サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 牛家
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.3

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

2015/04/07 18:29

投稿元:ブクログ

怖いというか…
こういう作品はどうにもただの「なんでもあり」としか思えず私的には全く面白くないです。
訳の分からないホラーなんて他にも色々あるしそれと比較してもどうなの?似たり寄ったりじゃない?と思ってしまって;
「瓶人」の方は良かったです。なんだか陳腐な感じの作り方がなんとも言えないし(笑)良い話のようでいて結局全然良い話でも何でもないという所がなんとも言えないです。

2016/05/02 16:48

投稿元:ブクログ

日本ホラー大賞佳作を取った作品と、もう一つ短編が入っています。
ホラー小説大賞の選評が巻末についていますが、佳作に輝いた「牛家」は、選者の宮部みゆきが書いていた一言に尽きます。

「『牛家』は問題作です。「おいしい?」と問われて、「たぶん……」という返答しかできない異国の料理のような味がします。」

奥さんとの間に問題を抱えながら特殊清掃業につく主人公。今までの経験から言ってもかなりすごい方に入るゴミ屋敷の清掃に着手したら、そこで奇妙な現象が起きた……。
片付けたはずのゴミが復活していることに始まり、部屋を開けると別の場所に通じていたり、なぜか牛の飼育員がいたり……。何だろう。映画のCUBEみたいに「なんでこんなことになってんの?!」という不条理が延々と続く。
そして解決されないまま、主人公も読んでる方も何が真実なのかわからなくなって終わる。
ひとつひとつの奇妙な出来事が本当に奇妙で、引き込まれました。

後半に収録されているもう一つの作品「瓶人」。
死体を秘伝の方法で蘇らせて、それと一緒に暮らすという話。
瓶人の描写はところどころ気持ち悪いけど、何となくハートフルでいい話に着地している。
ちょっと青春要素もあって、好きなテイストでした。

2015/02/25 01:03

投稿元:ブクログ

 迷路のようなゴミ屋敷、かつての住人だった牛のような男、訳ありの主人公にその同僚たち、精神的に壊れた妻……ガジェットだけ見れば興味のあるものだし、むしろ自分好みのテイストなはずなのだが。
 ホラーのはずが次第に不条理SFのような展開を見せていき、エッシャーの絵画よろしく複雑に絡み合った屋敷の中のように物語自体が整合性を失っていく。

 酩酊感ということでは成功なのかもしれないが、果たしてこれがホラー大賞の佳作なのかと問われると……。

ゾンビものの「瓶人」は、フランケンシュタインテーマの変奏ともいえそう。

詳しくはこちらに。
http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2015-02-24

2015/03/19 22:00

投稿元:ブクログ

日本ホラー小説大賞佳作受賞作。なんともぶっとんだ独特な雰囲気のホラー。シュールでグロテスクなこと限りなしです。愉快なようで、不気味。
収録作「瓶人」が個人的に好きです。これもまたけっこうグロテスクな面があるものの、どこかしらほのぼのした読み心地に思えちゃうのが何ともいえず。

2015/11/12 00:16

投稿元:ブクログ

 ゴミ屋敷の清掃にやってきた特殊清掃員が体験した奇妙な出来事を描く表題作と、奇妙な親子の関係を描いた「瓶人」の2編を収録した作品集。

 表題作「牛家」は日本ホラー小説大賞の佳作を受賞した作品なのですが、これは感想が難しい…。巻末でホラー小説大賞の選考委員、宮部みゆきさんの選評が載っているのですが、これが一番この作品を表しているように思うので引用します。

「『牛家』は問題作です。「おいしい?」と問われて、「……たぶん」という返答しかできない異国の料理のような味がします。」

 言いえて妙です(笑)。あらすじもオチもへったくれもなく、ただゴミ屋敷で奇妙な体験をするだけの話。だんだん主人公たちが体験していることの現実と幻想の区別がつかなくなり、そしてそのまま放り投げられます。いわゆる不条理ホラーですが、文章はなかなか板についていると思いました。

 なんとなく大賞が取れなかったのも分かりますが、かといって埋もれさせるのがもったいない、という気がしないでもない、そんな作品です。こんな言葉はどうかと思いますが納得の佳作作品!

「瓶人」はそれと比べるとインパクトは落ちるものの、話は上手くまとまっていて、作者紹介によると既に別の賞でデビューされている方らしいので、そうした地力の確かさが出ているように思いました。

第21回日本ホラー小説大賞佳作「牛家」

2015/03/06 20:59

投稿元:ブクログ

ホラー小説大賞佳作。
タイトルと出だしの1ページで即買い。同時収録の『瓶人』も着想から展開まで、気持ちいいほどに酷くて、新人歌手のデビューシングルを買う感覚で要チェック。

2015/03/15 15:33

投稿元:ブクログ

第21回日本ホラー小説大賞佳作受賞作品。
第21回の受賞作品の中で唯一の短編です。

清掃業者の三人が、ゴミ屋敷の中で体験する奇妙な出来事を追った物語。
序盤は不吉や予感が漂っていて、期待十分なのですが、、、あれあれ?
途中で、怖い世界から、異次元世界へと足を踏み入れ間違えてしまったようです。
きっと、牛の胃と反芻は関係あるのでしょうけれど、よく分りませんでした。そうしておくことで不安と不気味さを読者の中に残していくつもりなのでしょうか?
しかし、それはあまり上手くいっていない気がします。
物語の舞台がゴミ屋敷であるだけに、あらゆるものを読者の中に不法投棄していくような作品でした。

臭いもの、汚いもの、グロテスクなもの、おかしくなった人間、、、それらを使えばホラーだと考えるのは、いかがなものでしょうか。

2014/12/01 20:43

投稿元:ブクログ

飽きずに読ませてくれるホラー短編2編を収録。収録された『牛家』も『瓶人』ともにグロいながらも、どこかユーモラスである。

『牛家』。ゴミ屋敷の清掃を任された主人公と同僚は、次第に夢とも現とも判別出来ない奇妙な世界に足を踏み入れる。

『瓶人』。所謂、ゾンビ物なのだが、面白い設定になっている。

第21回日本ホラー小説 佳作受賞作。

2015/04/07 20:46

投稿元:ブクログ

「牛家」は不衛生で病的で狂気的で素晴らしかっただけに「瓶人」がなんかマトモ過ぎて肩透かしを食らいました、、、「牛家」のような長編を期待!

2016/03/06 13:33

投稿元:ブクログ

とあるゴミ屋敷。空いた玄関を覗くと山頂から見下ろした雲の様にゴミ袋が廊下を埋め尽くす。そしてその奥に一際大きな物体が鎮座している。男か女か人なのかも怪しい牛の様な肉の塊。導入部のこの1文に心の琴線がソクソクしたのだが…いや、確かにゴミ屋敷に於ける次に何が出てくるか分からない恐怖の疾走感は気持ち良かった。前半までは。後半は何やらSFっぽい展開となり、あらま!というオチに消化不良。危機的状況下のジョークや妙な冷静さに緊迫感が失せた。非常に面白い設定だけに後半の失速が残念。不気味さと異様さは秀逸。こういうの大好き。

2016/06/05 23:15

投稿元:ブクログ

完全なる不条理系ホラー。タイトル作の『牛家』はひたすら不気味でエグい上に、どこにもオチが見当たらない。怪異について一つも解決どころか説明もなされぬまま。なのに何度も読み直したくなる中毒性がある。登場人物を含め、最初は何てことない光景が徐々に歪んでいく恐ろしさ。幻覚と現実の境界線が消えていく様は、突然、自分の足元が抜けたような感覚に近い。「ゴミ屋敷にはなんでもある」という言葉がすべてを表している。
2作目の『瓶人』は発想的にはゴーレムかなと最初に思った。冒頭の数行は少年の日常なのに、急転直下、こちらも登場人物たちはネジが飛んでいる。言っていることも、やっていることもおかしいのに少年の語りで進むため、何だか爽やかさやお涙頂戴(のような)シーンもある。ふつうに考えてハッピーな話じゃないのに、なぜか青春小説を読んだような読後感で我ながらちょっと笑ってしまった。

11 件中 1 件~ 11 件を表示