サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

2016/07/11 01:24

投稿元:ブクログ

ゴーストライター騒動後の佐村河内氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』を観た後にこの本を読んだ。この本が先か、映画が先か、いずれの順番になるにせよ『FAKE』を観るのであれば、この本を読むとより一層楽しめること間違いない。特に、映画を観る上で知っておくべきことは、当然のことながら少なくとも監督の森達也はこの本を間違いなく読んでいるということだ。この内容を知った上で、あの映画を撮り、あの編集を行っているのだ。
つまり、佐村河内氏が「ペテン師」とまで言うかはおくとしても、少なくともある種の虚言症の気があることは理解し、警戒をした上でこの撮影を始めているということだ。

この辺りについては、次のサイトでの分析がおもしろい。おもしろいので、ここではその内容はあまり触れない。リンク先の解説を楽しんでもらいたい。
「佐村河内守のウソの付き方が“まだら”なのがおもしろい 森達也監督『FAKE』をもっと楽しむ方法」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/iidaichishi/20160615-00058863/

ただ、「森達也は古賀淳也(※注:佐村河内を扱ったNHKスペシャルのプロデューサ)を反復している。そういう見立てで観たほうが、『FAKE』は絶対におもしろい。天地神明に誓って」という最後の部分は首肯しかねる。映画のラストシーン(ぜひ映画を観てほしい)とタイトルがそのことを示している。映画の終わり近くになって、森監督は佐村河内氏とその妻である香さんに対して自分のことを信頼しているかと尋ねる。佐村河内氏はもちろん信頼していると言い、香さんも「同じ船に乗っている」として信頼感を示す。そこには今の段階でその質問が来るのかという若干の戸惑いが感じられる。そしてこの質問はラストシーンに向けての質問の布石にもなっているのだ(ぜひ映画を観てほしい(※)) 。

そのことは森監督自身が映画公開後に受けたインタビューからも明確にわかる。
「森監督:信頼関係という言葉は安易に使いたくありません。信頼関係がなくても作品は成立しますし、人間関係において100%の信頼なんて存在しないと思います。向こうが僕のことをどう思っていたかも分かりません。佐村河内さん本人に対しては、撮影を開始する時に、「僕はあなたの名誉を回復する気はありません。僕は映画のためにあなたを利用します」と伝えてありました。」
http://getnews.jp/archives/1466205

もうひとつ『FAKE』を別の視点でおもしろくしているのは本書の著者である神山典士氏のリアクションだ。

「「残酷なるかな、森達也」- 神山典士」
http://blogos.com/article/178313/
「佐村河内氏映画の森監督vs神山氏、場外舌戦ゴング」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1666276.html

ここでの神山氏の反応は端的に言って的外れだ。神山氏は森監督には真相や真実を問う姿勢がなく、その作品はジャーナリズムではないと批判する。その批判がいかに的外れかは、森氏の過去の作品や発言を知っていれば明らかだ。森監督の目的は、正義の名の元に世の中においてたたいてもよいとされたものに対して安全地帯からためらうことなく迷うこともなく判断することもなく横並びに報道の名の元にこき下ろすことがいかに暴力的であ��かを示すことである。そして、それはジャーナリズムではなく、ドキュメンタリにおいて可能になるような批評だ。
神山氏の批判がいかに的外れであるのかは、森氏の視点からではあり、フェアではないかもしれないが、次のインタビューに表れている。

「さらにテレビドキュメンタリーの場合は、新垣(隆)さんや神山(典士)さん(週刊文春で最初にゴーストライター疑惑を報じたノンフィクション作家)にインタビューする場面が必要になるでしょうね。中立を装わなくてはならないから。映画では彼らに出演を断られましたが、今作は佐村河内さんのドキュメンタリーであってジャーナリズムではないので、僕は必要ないと思いました。まあもっと直截に言えば、興味がないから撮りません。」
http://getnews.jp/archives/1466205

神山氏は先のブログでの批評にて次のように締める。
「残酷なるかな「森達也」。とはいえ最も残酷さを被るのは、このエンタメ記録映画を見せられてしまう観客でこそあるのだけれど。」
残酷さを被るのは神山氏かもしれない。さらに最もその残酷さを被っているのは佐村河内氏とその妻香であるように思う。その意味で、神山氏が「佐村河内氏が哀れにもなる」と語り、残酷だと言うことはとても正しい。


すっかり映画『FAKE』の話になってしまったけれど、本書は佐村河内氏の虚構を暴いたノンフィクションとしておもしろい本だと思う。また、その虚構を暴いた取材についても賞賛されるべきだと思う。後に続いたマスコミよりもよほど。そして、だからこそ、この本を読むことで『FAKE』がより一層おもしろくなる。『FAKE』と一緒に、強くおすすめ。


----
(※)ラストシーンについて、どうしても映画を観ることができないけれども知りたい人は、次のサイトを参考に。
「映画『FAKE』のラストショットについて」
http://swingbooks.jp/2016/06/20/fake01/

2015/02/09 22:06

投稿元:ブクログ

ゴーストライター問題をスクープし、発覚後の佐村河内の会見でも「手話通訳はまだ終わっていませんよ!」と一喝した記者さんによる書。

佐村河内の虚飾まみれの人生だけでなく、新垣氏や大久保家の人生や心情もつぶさに記されているので興味深い。

著者も強調していることではあるが、障害児者や被災者等いわゆる弱者の心を利用することなど許されてはならない。

2015/06/22 21:18

投稿元:ブクログ

いろんな番組でいろんなことやらされてる新垣さんだけど
実はすごい人だったんだなと。
コレが本当なら新垣さんに深く同情する。
NOをいえないのも考え物だ。
世間を騙した(のに加担した程度に思うけど)一点が悪いんであって作曲した作品に罪はない。
CDを聴いてみたいと思った。

2015/07/02 14:49

投稿元:ブクログ

(15-50) 抜群のプロデュース能力があり、ずうずうしく押して物事を成し遂げてしまう佐村河内。才能はあるのにいつも一歩引いてしまい、自分から出ることが無い新垣。佐村河内は自分が有名になりひとかどの人物として扱われることに執着。新垣は頼まれたことを断れず、人を喜ばせることで幸せを感じるという性格。この二人が出会ったのは悪魔の配剤か?ここまで相性が良い二人がコンビを組んでしまったのが、このペテンがこんなにも長続きしてしまった理由だ。それにしても一番情けないなと感じたのはNHKだ。ドキュメント番組を作るのなら対象者と対等でなければならない。天下のNHKが対象者の言うままになって、番組を作らせて頂いている状況だったとは・・・。

2015/03/25 22:15

投稿元:ブクログ

マスコミとはこんなものなのだと感じさせた内容。結局評価をしている人たちは、障害といった絵になることが大切で、本来の音楽そのものは、誰も聞いていなのではないか。マスコミといった世間の噂に流されないような目利きが必要なんですが、難しい問題です。

2015/01/02 09:06

投稿元:ブクログ

しかしよくもやったりと佐村河内の事を感心してしまう。嘘で自分を塗り固めるのが生きがいなんだろう。出自も影響してる。

程度の差こそあれ彼のような人間は結構世の中にいる。

2015/07/10 09:08

投稿元:ブクログ

あの「佐村河内事件」について、著者が告発に至るまでの経過と、周辺のへの取材によって事件の全貌を明らかにしたノンフィクション。
佐村河内氏本人への取材は叶わなかったので、その分一方的な感は否めないが佐村河内氏、新垣氏双方「さもありなん」な説得力はある。
佐村河内氏の自分を偉く見せよう、大きく見せようという気質を広島の県民性に見るのは、他の広島県民にちょっと気の毒。

2016/06/26 06:31

投稿元:ブクログ

初読

いやぁ、面白かった
佐村河内氏も交響曲HIROSHIMAのヒットも知らず、
曲すら聞いた事のなかった私はゴシップ的な興味だけで
関連書籍を読んだけど、やはり一番読み応えがあった。

なんといってもサムラゴーチ氏と新垣氏の組み合わせの妙!
変則的なバディものなのでは?という感すらある。
大口叩きで実行力・行動力があるサムラゴーチの「ビッグになりてぇ」欲望と
気弱でNOと言えない実務能力がある新垣氏の「自分の音楽を作りたい・聞いて貰いたい」欲望がマッチングし、
奇跡的なバランスと運でここまでの騒動になってしまった。

サムラゴーチ氏は、やはり俗物でw
幼少期のピアノレッスンもおそらく嘘、中高時代からフカシ気味、
俳優→音楽と「ああ、こういうのいるいる」な典型的なワナビーなんだけど、
なんの魅力も能力も運もないわけじゃない、
人を惹きつけたり取り込む能力もある(見破られる事も多いが)
初めの一歩、NHKの「山河憧憬」で作曲のオファーが来たり、五木寛之を取り込めたり。

そして、何か事を成すにはここぞという時に勝負に出れる「何か」が必要だと思うけど、
サムラゴーチ氏は秋桜を私費で(総額200万円ほどらしい)
オーケストラ録音したこと、がそれに当たるんだろう。
一応、秋桜の元になるメロディはサムラゴーチ氏が打ち込みで作ったようだし。

確かに、ゼロではなく1はある。それを100にするために、
例え嘘が99があったとしても、1はあるんだ0じゃない!
と本人は思ってるんじゃないかなぁ。うん、なんとなくわかるよ。
その99の嘘が面白いんだけどw

全聾の「設定」も、自分の音楽能力が足りない事が
バレないためだった物が「現代のベートーヴェン」という付加価値になっていくのねぇ。

新垣氏の描写に関しては、全編公平に書こうと努めているのは伝わってくるけど、
神山さんはやはりサムラゴーチ氏との付き合いの中でのバイアスがあるので、
やはり、多少、新垣氏に寄ってるな、とは思う。
「天才」なのかはわからない。
それでも、新垣氏の素朴さや人の良さは本当なんだろう。

そのS極とN極の組み合わせが起こすハーモニーwは
バイオハザードのカプコンでのコントみたいな打ち合わせや
秋桜・バイオハザード・鬼武者までは何と新垣氏、無報酬で引き受けていて、
1年がかりの仕事、交響曲hiroshuma・交響曲第1番現代典礼でようやく200万の報酬を受け取る事になるのだけど、
結構な仕事をこなしてきたいい歳の男2人が、分割した支払いの100万円を
サムラゴーチ氏は「こんな大金初めて持った」と言ったらしいし、
新垣氏も全く同じことだったらしく、
今となってはのスケール感に比べて、なんだかもうお前ら可愛いなって感じだ。

色んな人間が意識的にであれ無意識であれ、
佐村河内の虚像を大きくする事に加担し、
「物語」を消費し、売れるものが売れる・売れるが勝ちという
「佐村河内なるもの」に対しての警鐘の一文が良い。

「佐村河内なるものは��る、私の中にも、あなたの中にも、誰の中にも。
権威を持って嘘をつけば人はなびくと囁きながらー。」

2015/09/09 15:50

投稿元:ブクログ

 佐村河内守の偽作事件の経緯をまとめたノンフィクション。佐村河内守の生い立ちから、ゴーストライター新垣隆との出会い、偽作や経歴詐称の実相、発覚に至る経緯まで、時に目を背けたくなるような生々しい事実が、関係者間のメール記録や広範な取材で得た証言から明らかにされている。元が週刊誌の記事であるため、佐村河内の特異なパーソナリティーの「暴露」に力点を置く一方、佐村河内の「物語」を受容した大衆社会の構造的問題への追究は薄い。現在の新垣隆の「天才」に対するマスメディアの扱いや、あっという間に何事もなかったかのように事件を葬ったクラシック音楽界の状況を考えると、人びとはこの事件から何も学んでいないとしか思えず、社会現象としての「佐村河内ブーム」への分析と検討が必要だろう。

2014/12/20 17:24

投稿元:ブクログ

徹夜して本を一気に読むなんて久しぶりだ。この本はポルノです。日本的なものの恥部を一堂に会させたごった煮のポルノ本と言えると思う。主役は、佐村河内守、新垣隆、メディア、メディアを通じて美しい話に酔った一般人。。

昔、吉里吉里人を読んだ時に、日本のタブーに対する切込み、風刺がすごいなと思ったが、この本はそれが実話として、何も隠すことなく剥き出しで綴られている。なんというか偽善がメルトダウンを起こしている。

物語は佐村河内の虚構が織り成す不思議な人の縁を中心に生々しく続く。しかも、彼自身の嘘(耳が聞こえない)により、ほぼすべてのやり取りがメールで残っているという奇跡的な記録性の高さ。どれを以ってしてもこれを超える話はそう出てこないだろう。劇性があり過ぎる。

作者も書いているように、これは有名になる為には何でもよいと考える非常識な男と、才能溢れる音楽バカとの奇跡のコラボレーションの話であるとも解釈できる。そうすると、二人は日本の音楽業界、あるいは美しい話に酔いたいメディアや一般人に何を残し、これから何を作っていくのだろう? まだまだ続きがあるような気がしてならないが、とりあえずは、ここまでのところでも十分なので映画化したほうがよいと思う。そんな衝撃の本だった。

2014/12/19 15:56

投稿元:ブクログ

【稀代のペテン師・佐村河内守の虚飾の真相!】なぜ人々はここまで壮大な嘘に簡単に騙され、踊らされたのか。週刊文春が告発した佐村河内守のゴーストライター事件の全貌に迫る。

2014/12/18 17:17

投稿元:ブクログ

『みっくん』を以前から知っていて、絵本も書き、真っ先に事件を知り新垣氏に告白を勧めた著者。著者にすればもっと早くに相当の物を書きあげることはできただろう。しかし、敢えて時間を掛け、徹底した後追い取材でより深化した内容になった。
忘れてはならないのはこれは一件のペテン師とゴーストライターの話しではない。
著者が最も述べたかったのは、『現代のベートーベン』を無責任に報道して来て真実がばれると手のひらを返して、素知らぬ顔で非難する方に回る、そんなメディアに対しての痛烈な批判だ。
報道に係わる者こそ、『テキストとして』率先して読むべきだ!

2016/02/15 12:11

投稿元:ブクログ

 2014年前半のお騒がせは、虚偽とか詐欺ということでメディアで一緒くたに扱われた佐村河内守事件とSTAP細胞事件であった。詳しくない人たちにこのふたつは一緒にみえたかも知れないが、同列に扱えない。STAP細胞のようなものがそんなに簡単にできるものかと首をひねったが案の定存在しなかった。いや控えめにいうなら「あるとは証明できなかった」。しかし、「佐村河内守作の交響曲」とされた音楽は確かに残っているのである、CDは廃盤になってしまったとしても。科学と芸術という違いがそもそもあるにしても、佐村河内守事件には真実なものが「ある」、この違いは大きい。

 かくいう私は現代音楽には前衛であれ保守反動であれ関心があるので、被爆2世で全聾の作曲家が「襲いくる心身の苦痛に耐えながら」長大な交響曲を作曲するという半生記『交響曲第1番』が2007年に講談社から刊行されると、とにかく本は買ったのであるが、読む気がしないまま今日に至った。私が関心があったのはそんなドロドロの人生を送る人が作った長い交響曲のほうであり、ドロドロの人生そのものではなかったからだ。ただ、「(弟の死の)衝撃を契機に偏頭痛の発作が悪化し、ついには聴力にまで影響を及ぼし始める」「慢性的な極度の頭鳴症に悩まされる」「発作を誘発する日光を避けて暗い作曲部屋での隠遁者的な創作活動に邁進」といった紹介記事の記載は医学的にもおかしいし極めて胡散臭かった。そんな症状はどう考えても心理的なものとしか思えない。創造活動と症状とを等価に考える精神分析の考えからして、それだけ心因性の身体症状を呈していたら、もはや作曲という症状を表出する必要はない。そもそも、佐村河内などという名前は芸名にしかみえず怪しいではないか(実は名前のみが彼にとって真正なものであったのだが)。
 だから2011年7月に件の交響曲がCD化されたときにはすぐさま買って聴いてみた。そして、ある意味で失望した。世を恨み人生を恨みながら作曲した交響曲ならば(まあ、恨んだとは言ってはいないが)、ルーズ・ランゴーやマタイス・フェルミューレンなど強烈にねじ曲がっているけど独特に筋の通った曲を期待するところだが、そういう灰汁がないのである。もっとも好事家の期待を離れていえば、新奇性はない後期ロマン派の作風であってもよく書けているし、曲には音楽に対する誠実さを感じたのも事実である。この線で考えていけばゴーストライターを疑いえたというのは後知恵であるけれども。

 佐村河内事件においてマスコミは,嘘つきという以上の論点は見出しがたかったようだが、そこにはクラシック音楽業界の孕む問題が結節点のように存在した。
 現代日本の作曲家が前衛的な語法ではなく、せいぜい20世紀初頭までくらいの語法でマーラーと張り合うような長大な交響曲を書き、それがオーケストラで何度も演奏されるなどということは到底あり得ないことだったのである。
 佐村河内守と新垣隆に即していえば、何かドデカいものを作り出したかった佐村河内の動機と、依頼さえあればどんなものでも書けてしまった新垣の技術が出会って〈佐村河内作品〉が生まれたというこの希有。本書の言葉を借りれば「何でもいいから有名にな��たいと野心をむき出しにする男」と「知識も技術も豊富なものを持っているが、唯一自分から何かをやりたい、やろうという意思に欠ける」ものの「音楽に関することなら何でも純粋に興味を持つ男」の不思議な出会い。だがそこから生み出された音楽は音楽でしかないし、ただ音楽なのだと私は思う。
 〈佐村河内交響曲〉は「後期ロマン派の様式で長大な曲を書くという『作曲課題の実施』に過ぎない」(作曲家・伊東乾)、「優れた作品が持つオリジナリティがない」(作曲家/指揮者・野口剛夫)という否定的意見から、「山田耕筰以来生み出されてきた日本の交響曲の中で名作を100曲選べと言われたら絶対入れるだろうというくらいにはよい作品」(音楽評論家・片山杜秀)という肯定的意見までいろいろだか、聴いて面白いし、聴く価値のある作品だと思う。そんな作品が「ある」ということがとても興味深いと私は思っている。

 前置きが長すぎた。本書は「ペテン師」佐村河内と「天才」新垣の出会いから生まれた「佐村河内事件の全貌」のドキュメンタリーである。佐村河内事件の暴露には著者の神山も噛んでいるので当事者によるドキュメンタリーの側面もある。私が上に述べたような美学的、現代音楽ゲットー的問題はさておいて、何が起こったか、マスコミやネットで報じられなかった事実も掘り起こされている。
 佐村河内の来歴はだいたいネットで曝されていた通りだが、売り込みの戦略と粘り強さ、図々しさでは一流ではないか。ただ、肥大した自我を持ちながら彼には売り込むものが何もなかった。他方、新垣の神童ぶりも凄まじい。だが、彼には自分の芸術を押し出す図々しさ、押しの強い自我がなかった。2人が出会ったのは偶然だったのか、運命だったのか。
 また、この事件では障害者も重要なキーワードである。「障害を売り物にしたくない」と著書で述べながら、実は自分の虚偽の「障害」を使って売り込みをしていた佐村河内が、しきりと障害児に接触を繰り返していたことが書かれている。そしてそのひとり、先天性の上肢欠損ながらヴァイオリンを習う少女「やっくん」を売り物にしようとしてやっくんから「大人は嘘つきだ」と拒絶を受けたことが契機となって、ゴーストライティングの事実が暴露されることになったという経過。暴露はやっくんを守るためでもあったのだ。フィギュアスケートの高橋大輔選手が〈佐村河内作品〉の《ソナチネ》を使うことで迷惑をかけてはいけないというのは実は表向きの理由だった。障害を弄んではいけないという社会の良識を自分の嘘の隠れ蓑に利用した男が、他人の障害を弄んでしっぺ返しを受けたのである。
 著者の神山も佐村河内のプロデューサーとしての才能を評価し、再起を促す場面もあるのだが、「謝罪会見」で彼が嘘をついたことを謝罪するのではなく、嘘がばれたことを利害関係者に謝罪しているだけであることにたいそう失望する。それゆえの「ペテン師」呼ばわりなのである。また、新垣がこの関係を終わらせようと説得にかかりはじめた頃に、ある音大生を第二の新垣にすべく画策していたことも暴露されている。佐村河内守氏には出直してよい道を歩んで欲しいと思うが、本書を読むと無理だろうなと思わざるをえない。
 佐村河内が大ブレークする要因となったNHKスペシャルのディレクター古賀淳也の番組製作の酷さ、あるいはいかに佐村河内にいいように手玉にとられたかも述べられており、筆者も含めてマスコミすべてが「共犯」をさせられていたという指摘もある。
 著者は「佐村河内なるものはいる,私の中にも、あなたの中にも,誰の中にも」といって本書をまとめる。つまり「売れるが勝ち」という発想。しかし新垣なるものも私たちの中にいる。お金ではなく、ただよいものをよいと思う心。
 どのような経緯であれ生み出された音楽に罪はないこと、新垣隆氏にはこれからもよい作品をたくさん書いて欲しいこと、この二点はとりわけ著者に共感すると表明しておきたい。

2016/05/01 18:46

投稿元:ブクログ

内容は表題の通り。佐村河内について、どういう学生時代だったかなど、これまでの報道ではわからなかったこともかなり詳しく書いていて、興味深く読めた。ただ表題の「天才」は、ゴーストライティングをしていた新垣のことなのだが、これは少々言いすぎかな?と思う。

14 件中 1 件~ 14 件を表示