サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/04/18 20:47

投稿元:ブクログ

まず何よりも,もっと若いときにこの本に出会いたかったということ。それは学生のときに彼女がどんなことを考え,試行錯誤していったのかについて,同じ年頃のじぶんが読み理解していたかったという後悔だ。冒頭の磯崎新の序文,そしてアルヴィン・ボヤルスキーとの対話は必読だと思った。

声を大にして言いたいのは,この本に限らずだけれど,本を通して知りえる膨大な量の知識—論理,歴史,思想そしてそこから生まれ出たもの—を,くだらない理由で見逃すべきじゃないということだ。早いか遅いかだったら,早いほうがいい。するかしないかだったら,したほうがいい。
そんなことを,この本を読みながら思い起こした。とっても私情がはさまれているけど,なんだか書き留めておきたい気持ちだったから書き留めておく。

この本は,ザハ・ハディドの初期の設計案のドローイング集だ。そしてそれらドローイングは,ザハにとって最終的なプロジェクトの姿を表現したものではなく,物事がいかに変化し得るかを発見するひとつの手段だと,対話の中で述べられている。

これからいつでもこの本を開いて,眺めて,若かりし頃のザハと本を通して対話したい。

1 件中 1 件~ 1 件を表示