サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/09/04 15:30

投稿元:ブクログ

不正の原因
■ひも付き
製薬企業から大学病院に対する奨学寄付金は研究や教育の振興のために提供する建前で組織に支出するが、実際の送り先は研究室を指定できる「ひも付き」となっており、自社製品に関する臨床試験の資金として利用される
■臨床試験の制度
国から医薬品としての承認を受けるための試験を行う製薬企業と医師は、「薬事法」と「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する指令(GCP)」という国際基準に沿った規則を守らなければならない。違反すれば罰則もある。しかし、市販後に行われたバルサルタンの臨床試験はこうした規則の対象外で、罰則のない倫理指針しかなかった。
■ソフトなエンドポイント
滋賀医大を除いた4つの大学がPROBE法(Prospective Randomized Open Blinded-Endpoint)の手法を採用しており、試験に参加する医師と患者の双方がどの薬を服用しているかを承知していて、実際の臨床現場に近い形で進められていた。どの薬を使用しているか知っていることは、医師が導き出したい結論に沿うように診断することを可能にしてしまう。このため、薬の効果を測る指標、すなわち脳卒中などの心血管疾患を発症したか否かというエンドポイントにバイアスが生じやすい。このため、PROBE法では、どの患者がどちらの薬を飲んでいるかを知らない医師らで構成するエンドポイント委員会を設置し、現場の医師の診断が適切であるか判定する仕組みになっている。

1 件中 1 件~ 1 件を表示