サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/01/19 11:43

投稿元:ブクログ

早期診断・早期発見による過剰診断・過剰治療の危険な罠に鋭いメスをいれる。
具体的には基準値の引き下げ、がん検診や早期発見推奨、メタボ検診等々。
多くの実例と数字を基礎にして、過剰診断の不合理性を的確に暴いていく。

2015/04/19 00:02

投稿元:ブクログ

症状のないひとに継続的な治療を施すという意味で、高血圧はパラダイムシフトであった。その後、過剰診断が横行しているが、そのために症状が出たり死んだりしないのであれば病気と診断する必要はないという。

検査のカットオフ値を広げる(DM、コレステロール)とか、技術面での進歩(画像診断とか)によって、症状がないにも関わらず異常を指摘される人が年々増えてきている。これに今後、遺伝子検査が導入されるようになると、様々な疾患のリスク、という形で診断が行われるようになり、ほぼ全ての人がリスクを保有しているということになるだろうという。

症状がない時点で診断を下すのは過剰診断だ、というのはちょっと単純化し過ぎと思うが、記憶にとどめておくべき内容も多い。
例えば、早期診断はつねに生存期間を延ばす。実際的には誰も延命していないにもかかわらず延ばす。これをリードタイムバイアスという。すなわち、発症したら5年で死ぬ病気を、その二年前に見つければ、何も治療しなくても余命が5年から7年に延長される。

また、検査は命を救うために行うべきで、病気を見つけるためではない。
これを誤解しているために過剰診断自身がその有用性を主張することになる。放置しておいても症状が出たり死んだりしない病気を見つけると、その予後は当然よいため、過剰診断によって治療成績が上がったように解釈される。

2015/09/06 15:03

投稿元:ブクログ

糖尿病、血圧、コレステロール等の基準値が変更されたことによって、病人が増えたという指摘は以前から知っていたが、本書では多くの事例を含めて、総括的な論考で過剰診断を糾弾している好著だ.p259の結論に出てくる「過剰診断は、何百万人もの人々を不必要に患者にし、自分の健康に不安を抱かせ、不必要な治療を受けさせ、診断と治療に伴う不便や経済的な負担を負わせている.私達の医療システムには既に過度の負担がかかっているというのに、過剰診断のために、さらに膨大な費用がかかっている.」がこの問題を的確に言い表していると感じた.

3 件中 1 件~ 3 件を表示