サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.4

評価内訳

32 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

絆回廊

2016/01/18 13:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々の新宿鮫、いいですね。もう少し書いてほしいです。今回もじっくり読ませますね。さすがです。懐かしいメンバも健在で今後もあまり年をとらなで新宿鮫の活躍を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ大激震の一冊

2016/05/17 09:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ10作目となる本作、ずっと鮫島を追いかけてきたファンには衝撃の一冊。鮫島は基本敵だらけで、本当に理解者は少ないのだけれど。その少ない理解者中でも最も大事な二人、上司の桃井と彼女の晶。この二人が、事件に巻き込まれてしまう。桃井は過去取り扱った事件から逆恨みを買い、出所してきたその男に命を奪われる。晶はボーカルを務める人気バンドのメンバーがドラッグで捕まってしまい、自らも疑われてバンドの存続そのものすら懸念される。
そう、二人とも鮫島との絆が失われそうになってしまうのだ。というかこのシリーズ、この三人で作ってきたと言っても過言では無いので、まさかこの二人がと鮫島との絆が失われる訳は無いと、読み進めるのだけれど。話しは衝撃の方向へと進んでいく。
本作執筆中に東日本大震災が起きたのだとか。だけに「絆」という事を強くイメージして書かれているようです。上司と部下、彼氏と彼女、家族、そして親子。絶対に失いたくない固い絆を失いかけた時、また不条理に奪われてしまった時。一体人間はどうなってしまうのか。興味深く読めました。でも次から一体どうなってしまうんだろうこのシリーズ・・・という心配も。さてさて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/12 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/16 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/18 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/01 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/02 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/16 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/07 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/15 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/13 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/05 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/02 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/30 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/25 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

32 件中 1 件~ 15 件を表示