サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

フローテ公園の殺人(創元推理文庫)

フローテ公園の殺人 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2009/04/18 20:28

投稿元:ブクログ

南アフリカの線路で見つかった顔の潰れた轢死体。アルバァト・スミスと思われる死体。彼と争った容疑者アンソニイ・スウェイン、そして婚約者マリオン・ホープをめぐって対立するスチュアト・クローリイ。ファンダム警部の捜査の結果逮捕され裁判にかけられたクローリイ。無罪判決。婚約者の裏切りを誤解し南アフリカを去るクローリイ。
スコットランドで再会するクローリイ、マリオン。懐かしいスウェインと再会を望むが殴打され殺害されかかったクローリイ。クローリイが死んだ事にしたロス警部の捜査。クローリイが告げる犯人の正体。

 2009年4月18日初読

 2010年7月14日再読

2015/01/12 14:45

投稿元:ブクログ

第1部の南アフリカから始まって、第2部のスコットランドを舞台に、列車や自動車に乗りながらあちこちに捜査の旅に赴くという設定は、事件を追う警部とともに旅行&捜査をしているという趣があってなかなか楽しめました。そしてクロフツとくれば鉄道時刻表の調査にアリバイ崩し物ということで、それに若干の裁判ネタや冒険ネタ、恋愛ネタも加わって、楽しさ(?)テンコ盛りの物語であったと思います。
ただ、自分のような大雑把な人間には、地名の場所関係や乗り継ぎのための鉄道時刻の差などは、まあ何か辻褄は合ってるんだろう的にスルーにも等しい状態だったわけですが(笑)、何か捜査をしている雰囲気だけは味わえたのでこれはこれで良かったです。(笑)
逆に閉口したのは、本当の捜査なら当たり前のことですが、聴き込みや証言の裏付け捜査をきっちり実施しているところで、これでもかと裏付けを行っている場面なんかはいい加減にカットして先に話を進めてほしいと不届きな思いを持ったこともしばしばで(笑)、捜査手順や経緯を重視するあまり、人間関係や個性の描写がかなりなおざりになっている感が否めないとも思いました。ネタをテンコ盛りにした関係上、それぞれの章のテイストによって一人称の視点が変わっても良いとは思いますが、例えば恋愛ネタなど話が尻切れトンボになってしまった感じもあり、ストーリー性としてはずいぶん損をしている気がします。
ラストにはとても驚きました。いや、負け惜しみでいうのではないですが、序盤の状態からいってそんな可能性も頭をよぎらないではありませんでしたが(笑)、事件と登場人物が複雑化していく中で忘れてしまったんです。(笑)いや、負け惜しみでないんですけどね。(笑)
舞台設定とストーリーテイストの多様さに、驚愕のラストが楽しめる一作です。

2 件中 1 件~ 2 件を表示