サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

hontoレビュー

熟れごろ女系家族(悦文庫)

熟れごろ女系家族 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

良好なストーリー展開に冴える官能

2014/11/24 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで構成や展開は秀逸なのに官能描写が淡白といった印象もあった早瀬作品のイメージが変わりそうな作品と申し上げる。熟女三昧の素敵な存在感の前には主人公の彼女も霞んでしまうが、この彼女には意外な秘密が露呈するエピローグのオチで役割がある。そんな彼女を射止めた主人公(24歳)があの手この手で、そして自慢のムスコで彼女の母とその妹達を次々に籠絡することで婚約を認めてもらえるのか?という官能奮闘記である。

と言っても、当初の主人公にムスコ自慢の自覚はない。むしろ限りなくチェリーに近い経験の乏しさであり、それを事前に補う「レクチャー」が用意されているのだが、そんな周到な準備も踏まえた全体の黒幕(?)として暗躍する人物がいるところに展開の妙がある。その人物には別の思惑があり、自分では果たせない念願を主人公に託しているのである。

真美:主人公の彼女。純真で初心な18歳といった印象だが……。

奈緒子:近寄り難いほどの圧倒的な存在感で一族を統べる女帝にして真美の母は38歳の未亡人。
八重子:奈緒子の妹。離婚歴のある出戻り淑女な33歳。
優美子:3姉妹の末妹は勝気で高飛車な28歳の人妻。

明美:駅前商店街にあるスナックのママだが元は銀座の一流ホステスという四十路越えの艶女。主人公の官能指南役。

セレブ臭を漂わせて主人公を見下し、真美との婚約を断固反対する未亡人、バツイチ、人妻の3人を己の性技で翻意させなくてはならないのだから、そのハードルは極めて高い。故にその行方が気になるところであり、そんな期待に応えるストーリーが紡がれている。

明美に仕込まれてパワーUPした主人公が最初に標的とするのは次妹の八重子。一番お淑やかに見えて実は最も欲求不満を抱えているというギャップが良い。次の優美子では設定の冴えた寝取られ描写が秀逸。そして、ラスボスたる奈緒子の籠絡にはかなり手こずるところに小説としての面白さがあり、その居丈高な振る舞いに隠された可愛らしい一面という猛烈なギャップも与えて主人公の責めに屈しながらも最後には熟女らしい貪欲な逆襲で面目を保つところはさすがの構成と言わねばならない。

八重子には離婚当時に2歳だった(今は7歳になる)娘がいることになっているが、この設定が活かされることは最後までなかったので居なくても良かったし、居るなら居るで、例えば娘が寝ている隣(あるいは隣の部屋)で主人公と交わるといった背徳感の底上げに用いることもできたと思うが、重箱の隅突きレベルで気になったのはこれくらいか。全体としてはタイプの異なる熟女が最初は抗いながらも昂り喘ぎ堕ちていく艶のある官能描写で描き分けられており、その質・量ともに申し分なかった作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示