サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/02/15 10:46

投稿元:ブクログ

2014年11月刊。宅急便の創始者、小倉昌男氏の言葉集。信念を、穏やかに、誰にも分かる言葉で伝える天才。

【引用メモ】
『人は雪が降るからスキーに行くのです。雪が多く降ったからお預かりしたスキーがお届けできません、と言えますか。全社を挙げて対応しましょう』(p.57)

『上司というのはそんなに偉いのでしょうか。私はそうは思いません。上司は、会社の仕事をしていく都合で考えられた役割なのです。役割の都合上、人を使わなくてはならないので、部下が存在するのです。その人、本人が偉いのではないと思います。あえて偉いとすれば、役職で、役職がなければ人は皆同じだと思います』(p.48)

2015/03/22 16:19

投稿元:ブクログ

日経BizGateでの記事をきっかけに購入.個人向け運送業クロネコヤマトの生みの親である小倉昌男氏について.小倉氏のもとで働いていた筆者が当時のエピソードを振り返りつつ心を打たれた小倉氏の言葉を紹介している.
この本で初めて小倉氏を知ったが,労働観,お客様視点,謙虚さなど非常に共感できる経営者であった.誰にとってもイメージし易く心に訴える言葉の数々が収録されている.個人的に最も感銘を受けた言葉は↓
「お客様が喜び、会社が損すること。君はやる(実行する)かね」
という当時の新任部門責任者にかけた問いかけに対する小倉氏の答え.是非本書を読んで答えをご覧いただきたい.
小倉氏本人の執筆した書籍についてもまた読んでみたいと思う.

2014/12/24 20:52

投稿元:ブクログ

この本では小倉昌男氏の心に残る言葉が随所に紹介されているが、心に残った所は、
「失敗を他人のせいにするのは簡単なこと。しかし、他人のせいにした段階で、自らの成長はない」

これは自分に良い聞かれなければいけない言葉だと思う。年をとり、保守的になった時に、特に注意しなければ。
もうひとつは、「目的と手段を間違えてはいけない」
これは仕事をするうえで、重要な点で、良く両方が逆になってしまい、目的がどこかに行ってしまうことが往々にしてよくある。
今とりかかっている仕事は手段なのか、目的なのか。そこを理解して仕事をやる人とそうでない人では、徐々に差が開いてくるのではないだろうか?

3 件中 1 件~ 3 件を表示