サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/23 17:56

投稿元:ブクログ

鈴熊スピンオフもの。

戦わないというコンセプトに艦娘たちの日常を描く。ホンワカした話が多いが、史実の記憶がアクセントになっており割りと重め。

2015/01/12 01:09

投稿元:ブクログ

戦わない鎮守府の話。つまりは日常描写のみ。艦娘達がひたすらキャッキャウフフする内容となってお…るかと言えばそういうわけでもなく。

あくまでも登場する艦娘達が戦闘しないだけであって、作中の世界には深海棲艦、そしてそれらとの戦争が存在しています。更には彼女らのアイデンティティーには「戦争での記憶」が確実に影を落としていて、「戦わない日常」と存在意義との狭間で揺れ動く姿が描かれているのです。
つまり、楽しく優しい日常描写の裏側で凄惨な宿命や決意が感じられ、ある意味鈴熊が可愛い表紙詐欺w
平和ボケしてる、と見えなくもないのですが、ある意味これが「艦これ」という世界の本質かもしれません。
優しく可愛い包装紙で戦争という苦い記憶をラッピングする、そんな複雑な矛盾こそが。

とか何とか言いつつ、普通に鈴熊漫画としてもなかなかのイチャつき具合で良いものですw
あと大和の人付き合い下手さも可愛いw

2 件中 1 件~ 2 件を表示