サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/03/10 13:19

投稿元:ブクログ

本書は青森県のドクターヘリ体制をゼロから築き上げた八戸市立救急病院救急救命センター所長今明秀の日々を書き起こしたものである(帯より)。地域の救命救急の最前線で携わってきた著者自身が青森県におけるドクターヘリ導入前後の奮闘記を語っている。

私が青森に進学したときには既にドクターヘリについて大々的に報道されるようになっていた。そして4年間の在学中に著者・県民が望んでいた2機体制が実現した。しかしドクターヘリ実現の背景には著者の功労あってのことだということがよくわかった。

その一方で、若手時代には未熟さゆえに数々の命を見送ったことを告白している。現在では訴訟に発展しかねないことだが、こうした経験を積んできたからこその今であることがよく伝わってきた。

また東日本大震災時の救命救急についても綴られていた。青森県では他の被災地に比べて比較的、震災の被害や負傷者は少なかった。しかし長期間の停電により不便な状態続いたことを後に聞いた。その間にも県内外の救急要請に応じ、突発的なアクシデントに柔軟に対応し、被災地支援のために縦横無尽に駆け回ったというリアルな体験は必読である。

救急・医療関係者のみならず、地域をよくしたいと考える全ての人に読んで欲しい作品。

1 件中 1 件~ 1 件を表示