サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー46件

みんなの評価3.9

評価内訳

46 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

考えることが重要と分かる

2015/05/03 06:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変読みやすく、かつ色々なことを考えさせられる本。前半では、著者のブログが、大人気ブログに育った経緯が書かれ、後半には、そのブログのいくつかのエントリが紹介されている。

今回は、その後半で紹介されたエントリから1つ紹介する。
労働者は、以下4つに分かれると言う。
  (1)システムを構想する人(システムより上に位置する)
  (2)構想されたシステムに必要となる、機能パーツを設計する人
  (3)設計された各機能パーツを製作する人
  (4)システムに沿って働く人(システムの下に位置する)

そして、以前「年功序列」が機能していた時代には、新入社員はまず(4)の仕事をやり、だんだんと(3)の仕事、(2)の仕事とステップアップしていったが、今やそれがかなわなくなったと言う。
この構造は、まさに日本型雇用/メンバーシップ型に突きつけられている課題に他ならない。
楠木新氏が「働かないオジサンの給料はなぜ高いのか」では、新卒採用により大量の同期社員を生みだすのに、組織はピラミッド型であり、低成長下で組織が拡大していかないので、昇進できる人が限られると言うが、上記のちきりんさんのコメントと全く同じことだ。
また、中野円佳氏が「育休世代のジレンマ」で、苦労して、会社の仕事と、家事・育児と両立しても、そもそも会社の仕事が、「そこまでしてやる仕事か」と悩む女性が多いと言う。これも、両立に苦労しながら、上記の「(4)システムに沿って働く(システムの下に位置する)」をやり続けて、何の意味があるのかしら?という悩みだろう。
この問題が悩ましいのは、「(4)システムに沿って働く人(システムの下に位置する)」がいないと、組織は成り立たないし、地道な(4)の仕事を経験することが、人材育成につながることである。労務屋さんは、「強いチームはボールのないところ(アラン注:皆から注目されないところ)でのプレーに優れている」と、強いアメフトチームの例をあげ、強い組織は、目立たない部分にこそ強みがあることを説く。
また、2014年8月6日付け日経夕刊の「あすへの話題」欄で安藤裕康氏が、以下のことを述べているが、本当にそのとおりだと思う。
 ・一見つまらなそうな仕事でも何年も辛抱強く続けて初めて一流になるのが日本の職人芸。
 ・日本の素晴らしさは、そういう職人芸が様々な分野で社会を支えていること。
 ・日本製品の成功も、すべてそういう職人芸に支えられてきた。
私の勤務先のある役員は、「若い頃に無数の伝票処理をしたので、今では、不自然な伝票は、一目で分かる」と言っていた。
やはり、日本型雇用/メンバーシップ型を、微修正しつつ維持するのか、抜本的に見直すのかが、問われている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素人でも自分メディアを作れます。

2016/01/17 12:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じんじゃあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

商品の販売為の自分メディアを持つことを勧めたりセミナー集客の為のブログやメルマガの作り方を教える本は多くありますが、この本はそうした類の本当は一線を画しています。自分の考えや思いを共感してくれる人との結びつきを作るための自分メディアを作り活かす方法が著者の体験を元に書かれていますので、販売や集客目当てに読むと少し物足りない感じがするかもしれませんか、まだ、あった事のない自分と共感できる人との出会いと交流を求める人には一読の価値はありますのでおすすめです。そういう人は是非手に取って読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/17 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/08 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/16 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/27 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/18 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/19 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/25 05:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/27 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/01 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/28 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/13 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/21 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

46 件中 1 件~ 15 件を表示