サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

人類は衰退しました 平常運転(ガガガ文庫)

人類は衰退しました 平常運転 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

また妖精さんたちに出会えるとは……!

2015/11/13 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moka - この投稿者のレビュー一覧を見る

可愛らしく、天然さん、そして中々シビア!
そんな妖精さん達のエピソードをもう一度手に取れるとは思っていませんでした。
読書中はふわふわした綿菓子にかぶりつく感覚でありながら、読み終えると美味しい
ハンバーグを完食したかのような満腹感百点満点の読み応えでした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり人退!

2015/09/19 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rumo - この投稿者のレビュー一覧を見る

完結したと思ってた後の1冊なので本当に嬉しかったです。
メインのストーリーが何かというわけではなくて、人類衰退後の世界をあれやこれやとかいてあるので、本編よりも世界観がよく分かります。
相変わらずきつめのブラックジョーク。読みながらにやりとしてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最後の最後

2015/08/18 16:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大作戦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後のお話の「わたし」のセリフが心に響きました。
どことなくいい加減、かつシニカルな「わたし」らしからぬ大人的な発言が、このシリーズの最後における彼女の成長を垣間見た気がします。
まだまだ読みたいシリーズであります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/30 01:44

投稿元:ブクログ

本編終了後、おまけの短編集。後日談でわたしちゃんが世界を旅する話ですが、そこはサブタイどおり“平常運転”な妖精さんエピソード満載。そんな中、「おふたりさまで~」のエピソードはラブ多めのラブコメコメチックでやや毛色の違い新鮮だった。しかしわたしちゃんは強くなったなぁ。もう妖精さんの権威ですよね(笑)あとがき読むとまた出るかもみたいなことがかいてあったけど、出たら嬉しいなくらいがちょうどいいかな。ひとまずおつかれさまです?

2015/06/06 17:48

投稿元:ブクログ

短編集ということで今までとはちょっと変わった話も。この作品でわたしちゃん以外の視点は新鮮。他者視点だと肩書きもバージョンアップして尚更万能お助けキャラですね所長先生。まるで妖精さんのメルヘンを突然終わらす機械仕掛けの神のようなわたし。わたしは神

本編(9巻)の終わりも書き下ろし部分の終わりも特典小説の終わりもどれもとても素敵で良い終わり方。
しかしこの世界お菓子作りスキルの重要性半端ないですなー。

2015/04/26 18:57

投稿元:ブクログ

うん。いつも通りの面白さだった。
本編9冊分のいろいろあって、わたしちゃんがコミュ障のヒッキーから立派な国連職員に成長したんだと思ったら感無量。しんけいずぶとくなりましたね。

2015/05/25 21:45

投稿元:ブクログ

私ちゃんと助手さんの話だけでもニヤニヤできますけれど、最終話(多分特典のやつ)もそれなりに好きですね。

助手さんからの好意はチラ見せしてましたけど、私ちゃんからの好意はそっと見せすぎてほんわりします。
最初から最後まで私ちゃんは私ちゃんか。
かわいいので良いです。
でも、年の差があるはずなので、ときめく部分とかをもっとほのめかしてほしかったかも。

最終巻はもうすっかり面倒見のよい大人の女性ですね。人見知りとかだんだんなくなってはきましたけど、子供の行く末を心配して、物事を教え、導くなんてもう立派な大人の女性です。
たくましさにここまで母性愛がついたら完璧ですー
とっても面白かったな。
時々知らない単語にでくわすのもまた一興でした。

2015/03/22 21:56

投稿元:ブクログ

「三つの村における需要と供給とそれ以外の何か」「旅の手土産に最適なもの」が特に面白かった。インドア村に住みたい……
本編は完結してしまいましたが、また短編集出してほしいです。
あと口絵のカラーイラストがたいへんかわいく満足です。

2015/02/05 23:06

投稿元:ブクログ

シリーズ完結後も日々なんだかんだ暮らしてる様子が見られるのはボーナスステージ的で嬉しい。助手さんとの間に微妙な変化があるのもアフター感が心地いい。全体的に妖精さんはスパイス扱い、人間さん側に焦点絞った話が多めなのもシリーズ完結を思えば確かにっていう感じ。

2015/01/02 18:51

投稿元:ブクログ

この作品は、「わたしちゃん」視点の語り口調がおもしろさの何%かを確実に占めてると実感。

助手さんとのイチャコラは、まあ「二人らしい」で留まっていてくれて微笑ましい。

2016/04/10 14:28

投稿元:ブクログ

短編集。複雑な構成やブラックな要素は少なく、気楽に本作の「たのしい」部分を楽しめる。ブラック企業の話は凄いかわいかったな。

2015/01/09 21:07

投稿元:ブクログ

平常運転でした!

村のお話はなんだかキノの旅ぽい感じ。
これを人衰ワールドで面白くないわけがない!
むしろこんなの読みたかった!大満足です。
この作者の言葉のリズム感とか好きだなあ。

次の短編いつでも待ってます。

2015/05/11 22:14

投稿元:ブクログ

さすがロミオ先生だと思うばかりの話の作り方でした。
最近の子どもはから始まって最近の子どもに落ち着いたりね。
外伝という枠組みの巻なのですが、それぞれ独立してる話が魅力度が高い。わたしちゃん語りが本当にわかりやすく、読みやすい。
個人的に、初々しい私ちゃんと助手くんのデートが良い。

2015/04/13 17:33

投稿元:ブクログ

 数多のブラックユーモアを盛り込んだSFライトノベルの短編集。特に労働関係のネタが多い……。人類が衰退した世界観だというのに、尚日本のブラックな労働環境を風刺して行くのか……。日本の闇が垣間見える一冊でもある。
 作中でも数多登場した妖精の道具や、社会情勢をモチーフにした独特の内容が多い。また時事ネタも多く、特に労働関係に関しては露骨なくらいな風刺ネタが多い。妖精が可哀想になるほどに……(本人たちは喜んでいるという設定ではあるものの)。
 また挿絵が豪華で多い。可愛らしい絵を堪能できる。
 ブラックジョークで笑いつつ日本の現状に薄ら寒い思いのできる一冊。いつか読んだ際に心から笑える日がくれば良いな。無理だろうな。

2015/04/23 02:20

投稿元:ブクログ

アニメBD特典のは既読だったのでお得感はあまり無いのですが、完結おめでとうございます。
やはりこの書き口が身に合ってるなあと思ったので新作も期待して待ってます。

19 件中 1 件~ 15 件を表示