サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論

思想としてのミュージアム ものと空間のメディア論 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/12/23 01:29

投稿元:ブクログ

メディア史、メディア論的な視点からのミュージアム、博物館研究。
博物館研究として久々に面白いものを読んだ。国内文献では初めてかもしれない。
分野の違いかもしれないが、文献の引用や先行文献の評価にはかなり違和感を持った。
とはいえ、国内での博物館研究としては類例のないほど優れた研究であることは間違いがない。
著者は京都精華大学に勤めていたことがあり、同大学のまんがミュージアムに関する著作もある。そこでの経験も生かされているのだろう。

2015/03/22 09:39

投稿元:ブクログ

先生の口調が端々に出る作品だった。とっても面白かった。
とくにのめり込んでしまったのは、博物館の全体像を丁寧に追ったところ。スペクタクルと、氷河期を中心にして整理されていた本は初めて読んだので、とても参考になった。
そこからうまれてきた思想の受け継がれ方も丁寧に記述してあって、とても好感を受けた。そのあとの「美術館について」の議論をする人が少ないというのは確かにそうかもしれない。それについてばしばしと最後まで記述されている本は珍しいので、とても参考になる。
私も来館者研究をしながら、「ミュージアムについて」書けるようにしたいなと思った。一言来館者研究についても記述してあることがとても参考になった。

2017/05/12 12:51

投稿元:ブクログ

経営論からでなく認識論から見たミュージアム。西洋からの流れも汲んだ日本の博物館史の流れも掴むことができた。ポピュラー文化を取り扱う展覧会には行くけども、あまり声を大にして言いたくないという偏見を抱えていたので特に5章、エピローグで語られた内容は目からウロコだった。

3 件中 1 件~ 3 件を表示