サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

がんばれ!瀕死の朝日新聞

がんばれ!瀕死の朝日新聞 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/12/08 06:43

投稿元:ブクログ

なかなか扇情的なタイトルの1冊。

だもんで、終始朝日新聞をおちょくってるのかというと、
意外とそうでもなく、、世界情勢を読み解くための触媒ですかね。

いわゆる“戦後スキーム”の中の日本を軸に、
勝谷誠彦さんと倉山満さんが、好き放題に対談しています。

切り口はいわゆる“保守”からの視座ですが、
国際常識から見てズレている日本というのが興味深く。

 “戻っているというか、(20世紀前半の帝国列強の時代から)
  実際は変わっていなかったんです。”

佐藤優さん曰く「新しい帝国主義の時代に入っている」、
そんなフレーズも最近耳に残っていますが、実は変わっていないだけ。

そういわれれば確かになぁ、、と、クリミア半島の情勢などを見つつ。
そんな中、個人的に興味深かったのは、、

 “宗教の政党が力を握るということは、
  (中略)最終的には一党支配、
  ファシズムにつながる可能性がある”

とのくだりでしょうか。

ここ最近、佐藤さんが創価学会と公明党を、
前向きにを読み解こうとしているのと、なんとも対照的で。

この辺りについて一度、是非対談を見てみたいとも。

個人的には文化としての宗教には興味がありますが、
「多様性を否定する宗教」は肌に合わないとは思ってますが。。

そうそう、あと考えさせられたのは、

 “その憲法、菅直人さんが首相でも大丈夫ですか?”

とのフレーズ。

確かに、今の安倍さんについては何の心配もしていませんが、
50年後100年後にも“安倍さん”がいるわけでもなく、、

制度の悪用をさせないように、社会が意識を高めないと、、
なんてことを考えさせられたりもしました。

肩の力を抜いてさっくりと読める、そんな1冊でもありました。

1 件中 1 件~ 1 件を表示