サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

パリ行ったことないの

パリ行ったことないの みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/11/29 15:44

投稿元:ブクログ

雑誌「フィガロ」に連載された短編集。
パリにさえ行けばなんとかなると思ってる、パリに憧れ、切望している様々な年代の女性たちの話。

パリでテロがあった日に図書館での予約待ちの順番がきた。
パリは駆け足の旅行ではなく、ゆっくり滞在したい一番の街。
死ぬまでにもう一度行けますように。
(図書館)

2016/11/27 18:51

投稿元:ブクログ

10人の女性のパリにまつわる短編集、
そして最後の章で1つにまとまる、てやつです。
山内マリコ✖︎パリ、読まざるを得ないでしょう。

どの話もそれぞれが悩んで
人間味があって悪くない。

そして最後にそれぞれがいろんな気持ちを持ってフランスに集まり、
その中で過ごす気持ち良いバカンスの描写がなんとも言えない幸せな気分になります。

ラベンダーが香って
心地よい風が吹く中で
皆んなでワイワイ長机でたっぷり時間をかけて味わいながら途切れないおしゃべりに興じながら…
そんな光景を感じる。

私はフランスにも住んだことも友人もいないのに
なぜにフランスの生き方に魅了されるんだろう。
でもきっとそんな人が多いからこそ
この世の中にはフランスを題材にした本がやたらめったらあるんだろう。

2015/04/30 12:07

投稿元:ブクログ

日常のもやもやに共感。登場人物が自分のペースややり方で折り合いをつけて、実際にパリに行く姿になんか励まされた。

私にとっての「パリ」は北欧とイギリスで、それは中学の選択授業で旅行計画を立てたことに始まるのですが、いつか必ず行ってみせる、と改めて思ったのでした。

2014/12/29 23:14

投稿元:ブクログ

山内マリコさんの言葉運びってフランス映画を彷彿させるな、と前々から感じてたのでこの題材はぴったりだと思ったら、やはり山内さんは短編がうまい。逆に長編は退屈なのが傷だけど。
どれも短いパリに想いを馳せる女の子たちの物語。中でも好きだったのは、はじめの猫いるし、と、恋する女。
恋する女の不倫の末結婚に至った夫のゾッとする恐怖がよかった。別れを切り出される時に、それでどうかな? きみの方にもそういう人がいるわけだし、やんて切り出されたら身も蓋もないじゃない。怖い怖い怖い!
猫いるしであゆこがまぼろしのフランス映画を求めにパリに行くことを決意したところで終わり続きが気になってたのだがセ・ラ・ヴィで再会できたのは嬉しかった。

2015/11/08 16:07

投稿元:ブクログ

山内マリコさんの作品は全て読んでます。

今回の作品はパリに思いをよせるいろんな世代の女性が登場人物。もやもやしている気持ちを持ちながら生活している女性たちがパリに興味を持ち向かうまでの道のりの短編。短編と思いきや、最後の書き下ろしで同じツアー客として再開できる。さっきまで読んでいたのに最初から一人ひとりを読み直したくなる。パリじゃなくてもこんなツアーどこかにないだろうか。行きたいな。

2015/02/07 21:17

投稿元:ブクログ

山内マリコさんの作品は、やっぱり新作を追いかけてしまう。今回は共感ポイントが大きかったなぁ。

東京で働く地方女子、平坦な繰り返しにどんづまりの女子の悩み、もやもや。普遍的なんだけど、こういう小説があることがいいなって思うし、私は好きだ。

凝った装丁もすてき! さすがフィガロ!

2015/02/19 14:28

投稿元:ブクログ

装丁が好きで、しおりとしてついている青いリボンがパリって感じでおしゃれだなぁと!
パリを、ただ華やかで素敵ってだけではなく、雨ばかりだったり結構ゴミが落ちている、なんて色々な表情が垣間見えたのが面白かった。
『雨ばっかり』みたいに、誰かの一言で見える世界が全く違ったものになるのは共感しました。
様々な言い訳を越えて、飛行機に乗れた人たちが感じることのできる解放感や風が清々しい最後の話に救われた感じがしました。

2015/03/21 15:01

投稿元:ブクログ

パリに憧れる女性についての短編集。みんないろんな行き詰まりを抱えてからパリに目を向ける。一人ひとりの事情が自分のどこかしらと重なる。出てくる人みんなと友達になったら楽しいだろうと思った。最後の書き下ろしを読んでまた最初から読むのもあり。

2015/09/23 17:03

投稿元:ブクログ

パリに行けば、自分が見つかるの?

あゆこは『フィガロジャポン』を10年も定期購読しているのに、パリに行ったことがない。
人生に臆病なまま35歳を迎えたある日、まぼろしの映画『ディディーヌ』に魅せられて、ついにフランス行きを決意する――。

『フィガロジャポン』好評連載に書き下ろし「わたしはエトランゼ」をあわせて完結。すべての女性に贈る、10人の物語。

Amazonより

***
パリには興味がないし、そもそも旅行や海外が舞台の話はなんとなく避けがち。
掲載誌からして私とは関係なさそうなおしゃれ感…。
ということで、あらすじからパスしていましたが、著者の作品は全部読んでいるので
ふと気が向いて手にとってみました。
…あ、パリはあくまで象徴的なものであって、描かれているのはそこじゃないのね。
色々な年齢、状況の女性の心の動きがパリを絡めて描かれており、
連作形式かと思いきやあとから収束していくパターンで、再会は嬉しい。
旅行ものはあまりだけど、旅というより群像劇的なものは好きなので、
旅行代理店が出てくる章はよかったです。
私にとってのパリは何かな、と思わせてくれます。

2014/12/20 12:32

投稿元:ブクログ

フランス パリと女性をテーマにした短編集。パリについてあまり知らない私でも楽しく読めた。パリってどこだっけ?と呟いてしまう程の無知っぷりで恥ずかしい。女性は海外に憧れるんだろうなと思う。自分自身が知らない未知の世界への憧れというものに美しさを感じる。この短編集もそんな感じである。山内マリコらしさが満載の一冊だった。

2015/08/28 00:29

投稿元:ブクログ

山内マリコさんの観察眼はさすがとしかいいようがない
装丁・イラストを担当された佐藤亜沙美さん、初見だったけど特にイラストがよかった
祖父江さんのところで修行を積まれたそう

2016/07/04 15:21

投稿元:ブクログ

小説の切り口っていろいろあるんだなと思った。
パリというキーワードの短編。
いろんな主人公がいて、最後の章でみんな顔を合わせる。
パリってやっぱり若い頃は憧れちゃう。
だけど、私も今は行かなくても大丈夫って思えるくらい、世の中の情報は溢れている。
それで満足かな。

2015/03/12 09:31

投稿元:ブクログ

憂鬱な日常の対極にあるパリに憧れる女性達が、
「えいやっ!」と勇気を出し、夢を叶えるフランス旅行へ。
いざ行ってみれば、人種差別があったり街が汚かったりで幻滅することもあるけど、
自分の枠から一歩踏み出した彼女達は幸せそう。
幸せって結局は自分の内側にあるものなんだよね。

2015/09/02 10:05

投稿元:ブクログ

いま私的イチオシ大注目の作家。迷っていたけれど購入してしまった!装丁も挿絵もおしゃれ。全ての迷える女性に捧げる1冊。とにもかくにも女子向け。アラサー世代には特にオススメ。

2014/11/27 13:29

投稿元:ブクログ

【2014/11/27】
紹介者:むらかみかずひろさん
レビュー:米山

紹介してくださった村上さん自身はまだ読み始めた段階だったようですが、著者と仲良くお付き合いされているとのこと!(男女の仲ではないとおもいます)
出版する本の表紙にまでこだわりを持った繊細な著者ということで、著者の人柄を紹介していただくだけでも興味を持ってしまうものだなぁと感心したお話でもあります

16 件中 1 件~ 15 件を表示