サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

チャンスをつかむ男の服の習慣

チャンスをつかむ男の服の習慣 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

2014/12/30 09:44

投稿元:ブクログ

<目次>
第1章  ひとつ上を目指すにはライフスタイルから見直す
第2章  自分にふさわしい服を考える
第3章  ランクアップした服を選ぶ
第4章  チャンスをつかめる男は準備ができている《毎    日の習慣編》
第5章  チャンスがつかめる男は準備ができている《週    ・月単位の習慣編》
第6章  「ポスト・カジュアル」で差をつける
    ~HOW TO ビジネスカジュアル&スマート    カジュアル~
<内容>
タイトルはややオーバー。きちんとした身なりをするための最低限のルールが書かれている。著者は,パーソナルスタイリスト。内容としても突飛なことや金を使うことではなく、やや安いものを着ても見栄えのいいようにすることや「全身○○<ブランド名>」で揃えないようにしたほうがいいなど、全うなことが並ぶ。第6章のビジネスやカジュアルのコーディネート例などはとても参考になる。

2015/06/18 18:57

投稿元:ブクログ

著者が出ている映像を見た。なんか言動が鼻に付き、見ていて楽しくは無かったが、どんなもんだか本を読んでみる。
かっこ良くはなりたいが、いまいちセンスがないなと思っている私にとっては良書。著者のキャラとはギャップを感じる、基本の事を教えてくれるので、勉ようになるなと思った。

【学】
チャコールグレーのスーツに白シャツ

鏡を見ない男性は老ける

スーツ4万円くらいのものを
シャツ5,000~
靴3万円から

1万円のブラシでスーツをブラッシング(お勧めは豚、馬などの天然獣のもの)

できれば木のシューキーパーで靴を保管。雨のあとには直ぐに乾かす。

靴の手入れ
 クリーナーで拭き取る
 クリームを塗る
 全体を磨く
 防水スプレー

2016/08/06 12:37

投稿元:ブクログ

自身の方が仕事だけでなく、内面・外見を含めたパーソナルな能力・魅力であることを自覚し、習慣を身に付けることで自信となり、一流のビジネスマンの品格をまとう男になる。

自分は、日々きちんと手入れする、ということが、できていないと思いました。

2016/07/20 18:38

投稿元:ブクログ

題名が煽っている感じがあるけど、服を選ぶ時の基本の考え方が書かれていて、こういう基本を早く知っておけばよかったなと、40過ぎて思った次第。逆に、40代くらいが読む本なのかもしれない。

流行はあると思うので、バランスを考えるにしても、自分としては、こういう基本的なことを知らなかった事に気付けたのが良かった。

とりあえず、持っていないブラシとボトムのハンガーを買おうかな。

2015/06/19 11:24

投稿元:ブクログ

スタイリストの方が書かれている本で、服や靴を丁寧に扱うことで、その人の印象も変わること、シーン別に、着こなすパターンなど、いざというときに役立つ本ですね。
服が呼吸をしているというのは、少し衝撃で、ちゃんとハンガーにかける、アイロンをするなど大切に扱うことで、よい印象になるとのことなので、実践していきたい。
最近は、仕事も私服ばかりで、カジュアルすぎるので、少しちゃんとしないと!

2015/05/24 17:00

投稿元:ブクログ

学生時代に「センスねぇな」とよく言われました。幸運にもスーツは着れば似合うのですが、ますます私服センスに疎くなり、ついつい無駄な買い物もしてしまう。スーツも着慣れてしまえば気を遣わなくなり、「人はこうしておじさんになっていくのか」と危機感を感じていました。そんな時に出会った一冊。気になっていた事が簡潔明瞭に書かれており、これからの服選びに多いに役立つと思います。まずは今持っている服の整理をしなければ…。

2015/08/21 02:01

投稿元:ブクログ

自分は技術職という事もあり、お客様と直接お会いする機会も少ないのでファッションには興味がなかったのですけど、最近は他の会社の方とご一緒させて頂く事も増えたので、勉強のため読んでみました。『服装が相手にメッセージを与える』という事に今さら気づきました。やっぱりスーツは男の戦闘服なんですね(笑)

2016/10/15 21:51

投稿元:ブクログ

フォーマルな場面やカジュアルな場面での服装について、パーソナルスタイリストである著者が書いた一冊。

場面ごとの服装はもちろん、日々の手入れなどの管理方法や着合わせのパターンや自分に合った服装の考え方などについて主にQ&A方式で書かれていました。
ファッションに関してはかなり疎いので非常に勉強になる箇所があったほか、負担にならない程度の日々の手入れや着映えするスーツの配色などについて書かれていてかなり参考になりました。

お通夜やお葬式などでの服装の違いやポケットチーフの作り方などの一般常識も多く載っており、そちらも非常に勉強になりました。

服装ひとつで環境が変わる事を本書を読んで痛感するとともにやはり日々の手入れやコーディネートで相手からの印象もガラリと変わるということを肝に銘じて日々ファッションと付き合っていこうと感じた一冊でした。

2015/10/04 15:29

投稿元:ブクログ

男のファッション感覚が磨かれる。
意識のレベルから、選び方、メンテナンスの方法まで一通り学べる。基本的にはスーツスタイルが話題の中心。普段スーツが多く、カジュアルまで拡張したファッションを学ぶのに最適

2015/05/20 07:39

投稿元:ブクログ

ファッションにあまりに無頓着な自分を、少しでも変えるキッカケになればという思いで読んでみました。

・洋服で勝つには、洋服をいい状態に保つ習慣を身に付けることが大事。
→日々の習慣で、こういう意識は全くゼロだったので、出来ることから始めようと思いました。

・洋服の業界に限らず、一流のレストラン、一流のホテル、どれを体験しても良い。最高レベルのサービスを見て、実際に洋服を買おうとしているお店のレベルがどんなものかがわかれば、心の余裕につながる。
→一流をあえて体験してみるという発想は、自分のなかには殆どありませんでした。自らの守備範囲を決めつけないで、もっと背伸びするぐらいの意識が無いと成長につながらないと思いました。

・仕事以外の時間を服装も含めておろそかにしないこと。プライベート服をおろそかにするとチャンスを逃す。
→日々の習慣の積み重ねが自分をつくるのだと改めて実感しました。プライベート服の充実に関しては、課題だらけですが…。

精神論だけで無く、メンズファッションに関する基本的なセオリー、テクニックがわかりやすく書かれている良書だと思います。いずれにしても、読んだあとのこのモチベーションをいかに保ち、自分が出来ることをどれだけ継続実践できるかが勝負ですね。

10 件中 1 件~ 10 件を表示