サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

ふれなばおちん 11(オフィスユーコミックス)

ふれなばおちん 11 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

心に残る作品です

2015/11/20 23:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラストについて少し聞いていましたが、
がんばってきた2人だったからこそ
少しでも救いがほしかったです。
決して会うことはできなくても
いつかは穏やかな気持ちで再会できるような…。

作者さんはシビアな現実や、ゆるやかに薄れ、
日々の生活は絶対的な様を表現したかったのかなぁ。
きっと現実は修羅場で、倫理に外れているのかもしれません。
頭ではわかっていても感情は割りきれなくて、
嫌悪し戸惑い、でも惹かれて心は揺れ動く。
純粋な2人の恋を応援したくなりました。

あと小牧さんがなっちゃんを抱きしめるシーンは
言葉に重みがありました。
彼女も傷つき必死にあがいていたからこそ、
なっちゃんの誰にも言えない叫びを感じられる
寄り添える人だったんだなぁと。

賛否両論ある結末なのかもしれませんが、
とても心に残る作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

このラストは?

2016/03/11 21:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の事故のシーンはどういう意味なのでしょうか?今度生まれ変わったら、一緒になろう、っていうこと?私は、なっちゃんには、また家事も育児も完ぺきのステキなお母さんになってほしいな。自分がそういうことは全くダメだから、なっちゃんみたいなお母さんに憧れます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/29 11:11

投稿元:ブクログ

切ないなぁ~…。
切ない。切ない~。

でも、夏が羨ましいかも。
同じ40代、子供も2人います。
夫にはもうときめきもなく、手が触れてドキ!なんて
感情もなく、もう子育ての同志。
2人でいても会話もほとんどないし
心がカサカサしています。
だからかな?余計に夏が羨ましい…。
そう、恋をすると女は変わるんだよ。
世の夫諸君よ、ちゃんと奥さんの目をみなさい!
奥さんが何を考えているのか知ろうとしなさい!

2016/07/06 06:56

投稿元:ブクログ

電子書籍で一気読みしました。
一步間違えれば胸糞なテーマをすごくうまいバランスで描いている秀作だと思います。夏の魅力、佐伯さんの魅力、旦那さん、妊娠した子、子供たち、みんなの魅力がひしひしと伝わってきました。
家庭があるから一線は超えない、一緒にも居られない、恋愛に酔いしれない。たまに会えて小指の先が触れ合っただけで幸せだけれど、プラトニックであればあるほど罪は深くなっていく。個人的には終始夏に共感出来、彼女と一緒にきゅんきゅんしたり切なくなったりすることが出来ました。
夏がああいう女性で、佐伯さんがああいう男性で、だとすれば別れる結末に至るのは必定だと思います。ただ最後の事故?はどうなんでしょう。あのまま亡くなったのか、怪我で役者生命を絶たれたのか、何なのか。ただ、「また違う生で会ったら」みたいなモノローグがあったので、亡くなったのでしょうか。そこだけが意図を読み取れないかんじがしました。ありふれた不倫ものとは違う結末にしたかったのかもな、というふうにも思いました。

純愛過ぎるほどの純愛です。
いくら好きになって結婚しても待ち受けているのは生活で、それに飽きたりもして、でもそれが何よりも大事で。やっすい昼顔なんかに陥らずギリギリで踏みとどまって自分の感情と闘って、最後はちゃんと拒むことが出来た夏は立派な女性だと思います。
読んでみて損はないと思います。

斎藤さんも読んでみたくなりました。

4 件中 1 件~ 4 件を表示