サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録

影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

葉室氏にしては?

2015/10/22 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代小説を多く手がけ、というより、どんな時代物でも書ける葉室氏だが、数多い作品の中では「?」を付けざるをえない。新撰組に関しては、様々な作家が、様々な作品を書いており、それだけに本作の篠原泰之進がメジャーでないことが難点なのだろうか。にしても、氏ならば、もう少し工夫の仕方もあるだろう。いささか失望の一作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/18 00:10

投稿元:ブクログ

お初です。
新選組は読み手を選ぶのかな。この本は予約が少ない。
ふむふむと読み進め、最後の章でうるっときた。

2015/01/28 19:56

投稿元:ブクログ

葉室さんが新撰組を書いたらどうなるのか
好奇心が抑えられず、読んでよかった
司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」
浅田次郎さんの「壬生義士伝」、「輪違屋糸里」
そして、「一刀斎夢録」
三谷幸喜作ドラマ「新撰組!」に心酔しているわたしは
近藤勇、土方歳三のことをどうしてもヒーロー的に思っていて
伊藤甲子太郎は裏切り者?みたいな感じだったのだけど
違う方向から見る新撰組もまた真実なんだろうと思う
伊藤甲子太郎を殺した近藤勇、土方歳三を憎む篠原は
いつの間にか、新撰組らしい男になっている
最初から最後まで、何を考えているかわからないような
でも、信念があるのか鍵を握る男・斎藤一
小説を読んでいる間は、幕末から明治にかけての時代を
旅しているような気持ちで、とても面白かった

2015/05/16 12:15

投稿元:ブクログ

新撰組伊東派の篠原泰之進の物語。

目新しい事実はないものの、篠原視点なので見方が変わって面白かったです。
また、作者らしく純愛要素、人情要素も加えられていて、時代小説としても面白いです。
ただ、混同襲撃後から晩年までが端折られているため、ラストのエピソードと心情が唐突な感じがしました。

2015/06/05 00:00

投稿元:ブクログ

新聞で紹介されてて気になっていた作品

近藤をしつこくつけ狙う篠原の泥臭い話かと思ってましたが
あまり熱い感じは無く淡々と進んでいきます
伊東側の篠原目線の話なのでもう少し伊東について詳しく書かれているかと期待しましたが
ただただ近藤、土方が悪者になってる印象だけ残った(苦)

最後が無理矢理な終わらせ方で「はぁ?」と思ったけど
全編通して斎藤一の飄々とした雰囲気が好きです

2015/04/16 22:39

投稿元:ブクログ

「影踏み鬼」葉室麟◆新選組隊士・篠原泰之進の物語。御陵衛士側から見たお話は少ないので楽しみでしたが、内面的な描写は予想より少なく、やるべきことを淡々と(あまり心を動かすと生きづらい時代だった?)こなすという印象でした。追う側と追われる側がコロコロ変わる時代を表したタイトルは秀逸。

2015/11/12 22:26

投稿元:ブクログ

御陵衛士のそれも明治まで生き残った人物の小説が読みたかったので篠原泰之進が主役と興味深かった。
補正無しの近藤土方の人物像と伊東派から見た新選組と時流の流れが新鮮で面白かった。
松原、斎藤、谷と意外な絡め方で話が進み、彼の家族との話も良かったが、「あいらぶきゅぅ」は折角良いフリが効いてるのに、もっと最後に良い使い方があったんじゃないかと思う。
伊東や藤堂の改葬のシーンも欲しかった。
三木三郎、加納鷲雄、阿部十郎、服部武雄の小説も読みたい。

2017/03/19 16:46

投稿元:ブクログ

伊東派目線の新撰組を読むのは初めて(多分)だったし、「新撰組を私物化した逆賊」としての近藤、土方はやたらと憎たらしく感じ、新しい感覚で読めて面白かった。主人公である篠原のエピソードについても、フィクションとノンフィクションがバランス良く、物語としてもとても楽しめました。やっぱり葉室麟さんの書く雰囲気は大好きです。

2015/04/18 18:40

投稿元:ブクログ

新撰組モノなので興味深く読みました。新撰組のヒーロー、近藤、土方も、見方が変われば悪者なのだなぁと複雑な気持ちになりました。篠原と斎藤のやりとりも似た者という気がします。荻野という女性も葉室さんが描く女性らしい、凛とした人で好感を持ちましたが、女性と主人公の絡め方が葉室さんのパターンで少々食傷気味です。

2015/02/06 16:22

投稿元:ブクログ

【生きている限り、人は何事かをなすことができる】伊東甲子太郎を慕い新撰組に入隊、後に赤報隊に身を投じた久留米脱藩隊士・篠原泰之進。彼の眼を通じてみた新撰組の隆盛と凋落。

2015/04/14 14:13

投稿元:ブクログ

主人公の篠原泰之進は、新撰組の最盛期頃に加入した、伊東甲子太郎の一派の重要人物だったようです。

最近、急に新撰組にはまり、司馬遼太郎「新撰組血風録」「燃えよ剣」、木内昇「幕末の青嵐」と読んできて、この「影踏み鬼」を読むと、どうしても、「主人公の篠原を、かっこよく描きすぎ」な感はあります。そもそも、こんなに重要人物だったのかなあ?

なので、新撰組ものを何作か読んだ人は、一回その記憶をリセットし、新たな気持ちで読んだ方が、純粋に楽しめるかもしれません。

読後感は、結構さわやかです。現実はそんなさわやかじゃなかったと思います。さわやかさの理由は、死んでいった隊士、浪士、志士たちについて、深く感情移入するような描写が、控えめだからかも、しれません。

とにかく、主人公の篠原は、格好良く、盟友の伊東は清廉潔白な理想論者に、新撰組を牛耳る近藤、土方、沖田は恐ろしく、描かれています。ちょっと単純すぎないかな?

ただ、こういう感想を持つのは、現実に存在した人々の話だから、しかも、他にも新撰組の小説を読んだからです。そこを忘れれば、結構面白いと思います。

11 件中 1 件~ 11 件を表示