との今後のバトル以上に気になってしょうがないんだが、私は・・・
彼女達の闘いに一区切りがついてしまい、続きを知れないのは、本音を言えば残念だが、最終回の質の高さを考えると、光永先生にぶつける文句も案外、出てこない
個人的に推しの回は、第二十二和「南久阿、夢で逢う~なくあ、ゆめであう~」だ
南久阿とグレタの会話を引用に選んだのは、どちらも正しいと思った上で、南久阿の意見に同意したいから

1 件中 1 件~ 1 件を表示