サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

ソクラテスの妻(文春文庫)

ソクラテスの妻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

新たな作品に驚き

2015/10/16 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川越ながちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までの作品ジャンルと全く異なるのでびっくりしましたが、それなりに楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/27 19:14

投稿元:ブクログ

ギリシア神話にまつわる13のショート・ショート。

神々や哲学者、歴史家などの超人的なキャラが、歪んだ異常心理に巻き込まれていく悲劇が面白い。作者独自の解釈もあり、オイディプスやイカロスなどのポピュラー(?)な逸話に意外な側面が垣間見え、着地を期待するという意味で短編としてもよく出来ていると思う。

ギリシア神話ってバカミスの世界だと思うので、困難な題材じゃないかと思い込んでたけど、なかなかどうして魅力的。無理にミステリ色に染まらなかったのもよかった。ゼウス誕生にはなるほどと納得し、ラストの『ヒストリエ』で浄化されたかな。

2015/01/08 07:42

投稿元:ブクログ

心理学の講義でエディプス・コンプレックスに興味を持った私って、つくづくCSIではなくクリミナルマインド派よねえと改めて感じ入りました。2014年、最後に読んだ本です、ソクラテスの妻。
人間の普遍的な心理というか、文化や時代に左右されない情動?のようなものに凄く興味を持ったころがあったんですよね~なんか中二臭いね!←
ミステリ作家が書くギリシャ神話ものだなんて…パブロフの犬のごとく、見取り図・神話or童謡or伝承モチーフ・入り組んだ家系図は条件付けですよねミステリスキーには…そりゃヨダレ垂らしまくりですわ…←

というわけで、本編感想。
ギリシャ神話をモチーフとして紡がれる、神々や人々の13の物語です。
正直、冒頭の「オイディプス」はちょっぴり肩透かしでした。「岩波文庫に載ってた本編まんまじゃん…ちょっと面白いとこ抜粋して分かりやすくしただけじゃん…」となってしまったのですが、以降の作品がまあ面白い。ギリシャ神話には小学生の頃にハマっていて内容自体は覚えているものばかりだったのですが、今作は「ミステリ」のスパイスや捻りが効いていたのが凄く面白い!
悲劇のヒロインだと思っていた少女が実は強かな曲者だったり、人々に恐れられる「怪物の目線」で語られる話だったり、単なる思慮不足の愚行だとされていた行為が実は悲しすぎる決意故のものだったり…。
幼い頃に読んだギリシャ神話は、「美しい神々の永遠に続く悪ふざけ」「その犠牲になる善良な人々」という印象が強かったのですが、もしかしたら逆転した構図も読み取れるかもしれないぞ、とワクワクさせてもらいました。うーん、やっぱり、神話って楽しい!

2015/01/08 21:00

投稿元:ブクログ

スバイものでなはなく、
もうひとつ恒例の歴史もの。
ソクラテス、ミノタウルスなどなど。
ほんとはこうだったのかも?

2015/03/31 23:02

投稿元:ブクログ

文庫本かで再読。ギリシャ神話の神々や英雄の話を神話としてではなく、人間臭い物語として再構築した短編集。

2015/04/01 11:59

投稿元:ブクログ

読みやすいギリシャ神話。これまでギリシャ神話を読もうとしたことがあったけれど,だいたい興味を失ってしまった。しかし,この本は,たぶん登場人物を厳選し,エピソード間のつながりを計算して配置し,文章は平易なのでストレスなく読める。

2016/05/28 18:44

投稿元:ブクログ

ギリシア神話をベースに書かれた短編集。
『ジョーカー・ゲーム』シリーズなど、柳広司の推理物から入った人には少し違和感があるかもしれない。個々の作品は短いが、すべてが独立しているわけではなく、作品によって視点を変え、人物を変え、巧みに相互の作品を補完している。

若干単調になってしまっているところが残念。
しかし神話を通常とは違う切り口から語り、物語として仕上げたのはとても面白い。わずかな時間でも読み切れる分量なのも人によっては好感が持てるのでは。個人的にはもう少し1つ1つが長くてもよかったかと思う。

2014/12/05 13:16

投稿元:ブクログ

ギリシャをテーマにした短編集。この本の成立過程については『あとがき』に纏められている。
視点を変えると有名な神話が全く違う顔を見せるのが面白い。同じようなことは様々な作家が試みているが、本作はシンプルですっきり纏まっているところが良かった。

2014/12/11 16:26

投稿元:ブクログ

【神話と思索と謎解きが、人間の真理を描き出す】ロジックと数理に生きた「最初の哲学者」がたどりついた境地とは。ギリシアの神々と哲人たちに材を取る哲学的ショートストーリーズ。

2017/02/05 20:14

投稿元:ブクログ

ギリシャの歴史や神話をベースとした短編集です。一話一話が短いため、無理なく読めます。知識ゼロでも楽しめます。

10 件中 1 件~ 10 件を表示