サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

充実した内容

2015/11/22 01:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても読みやすい内容で、ミケランジェロや、その活躍した時代について分かりやすく解説しているうえに、代表的な作品も写真で楽しむことが出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミケランジェロでも「芸術家」は大変です

2015/11/10 12:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:足目* - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ミケランジェロとヴァザーリ : イラストで読む「芸術家列伝」』は、ヴァザーリの『画家・彫刻家・建築家列伝』から「ミケランジェロ」の本文を訂正もしながら要約し、イラストによる図解や作品の写真を添え、社会情勢・絵画技法・素顔の解説を行い、美術館めぐり用フィレンツェ・ローマの地図をつけた欲ばりな一冊である。最後の参考文献にもどこにもなぜか、ヴァザーリの日本語版である『ルネサンス画人伝』(白水社、1982)あるいは『芸術家列伝 3 : レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ』(白水Uブックス、白水社、2011)が挙げられていない。

白水Uブックス版もいちおう読んでみた。「レオナルド」がざっと30頁のところを「ミケランジェロ」は6倍以上の分量で書いてある。本文と訳注とわずかな白黒写真だけでヴァザーリを読み進めるのは、確かにきつい。まずは作品へ近づくために写真を見て、作者の生涯から作品各所にある意味まで解説されないことにはわかった気がしない現代人の堕落であろうか。

パノフスキーから「たんなる事実確認を超えようとは」していない(『イデア』)といわれても、「芸術家」という種族の姿を事実によって示しただけ、とヴァザーリはいいそうである。ミケランジェロもレオナルドも、無名の「職人」となるべく徒弟として修業を始め、今につづく名声と傑作を有する芸術家になった。

ミケランジェロのそばに長くいたヴァザーリに「客観性」は期待できないとしても、その数多い事実から、制作する者や注文し支払う者(ヴァティカンの教皇やメディチ家などの権力者)とそのとりまきからなる「芸術の共同体」には、名声・評判をめぐる角逐のあったことが読み取れる。「列伝」の醍醐味というのか、そうした集団における視線の交錯が見出せる。ヴァザーリの特徴といえば大げさにせよ、膨大な逸話……もっといえばゴシップを集めたことになる。
サン・ピエトロ大聖堂の「ピエタ」(さすがにイラストは勇み足であろう)について「これだけの短期間でこれほど神々しくすばらしい作品を仕上げたことに驚嘆するばかりである。なんの形も持たない石が、あれほどの完璧な姿になるとは奇跡である」(31頁)というのも、同時代人による集団評価の表現と見てよさそうである。(「ロンダニーニのピエタ」の解説が欲しかった。)
ゴシップの集積にとことんつきあうのでないかぎり、本書のような要約はありがたいし、一つ一つ指摘はしないものの、日本語版にちょくちょくあるたどたどしい感じもない。

「ヴァザーリの美術家伝をいまこそ世に問いたい」というのは、同時代人による逸話集だからこそ「日常の出来事に一喜一憂する人間ミケランジェロが見えて」くる(「あとがき」110頁)でとどめておいた方がよいかも。現代人にとって、つけたしである図解・写真・解説・地図こそミケランジェロその他のルネサンス・イタリアの芸術家を見る手助けであり、ヴァザーリはつけたしにすぎないように思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/13 22:07

投稿元:ブクログ

借りたもの。
ヴァザーリ『芸術家列伝』にあるルネサンス期の画家を師弟の関係からピックアップし、読みやすくした本。
著者と、その師であるミケランジェロを特集。
古山浩一氏による、粗く味のあるイラストと関西弁の添え書きと共に、非常にわかりやすい文章でルネサンスの大まかな流れと、ミケランジェロの創作活動を読む。
華美で激動の時代であった中で、天賦の才能を惜しみなく発揮していた“神のごとき”ミケランジェロ。
万能人と言われたレオナルドに劣らないその意欲に感嘆してしまう。

2015/02/10 10:37

投稿元:ブクログ

たまたま図書館の予約のタイミングが合っただけだけど、週末に映画「ヴァチカン美術館4K3D」の試写会行ったばかりだったから、めちゃタイムリーだった!

イラストたっぷりでわかりやすいし、あっという間に読み終わった。読めば読むほど、知れば知るほど、ミケランジェロってすごいって思った。
男色家なのかと思ったら、ある女性には惹かれてたのか!?

2016/03/28 23:04

投稿元:ブクログ

イタリア旅行以来、にわかルネサンスブーム中笑 芸術作品への造詣はないんだけど、作品が作られた背景を知るのが楽しい。500年も前の人びとが何を考えて生きていたのかが、まるでついこの前の出来事みたいなエピソードと共に描かれていて、面白いです。ボッティチェリ編も読みたいなー。

5 件中 1 件~ 5 件を表示