サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

リンクス

リンクス みんなのレビュー

  • キヅ ナツキ
  • 税込価格:7446pt
  • 出版社:リブレ出版
  • 発売日:2014/12/10
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.4

評価内訳

30 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

まるで一本の映画

2015/01/06 15:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neji - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物たちのそれぞれの感情の機微に合った繊細な表情がとても印象的。大人たちが不器用にも恋をしている様に切なくも胸が熱くなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いい話!

2017/01/04 16:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ずっき - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体で話が繋がっていて
ほのぼのする話から泣ける話まであります。
BLだからってただ性的な描写ばかり求めてるわけじゃない人に読んでもらいたい。
NLでもいいじゃん!って思わず読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

4組の恋模様

2016/06/09 10:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

4組ともそれぞれつながりがあり、そして恋もしていて。
すごく読んでて圧倒されました。作者さんが最後に1本の映画のようなと書かれてて確かに映画さながらの物語でした。魅せられた作品でした。
中でも、佐渡さんと忍の切ない恋が好きです。出会いは佐渡の兄の死がきっかけではあったけど、長い年月の間お互い愛は育っていたんだと確信するところは素敵でした。この二人はとてもきれいなシーンが多いなと思いました。
また、どこかでこの4組の物語読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高…!

2017/01/22 13:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ノッティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともとTwitterで見かけた絵師様だったんですが、すごく絵が綺麗で、
特に背中と首のラインがすごく好みですっ…!話の構成もキュンとするような感じで、オススメです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

キズナツキさんの絵が好きです

2016/04/21 19:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:siro - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の方同様、最初は、え?これだれ?と、よくなってました(笑)
何度も読み返してます。
表紙の感じだと、完全にシリアス!?と思っていたのですが、ところどころで、笑えます。
特に、新発田さんが、おもしろい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな作品みたことない!

2016/04/06 08:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベローナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

メインカプとなる2人の話は直接的ではありませんが死ネタも絡んでくるため、地雷がある人にはオススメ出来ないかもしれません。
ですがこの死ネタが2人のこじれた関係性に関わってくるため無くてはならないものになっています。
忍の慟哭に号泣でした。どのカプもなにかしら抱えていて引き込まれること間違いないです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編

2016/03/15 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あー - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれは短編で一話完結ものに近いんですが、キャラクターが繋がっていてあれこの人?と思いながら読んでいけます。それぞれの心情が出ていて、切ないけど幸せな読後感でした。私的には絵もツボだったので、花マルです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

表紙買いでしたが

2015/02/19 12:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっさむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

当りだったと思います。
リンクスってタイトル通りのお話の進み方で、多少キャラが「ん?これは…」っと誰だか混乱もありましたが、上手にリンクスしていくのがどんどん面白くなっていきました。
もう少し詳しく明かして欲しい部分などありましたが、これで終わりではなくその後とあまり詳しく語られてないキャラなどのことを書いて続編としてまた読みたいなって思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何たって絵がカッコいい

2017/01/15 18:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み返せば読み返す程、話が理解出来て面白かった。でも、何たって絵がカッコいい。それにつきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表紙で気になってた。

2016/07/15 19:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の絵はイイ感じなので凄く気になっていたけどレビュー見たらキャラの区別がつかん意見が多くて手を出せなかったのですが
「ギヴン」も気になるしと・・・まぁ「ん?」と思うこともあったけどなかなかにコミカルありシリアスありで面白かったです。
オムニバスなので仕方ないのですが皆ホモで「そんなにホモじゃなくてもイイのでは・・・」とも思ったり。忍が美人でイイよね♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オムバニス形式

2016/03/29 15:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マレ山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵が繊細で綺麗な作家さんは感情表現が乏しいという印象だったのですが
そんなことはなく引き込まれて読みました。
オムバニス形式で一作が短いのでもっと読みたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すごく印象的

2016/03/24 01:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

顔がみな似通ってるので人物の見分けがつかなくて混乱…。あと時系列がバラバラなので読みにくい…。
しかし一冊通して読むとしっかり『リンクス』という作品としてまとまってます。人物の把握さえできれば中々読ませる話なので二度、三度と再読をオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なるほどBL

2015/07/17 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こゆきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

二次創作では有名な方なのでどんなオリジナルなのかなと思って試しに読みました。二次創作のようにキャラクターを知っているわけではないので、たまらない!というほどの興奮はありませんがじわじわとする空気はこの作家さんの持ち味何だなぁと思いました。結構好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なぜコレが、人気作?

2016/05/31 16:21

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モウ子。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画のような雰囲気の…とのレビューに乗せられ読んでみたが、相当どうでもよいレベルの作品だった。キャラの書き分けすらちゃんと出来てないお粗末さだし…。『このblがやばい!2016』辺りに選ばれた人気作なんだよね、これ!?なーんか、ありがちな雰囲気だけを真似た、力ない作家の駄作という感じ。ガッカリだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/12 17:48

投稿元:ブクログ

4組に分けられた登場人物が話を進めていくオムニバス形式になっていて、構成がすごく光っていました。
表紙や扉絵も繊細できれいで、ストーリーの中身を期待させてくれます。
最初はどんなストーリーなのかわからない事だらけで読み進んだけれど、ひとつひとつの話を読み終わるごとにパズルのピースが埋まっていく感じで物語の全貌が徐々に明らかになっていきます。はっとさせられる、上手い構成になっていました。

どのキャラもそれぞれに強力な個性があって生き生きとしていてステキでした。登場人物が多いのでこんがらがりそうになるけど、後ろに人物紹介があるのでちゃんと頭の中整理できるようになっていて親切でしたw

私的に気になったのはやっぱり、佐渡と中条、そして秋葉かな…彼らを軸にしているストーリーだと思うので。
そして、彼らをめぐる人間相関図がとても興味深いのです。
根本的には生きていくことの苦しみ悲しみを内包したドラマティックな話なんだけど、単にシリアスに描くのではなく笑える要素もいっぱい含まれていて、とても味があってよかったです。新発田の突き抜けた明るさとか、コワモテなのに尻に敷かれてる感じ満載の佐渡の意外性も面白かったです。あと、中条のお父さんww

辛いことや悲しいことがあっても、時には爆笑することだってあるわけで、そんな人間の多面性をきちんととらえていてさすがだなと思いました。
でも、これだけの人数の登場人物で、キャラ一人一人も作りこまれているので、ちょっと1冊ではもったいないし、もの足りなかったかもです。続編もぜひ!
4コマは全部面白かったです!受組、攻組笑ったし、佐渡ビジョンにも噴きました。
カバー下もそうきたかと営業活動に爆笑です。中条親子!

30 件中 1 件~ 15 件を表示