サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

逆問題の考え方 結果から原因を探る数学(ブルー・バックス)

逆問題の考え方 結果から原因を探る数学 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/02/10 17:37

投稿元:ブクログ

 y=a1*x+b1
 y=a2*x+b2
という2元連立1次方程式があったとして、(x,y)が未知数、(a,b)が既知とする。(a,b)は実験などにより観測して求める値で、(a1,b1)、(a2,b2)の2つの組み合わせだけだと上の連立方程式は解けるわけ。
 しかし実験によっては(a1,b1)しか観測できなかったりする場合もあれば、逆に(a3,b3)という風に余分にデータが取れることもある。余分にデータが取れた場合、実験データが増えたんだから、その分だけ未知数が正確に求められそうなものだが、上の連立方程式は解けなくなる場合がある。これらの場合にどうやって未知数を決定するかについての方法が書いてある。
 さらに発展して、解を安定化する方法も書いてある。実験データにノイズはつきものであり、単純に未知数の真の値が得られることはまずない。(a,b)には実際上、ノイズが混入するのだが、それによって(x,y)が大きく変わるようでは信頼性は乏しい。そこでノイズの混入によって(x,y)が大きく変わらないように安定化させて現実的な解が得られるようにできる。

 という内容が第6,7章に書いてある。
 CTやMRIなども逆問題であり、未知数は物質の密度だったりする(のかな?)。ちょっとしたノイズによって血栓の有無が変わってしまっては問題なので、未知数の変動を抑える安定化の手順が必要となるといったところか。

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

「逆問題」とは、「結果から原因を推定する」数学の一分野。「恐竜絶滅の謎」「海洋循環」などの興味深い実例から、「逆問題」の考え方を解説。

2016/02/26 22:39

投稿元:ブクログ

19世紀末あたりになってようやく、結果から原因を探る逆問題の発想がでてきたのは興味深い。先人たちの発想を丁寧に説明する良書。

3 件中 1 件~ 3 件を表示