サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価2.9

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

言葉を意識的に選択することによって、得られることとは。

2016/05/02 09:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めだかの兄弟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書のカバーに、「家よりも、もっと身近で大きな影響を受けるもの。それは、言葉。だから、言葉をないがしろにしてはならない。そう、言葉を意識的に選択し選びに抜くことによって、モノと同じように片づけることはできるはずなのです」というメッセージがあり、<言葉を片づけるとは? >と興味津々になり、本書を手に取った。

 著者は、住空間も環境整備の片づけでもなく、「モノと自分との関係を見つめ直すことによって住環境を整えていくことができるように、言葉と自分との関係を見つめ直すことによって人生を調えていくことができるのです」という。自分がどんな言葉の環境のなかに身を置いているか見つめ直すことで人生を調えることができるはずだ、と提案しているのだが、自他共に認めるおしゃべり好きな私。上手に言葉を片づけることができるのだろうか。
 目次をみると、私自身、ついつい口から出て後悔してしまう言葉ばかりである。【第1章 「めんどくさい」「つまらない」「しょうがない」私が片づけたい三つの言葉】、【第2章 「行かない」「行かれない」「行きたくない」じつは、自分をないがしろにしている言葉】、【第3章 「忙しい」「大変」「疲れた」ポジティブへの言い換えでは解決しない】、【第4章 「お金がない」「時間がない」どうせなら「ある」関係を築きたい】、【第5章 「大丈夫」「ごめんなさい」「お陰さまで」そこにある人生の記憶】、【第6章 「めんどくさいから」「つまらないから」「しょうがないから」もしかしてそれは「踏ん張り時」のサインかもしれない】。
 私が、無意識に発信している言葉の一つに、<しょうがない>がある。本書に「安易に「しょうがない」を使い言い続けると、人生の停滞の深みにはまり、自らがそこに沈んでいく。停滞とは、命のメカニズムとは真逆の世界。そう、「しょうがない」とは、自分の命から離れる言葉なのですね」と。だが、言い方を変えると「これがやりたくてしょうがない」「それをしたくてしょうがない」といった「しょうがない」は、「命を丸ごとかけてもいいくらいの意気込みなのだと思いませんか」と。ふと、口から出そうになったとき、その言葉は自分自身だけじゃなく、周囲の人の心にもダメージを与えているということを認識しなければ、と痛感。
 言葉の大切さに気づかされるメッセージのなかに、「言葉そのものに、いいエネルギーや悪いエネルギーが宿っているわけでもありません。その言葉をあやつるのも、人なのだから。意識的に意図的に使えば、言葉は私たちをサポートしてくれる頼もしい味方になるのです」とあるように、言葉を意識して使えるようになれば、私が大切にしている人たちの心の温度が上昇し、お互いに慈しむことができるはず。
 
 最後に、韓国の諺だという、「“行く言葉が優しければ、返る言葉も優しい。”」を胸に、言葉のキャッチボールを楽しみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

めんどくさいにチャンスあり。

2015/09/27 13:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛べ!ここがローストビーフだ !? - この投稿者のレビュー一覧を見る

駄本にあたってしまったとき、何とか一行でも、一言でも、輝くものはないかと探してしまうことがある。
本書もそうだ。そして見つけた。

「愚痴を好んで語る者は現状維持を好んでいる。」と著者。

なぜ「めんどくさい」話から「愚痴」の話になるのはさておき、
なるほど、愚痴を言うのはストレス解消であって問題解決ではないのだと納得。

勿論、著者は愚痴を勧めてはいないが、
著者の意図とは逆に、ストレス解消には良いと悟った一冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/02 21:29

投稿元:ブクログ

「発言や想いは人を作るから、ネガティブな言葉をやめよう!」みたいな言霊本かと思いましたが、そうではなく。例えば行きたくない旅行に誘われたときの返答として「都合つかなくて行かれません」と余計な言い訳の枕詞がつく、と作者は指摘。そりゃ礼儀としてそうでしょ。行きたくないとは言わない。(ちなみに見出しは、「行きません」とは言えない私たち)。突如このようにアサーティブが出てきたり。

2015/11/17 08:14

投稿元:ブクログ

自分で変えられる環境と変えられない環境
言葉は変えられる

めんどうくさい、は関係を断つ言葉
つまらない、は運を捨てる言葉

行けません、ではなく、行きません
言えない、ではなく、言わない

したい、ではなく、できる

忙しい、大変、疲れた、はアピールかSOSか

言葉には本来の意味以外に、気持ち、が含まれる

お金がない、ではなく、持ち合わせがない

時間がない、はそれに使う時間がない、という意味

二重否定は使わない ~しないとダメでしょう、はいわない

いつでも、大丈夫、なんとかなる、と言う

めんどうくさい、と思ったら一息入れてエネルギーをチャージする
つまらない、は突破のチャンス。納得できるゴールを探す
しょうがない、はステップアップのチャンス

2016/06/12 11:22

投稿元:ブクログ

普段使う言葉の意味をあまり深く考えたこともなかったのでなるほどなと思う一方で、筆者の書き方なのか考え方なのかが苦手でどうにか読みきった一冊。
無理とか面倒とかいうのを止める。

2016/12/06 11:44

投稿元:ブクログ

帯文:”言葉は使い方しだいでゴミにも宝にもなる!” ”口癖を見つめ直せば人生は調えていけるはず。” ”口癖は「見えない自分」を映し出す鏡!”

Contents:第1章 「めんどくさい」「つまらない」「しょうがない」私が片づけたい三つの言葉、第2章 「行かない」「行かれない」「行きたくない」じつは,自分をないがしろにしている言葉、第3章「忙しい」「大変」「疲れた」ポジティブへの言い換えでは解決しない、第4章 「お金がない」「時間がない」どうせなら『ある』関係を築きたい、第5章 「大丈夫」「ごめんなさい」「お蔭さまで」そこにある人生の記憶、第6章 「めんどくさいから」「つまらないから」「しょうがないから」もしかしてそれは『踏ん張り時』のサインかもしれない・・・etc

2016/07/06 20:06

投稿元:ブクログ

「~しないと、ダメよ」と言うことは、二重否定しているということ。
人に言うだけではなく独り言で自分に対しても使うとなると、自分への無意識な「ダメ攻撃」となる。
この言いまわしは根深く染み付いてるので、用心しないと止められない、ということが書いてあり、ハッとした。
確かによく使ってる。気を付けよう。

2015/04/02 00:24

投稿元:ブクログ

小田原で出会った。
パラパラ読みをすると、使う言葉を変えることで生活を変えていこうという内容だった。
ごもっとも、という内容。
言葉を変える、というのは実感として非常に大事だと思っているので、買うまではいかないけど、大事だと思う感覚をまた強固に持った次第。なんでもかんでも、今まではいいな!と思うととりあえず買ってきたけど、今はセーブ出来ている。良好。

2016/01/29 08:50

投稿元:ブクログ

めんどくさいという代りに手を休め一息つく。しょうがない本性がない。どうしようもないのだからやるしかない。ある種の諦観といさぎのよさがある受容にする。するべき理由とできない理由の正当性を順番に作り上げるひとり芝居をしていたら、できなくなりました。やりたくなくなったは言わなくてよい。やりたいという人に。出来っこないでもなく大丈夫できるよでもなく、それをしたいのだねという承認。振り返れるように。ありがとうございますを信じて期待せずに。結果を計らうことなしに信じる。そのままが承認欲求の大きさとうまくかみ合っているか。受容か放置か。ストレスがしょうがないかどうか。ストレスでそれをするのです。ストレスでやることはとても素晴らしい感覚的快感を与えてくれます。食べたらとてもおいしいです、買物はとても愉しいです、(子どもを怒鳴ってしまうことに対し)子供はとても可愛く思えて大切です。居直る。行く言葉がやさしければ帰る言葉もやさしい。私はあなたを受け入れ理解しようとしています。時間がないと言っている暇はある、何かに時間の浪費はある、時湯はあるが不自由なことに使う時間はない。コントロールしようとすることは暴力。してくれないのはしてほしいがあるから。しないとだめをしように。
大丈夫でも何とかなるでも楽天的な口癖をひとつ持つ。
愚痴りたくなったら、どうしたいのか問いかけて見る。
めんどくさいは一息入れる合図、踏ん張りどきの合図。つまらないは本当の欲求はどんなものかを考える合図。

2016/04/07 06:32

投稿元:ブクログ

断捨離で有名なこちらの著者の精神の断捨離的な本だったのですが、まぁ、一体何を言いたいのか全く分からず。

なんだか読んでるうちにひでこに説教されてるような気分になってくる。

なんとなく、この方の本どうにも腑に落ちない点があるなぁ、なんとなく飲み込めない気持ちになるのは、この説教口調のせいなのではなかろうか?と思い始めたわたしです。

いや、なるほどと思うこともあるんだけども、なんつーか温かみみたいのが感じられないよね。警察官のような先生のような、説教。それが一番しっくりする。なのでどうにも反発心モクモク湧きます。笑

10 件中 1 件~ 10 件を表示