サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

目次が秀逸。日本国憲法に何が書いてあるのか、その概要が、目次を見れば、すーっと頭に染み込んできます。

2016/05/19 18:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

原文もおばちゃん語訳も解説もわかりやすいんですが、何より気に入ったのが目次です。
日本国憲法に何が書いてあるのか、その概要が、目次を見れば、すーっと頭に染み込んできます。
憲法を何度読んでも「?」だったのですが、今回「ふむふむ、よし!わかったぞ!」と初めて思いました。

以下に、目次を転記しておきます。

●1章 「戦争」は棄てましてん
  前文 大事なことは最初に言うからよう聞いてや
  9条 戦争は棄てましてん
●2章 「人権」ってええもんみたいやで
  10条 日本国民って誰のこと?
  11条 人としてもってる権利
  12条 人権ってどこまで認めてくれんの?
  13条 しあわせってなんやろか?
  14条 差別したらあきまへんねんで!
  19条 心のなかはいつも自由!
  20条 どんな神さん信じてもよろしいで
  21条 井戸端会議は自由にさせてや
  22条 どんなお仕事でもできるんやろか?
  24条 結婚て何やろか?
  25条 生活保護ってお上のお恵み?
  26条 義務教育って誰の義務?
  27条 働くことの権利と義務って?
  28条 働く人を守りましょ!
  29条 財産もってよろしいで
  30条 税金おさめる義務
  31条 罪と罰
  36条 死刑は残虐か?
●3章 「日本国のしくみ」ってどないなってるん?
国会
  41条 法律作るのってだあれ?
  42条 国会にはふたつの議院がありまっせ
  43条 国会議員ってどないして選ばれるん?
  45条 衆議院の議員さんて何年できますんかいな?
  46条 参議院の議員さんは何年できますんかいな?
  48条 衆・参いっぺんに欲張りはできまへん
  49条 議員さんのお給料
  50条 議員さんは国会やってるときは逮捕されまへん
  51条 議員さんの発言とかは責任問いまへんで
  54条 衆議院って解散されたらどないなんの?
内閣
  65条 内閣ですねん
  66条 内閣って誰がなれますの?
  67条 総理大臣ってどないして選ぶん?
  68条 大臣ってどないして選ばれんの?
  69条 全員内閣やめてもらいまっせ その1
  70条 全員内閣やめてもらいまっせ その2
  72条 総理大臣のお仕事
  73条 内閣のお仕事
裁判所
  32条 何かあったら裁判うけられまっせ
  76条 裁判官の心得
  81条 法律とかが憲法におうてるか、最後は最高裁判所できめますねん
  82条 裁判は誰でも見られるようにするんやで
●4章 憲法って誰のモンなん?
 憲法を尊重して守らなアカン義務があるのは
 誰か知ってはりますか?
 国民とちゃいまっせ、権力者ですねんで!
 ここんとこ、よう間違えるけど間違えんといてや。
 そんで、その権力者のなかに天皇さんも含まれますねん。
  96条 憲法って変えることできますのん?
  97条 大事なことやからもういっぺん 人権って何やろか?
  98条 日本で一番エライ法はなんでしょ?
  99条 憲法を大切にして守る義務があるのんだあれ?
天皇さんのこと
  1条 天皇さんは象徴ですねん・国民に主権ありますねん
  2条 天皇さんはどなたさんがなれますのん?
  3条 天皇さんのお仕事は内閣が責任とりますねん
  4条 天皇さんは政治に関わったらあきませんねん
  5条 摂政さんって知ってはる?
  6条 天皇さんのお仕事
  7条 天皇さんがやらはるお国のお仕事
●おまけの章 そもそも憲法ってどうやってできたん?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知っているようで知らない

2016/02/27 16:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レベ - この投稿者のレビュー一覧を見る

義務教育で一度は前文を覚えさせられましたが、こんな難解な言葉を暗記したところで心には入ってこないと思います。大阪のおばちゃん語が正解かどうかはわかりませんが、日常の言葉で読み砕き、血肉としないと、憲法は役に立たないと心から思いました。使ってナンボの憲法を、たくさんの人に読んでほしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今サンデーモーニングなどで・・・

2016/10/23 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの大阪のおばちゃんが去年札幌にいらしたときにたっぷりお話をうかがいました。そのあとで、私もしゃべらせていただきました。光栄でした。おばちゃんのお話は、もちろん、ナマの方が楽しいのですが、この本はおばちゃんの鋭い切れ味にみちみちていますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親しみやすい!

2015/03/20 14:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

おばちゃん語になるだけで、不思議とわかりやすく、そして親しみやすくなりました。ざっくりと、世間話をしているかのような気安さがいいのかもしれません。また、おばちゃん語ではありますが、感情的ではないのもいいなと思いました。死刑賛成、生活保護反対など、どちらかというと感情論が先行しているものも、やんわりと指摘されていて、より気づきやすいな、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/29 14:24

投稿元:ブクログ

自分で考えることは、棄てたらあきまへんで。
民主主義の大事なところは、実は少数派の意見をちゃんと聞くことにある

2015/01/06 10:54

投稿元:ブクログ

"お年玉本"の一つとして選び、渡す前に自分が読む作戦で、カバーをかけて、あまりページを広げないようにして読む。

「大阪弁でしゃべるおばちゃんが憲法について井戸端会議でしゃべったらどないなるか?」(p.10)というコンセプトでできた本で、多少ムリを感じるところもあるが(大阪弁を書きことばにするのは結構むずかしいはず)、憲法条文の「おばちゃん語訳」は、小難しさが減った平たい表現になっている。

たとえば、19条の「思想及び良心の自由」は、おばちゃん語訳ではこうなる。
▼どんな考えもってても、どんなモン信じてても、それをとやかく言われる筋合いはありまへん。(p.63)

21条の「集会・結社・表現の自由、通信の秘密」だと、こうだ。
▼1 いろんな人と集まったり、グループ作ったり、しゃべったり、本だしたり、すべての表現の自由は保障しまっせ。 2 事前に国家とか権力が人の書いたモンをチェックしたらあきまへん。ひとさまとのやりとりも秘密やねんで。(pp.69-70)

こんな具合で条文を「おばちゃん語訳」しながら、「ここポイントやで!」と解説が続く。

19条であれば、「良心ってなんやろか?」と問いかけ、それは「人の内心の自由」全部という見方もある、具体的には沈黙の自由もあると述べ、さらに学校教育の場で日の丸・君が代がなかば強制される状況になっていることに対し、内心の自由が守られていないとの批判があることを紹介している。

▼…一人の人が歌わへんっていう沈黙の自由まで奪ってええとは、憲法からは読み取られへんのとちゃいますやろか? 何で歌われへんのかっていうことをちゃんと考えるほうが大事ちゃいますやろか? 自分が気にならへんからっていうて、誰もが気にならへんっていう理屈は、人権では成り立ちませんわな。(p.65)

21条のところでは、「ヘイトスピーチはアカン!」と小見出しを掲げ、表現の自由は精神的自由権として、憲法が保障している人権のなかでも重要度が高い、民主主義は表現の自由がなければ成り立たない、という話が書かれている。

▼民主主義の大事なところは、実は少数派の意見をちゃんと聞くことにあるんですわ。ということは、少数派が意見を言える場がなかったらあきまへんわな。多数派が、俺らは多数派やねんから俺らが正しい、多数派やから天上天下唯我独尊みたいなことになってしもたら、それは一種の独裁なわけですわ。少数意見までちゃあんと取り入れられる懐の深い民主主義がよろしな。(p.71)

とはいえ、人を傷つけるような表現の自由が無制限なわけではない、ヘイトスピーチの表現の自由がなんとかいう話があるが、ヘイトスピーチは「憎悪表現」というよりは「憎悪煽動」という日本語の方が正しいんちゃうかと師岡康子さんの見解を紹介し、言葉の暴力は実際の暴力まで起こしてしまうことがあるのだから、「これを表現の自由やっていうて守るのはどやねん? って真剣に考えてみてな」(p.73)とおばちゃんは呼びかける。

そんなこんなで、全体におもしろく読んだが、ひとつ、これは意味が逆になってるんとちゃうか?と気になったのが、「文民」���て誰やねんな?(p.137)のところ。

66条、「内閣の組織、国会に対する連帯責任」の2項にある「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」の条文について、おばちゃん語訳はこうなっている。

▼2 内閣総理大臣とその他の大臣は、文民(日本に軍人がおるかどうかって言われたら微妙なんですけどな)しかなれまへんで。(p.137)

1項、2項、3項のおばちゃん語訳のあと、「ここがポイントやで!」の箇所が、「「文民」って誰やねんな?」である。おばちゃん語訳にあったカッコ書きも分かりにくかったが、ここの書きようが、まるで文民=軍人のような具合になっている。えー、それは違うやろ~

私の理解では、「文民」とは大ざっぱに言えば"軍人でない人"を指すもので、日本国憲法ができるときにエイゴのシビリアン(civilian)に対応する語としてつくりだされた造語である(これは憲法制定関係の本で読んだことがある)。

「文民」とは誰であるのか、"軍人でない"として、その場合に現役や退役の自衛官は文民に当たるのかという解釈問題があるのだが、谷口さんの書きようでは、そもそも文民=軍人みたいに読めてしまう。

何かがすっ飛ばされていて、まるで意味が逆になってると思う。該当箇所は以下。

▼「文民」ってこれまた、わかったようなわからんような言葉ですなぁ。職業として軍人やってるお人と現役の自衛官や、かつて軍人やったことがあるとか自衛官やったことあるお人やとかいろいろ見解はわかれてますけど、もう既に戦後70年からたってますさかい、職業軍人っちゅうのはいまの日本ではあんまり意味のない規定になりつつありますわ。
 せやけど、現役の自衛官か、過去に自衛官やったことがあるのかというところは大きな点ですわな。現実に、自衛隊出身のお人らが防衛庁長官とか防衛大臣になったことありますさかいな。
 ちなみに、戦前と戦中の歴代29人の首相のうち、13人が職業軍人の出身でしてん。わざわざここで「文民」が出てきたんは、9条2項の「前項の目的を達するため」っちゅう芦田修正ってのがいれられたときに、極東委員会から首相や閣僚は文民でないとアカン! と強い要求がありましてん。せやさかい、9条2項と66条2項はセットでしてん。(pp.137-138)

くわえて、ここの文章では、「芦田修正」と「極東委員会」も、ちょっと説明があったほうがええんちゃうかなーと思う。

あと、28条、「勤労者の団結権、団体交渉権その他の団体行動権」のおばちゃん語訳に続く「ここがポイントやで!」のところで、「働く人」=「お給料もろて生活してる人」(p.95)となってるのは、この条文ではそういうことになるんやろうけど、「お給料もらう」かたちでなくて「働く人」のことについて、うまいこと注釈あったら、なおええなーと思った。

しかし、「文民」は気になる。"お年玉本"として、どないしよか。

(1/6了)

2015/08/30 15:38

投稿元:ブクログ

日本国憲法を、大阪弁で大阪のおばちゃんが解説。
関西人やから、メチャ読みやすかったし分かりやすかったで!

そもそも憲法とは何で、誰が守る義務があるのか・・など、全然分ってへんかったから勉強になった。
読み進めるうちにどんどん興味が湧いてきて、最後の章の「そもそも憲法ってどうやってできたん?」は、そうそうそれが知りたいねん・・て思うタイミングで登場。
話の進め方がうまいわー。
大学で講義もしてはるみたいやけど、きっと講義も興味や疑問を湧かせる進め方で面白いんやろなと思う。聞きたいわぁ。

もう少し憲法について勉強したいと思た。

憲法について勉強したい関西人のための入門書やで。

2016/04/21 16:57

投稿元:ブクログ

2016年2冊目「日本国憲法 大阪おばちゃん語訳」読了。

こういう時代なので、やはり一度は勉強しておこうと思い手に取った一冊。非常にわかりやすい。例えば、「公共の福祉」の訳は、「人様にご迷惑おかけしない限り」だったりする。とても勉強になりました。

(以下メモ)
------------------------
憲法第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

・不断の努力と普段の努力
・濫用したらあかん
・ひとさまにご迷惑おかけせーへんようにつかわなアカンねんで。自分だけが大事とか言うてたらアカンねんで。

プライバシーの権利は、もともと「ほうっておいてもらう権利」といわれてたんですわ…いまの情報社会では、プライバシーっちゅうのは積極的に自分の人格に関係するような大切な情報を自分でコントロールするようという「情報コントロール権」と考えられてきてますねん。

貧困になるのは貧困になった人が悪いんでっか?本人が怠けモンやったら貧困になるんでっか?運とか間の悪いお人っていてはりまして、お勤め先のいくとこいくとこつぶれるとか、事故に遭うたりですとか、病気になったりですとか、学校行かれへんかったから学歴が低いとか、いろんな理由で貧困になる人いてはりますやろ?それ全部、自己責任なんていわれたら…冷たい世の中なんやろって思いまへんやろか。

権力持っているお人たちが、自分らの都合のええように憲法変えようとするために、そもそも憲法を改正するルールを変えようっちゅうのは、サッカーやってて点がはいらへんでイライラするから手も使ってええでって変えるみたいなモンですわ。

ある政治家が「憲法があるから、動きがとりにくい」っちゅうようなニュアンスのこと言うてましてんけど、ああ憲法がちゃんと作用しててよかったわぁって思いましたよ。
------------------------

2015/02/21 13:32

投稿元:ブクログ

改憲議論は「タイプの違う2人の男の間で揺れ動く乙女の心境」、集団的自衛権は「ヤンキーの喧嘩の理論」などなど。
ヒョウ柄と飴ちゃんを愛する生粋の大阪のおばちゃん(にして憲法を専門とする大学准教授)が日本国憲法を楽しく解説した1冊。著書は大阪大学でも教鞭をとっていて、そこではベストティーチャー賞も受賞しているそうな。「憲法が色々話題になってるけど、なんか憲法って堅苦しくて難しそう」と思っている人にぜひ手に取ってほしい。

本書は憲法の条文を大阪おばちゃん語に翻訳したものと、それぞれの条文の解説で構成されています。解説ではヘイトスピーチ、夫婦別姓、過労死など現代の様々な問題にも触れられていて、憲法が結構身近なものなんやなと感じることができます。「研究者は結婚して名字が変わると過去の実績が消えてしまったりするので、事実婚を選ぶ人も多い」など知らないこともたくさんあって、勉強になりました。

2014/12/01 18:32

投稿元:ブクログ

戦争は棄てましてん(9条)
全日本おばちゃん党に1票や

文藝春秋のPR
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163901817
全日本おばちゃん党
http://osakanet.web.fc2.com/AJOP/

2015/11/24 20:11

投稿元:ブクログ

安保法案の問題などで話題となっている日本国憲法について、大阪のおばちゃんに説明する目線でかかれた一冊。

なんとなく学生時代に勉強した憲法について、本書を読んでなるほどと感じる箇所は多くありました。解釈も含めて全編関西弁で書かれており、関西人の自分は抵抗はありませんでした。

憲法の解釈についても、鋭いと感じる箇所があったり、憲法の守るべき義務者が国民ではないことや日本国憲法が大日本帝国憲法の改正でできたものであることなど親しみやすい文章からも勉強になる箇所も多くありました。

日本人として知っておくべき最高法規である日本国憲法について勉強になりました。本書では全文は解説されていないのでまた全文読んでみたいとも感じました。

2014/12/19 15:56

投稿元:ブクログ

【よう分からん? ほな、大阪弁で読んでみましょ!】集団的自衛権って何なん? 憲法って誰のモン? 「全日本おばちゃん党」代表代行が、抱腹絶倒の超訳。驚くほど憲法が分かる!

12 件中 1 件~ 12 件を表示