サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

心霊探偵八雲 5 つながる想い(角川文庫)

心霊探偵八雲 5 つながる想い みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー84件

みんなの評価4.0

評価内訳

84 件中 1 件~ 15 件を表示

2011/02/23 00:00

投稿元:ブクログ

後藤さんが拉致され、八雲は行方不明になる。
なんだか確信に近づいてきてるのかなー。
どんな母親も母に変わらないのだなぁ。
八雲がかわいそう。

2010/06/30 03:32

投稿元:ブクログ

八雲は本当に面白いし、読みやすくて良いですなー♪キャラがみんないい味を出しているのです~。祖母がかなり気に入っていてこの5巻も本屋で見つけて私より先に買って、貸してくれました。笑。
早く次でないかなぁ~。

2009/05/23 00:27

投稿元:ブクログ

一段落の巻。

今までで一番ドキドキ???
ラストが切なかったね。八雲の素顔が見えたね。

次の巻、どうなるのかなー?

楽しみにしておきます。

2009/07/10 00:25

投稿元:ブクログ

心霊探偵八雲シリーズ第5巻文庫版。
物語は次第に終局へと、台風の目が姿を現し出します。
今回は途中から五嶋刑事が、初回から斉藤八雲が姿を消し、
後藤の部下の石井や、八雲と同じ大学の生徒の晴香達が事件を解決していきます。
今回で八雲を殺そうとした八雲の母親の真実が見えてきます。

2011/01/30 17:46

投稿元:ブクログ

八雲と後藤が行方不明になって、さぁ大変! なお話。
主人公不在の中、レギュラーキャラが上手に掘り下げられていたと思う。
特に、ウザさが際立っていた(笑)石井の成長振りは良かったのでは。

2009/09/12 14:06

投稿元:ブクログ

石井刑事奮闘。
今までのこの人のイライラさせっぷりは…ねぇ?

いままでの作品の冒頭に書かれてた「どこに繋がるんだこれ?」な部分が、この5巻でようやく繋がってくるわけで。
一応伏線張ってたのね(言い方は悪いが)(いきあたりばったり感というかご都合主義が強いんだものこの人)

2009/09/30 10:51

投稿元:ブクログ

八雲の母と父、母と再婚相手になる人との関係、晴香と八雲の関係などがわかる。10歳ってまだ小学生よね?なんか受け入れられない、というか受け入れたくない気持ち(ーー;)

2011/09/06 11:33

投稿元:ブクログ

15年前に10歳の娘が失踪した一家惨殺。犯人取り逃がし中。その犯人がチラリと姿を現す。
そこから物語が始まる。

現在空き家となっているお屋敷。
そこに TV局 が取材に入ってリポーターの由紀のみ生き残っているのを発見。
発見したのは 出版社 の真琴。
転がっているハンディカメラを持ち帰り、八雲達と見る羽目に。
見終わった八雲は姿を消す。
そして、八雲は春香に『今まで、いろいろと、すまなかった』と電話。
春香は不安を感じて八雲探しに奔走する。
時を同じくして再度お屋敷に入った後藤が謎の失踪。
石井、腹を据えて真琴と共に後藤探しに。

舞台を長野に移して話は進む。
八雲の母親 梓 と春香の母親は知り合いだった。
当時10歳だった美雪を連れ去ったのは 八雲の実父。
美雪はかなり八雲にコンプレックスを持っていた。
その長野で、美雪は八雲を監禁。
春香のお陰で脱出成功。

八雲の実父は梓を拉致、監禁、あげくに望まぬ妊娠までさせた。
しかし、梓は長野の八雲が監禁されていた建物内で帰らぬ人となっていた・・・

美雪は、まずレポーターとして、警察相手に大立ち回り。
そして、真琴、後藤、石井を巻き込んで一大復讐に打って出た。

last。後藤が『俺、警察辞めるわ』は次回どう絡んでくるのか?

横恋慕 というミニ小説あり。
普通なら『馬に蹴られて死んでしまえ』というカンジだが、それを綺麗にまとめてくれました♪

これから、春香が『八雲』と呼ぶ事を期待しながら・・・

2010/04/01 01:50

投稿元:ブクログ

えー、後藤刑事はどうなっちゃうんでしょう。
前回の石井刑事と違って誰も引き止めないで終わっちゃったからね。

今回は物語のターニングポイントでした。
たぶん10巻くらいの目安でかいてるんだよね、これ。

ラノベだろうがなんだろうが、やっぱり活字っておもしろいや。

しかし、この次の本を買うのが少し辛くなってきた

2011/03/03 01:48

投稿元:ブクログ

後藤刑事がバカすぎるのが気になる。
晴香ちゃんと石井さんは泣きすぎ。ここぞという時のためにとっておきなさい。
真琴さんはキャラがつかめない。安定しない。
そして、八雲くんもキャラが安定しない。
表現の引き出しが少ないのは読んでいて飽きる。
文章がくだけているのにも引っかかる。学園オカルトサスペンスならいいのだが、ミステリやりたいならこのままでは安っぽい。
トリックはアラが目立つ。
えー、あの、ずっとこの中途半端ミステリ路線で?
2巻まではすごく好きだったのに…

2009/06/21 20:17

投稿元:ブクログ

おもしろかった。らぶらぶ指数は高いような低いような微妙な感じやけど、
全体的に緊迫感があったし、何より今までイライラさせられてた石井刑事が
ここにきて一気に株を上げたのがよかった!
どんどん読みやすくおもしろくなってきてる。続きが早く出ないかなー!

2009/09/19 03:23

投稿元:ブクログ

血まみれの女性が
映されたビデオをみて八雲が消え
また、後藤も15年前の現場から
忽然と姿を消す・・・・

2人を見つけるために
15年前の事件を追ううちに
やがて
八雲の母梓へとつながっていく

晴香は八雲を
石井は後藤を見つけることができるのか?

失踪
悲壮
思慕
(2009/9/18)

2010/06/06 13:22

投稿元:ブクログ

八雲シリーズ5冊目。
一気に購入してしまったので、
1巻目で「うーん??」って思いつつしょうがなく読み始めたけど、
一気に買ったからこそ出会えたというか。
我慢強く読み続けてよかったというか(笑)
段々とシリーズとして面白いものになっていく、
というのがわかってくるのも、面白いものですね。


5巻の内容は展開が読めず、そう繋がるのかーと。
いやしかし、真犯人には初めてビックリした(笑)
えええ、みたいな(笑)


1巻目買った時には「6巻を買うことはないだろうな」
と思ったけど、文庫化されたら買っちゃうかも(笑)
あの二人がどうなるのか、続きがちょっと気になってきました。

2009/10/24 23:40

投稿元:ブクログ

ツッコミたいことはいろいろあるけど、毎回書いてるのでまぁいっか。
普段動く人物が動かなくて、動かない人が動いてた感じの5巻。何なのと思ってた箇所が伏線だったと気づかされた5巻です。っつーか、後から見たらちょっとあからさまでいいんだか悪いんだか。
石井刑事大奮闘…イライラかなりさせられましたが、名誉挽回できたんではないでしょうか。あ、目上の人に「ご苦労様です」って常識もてとツッコミいれときます。晴香ちゃんもお疲れ様ですー。
今回は、八雲のちらっと垣間見せた素顔でもうおなかいっぱいです。読んでよかったと。あと、晴香ママと一心さんもよかったー♪
終わり方もちょっと切なくていいかんじでした。

このシリーズは文庫で読みたいのでしばらくお預け予定です。(番外編?は気が向いたらということで)

2009/11/21 12:55

投稿元:ブクログ

15年前に起きた猟奇殺人事件の現場で、ビデオカメラに映り込んだ、恐ろしい形相をした女性の幽霊。八雲は相談を受けるが、その映像を見たとたん、なぜか突然姿を消してしまう。一方、時効成立間近に姿を現した、殺人事件の容疑者を追う後藤刑事までもが行方不明になる。

84 件中 1 件~ 15 件を表示