サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

魂をなくした男 下(新潮文庫)

魂をなくした男 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/01/27 18:12

投稿元:ブクログ

本作は第1部と第2部の内容の“解決篇”ということになる。が、両者の内容を詳しく知らなくても愉しむことが出来る。何故なら、惹起した事態を検討する場面が多く、その中で第1部や第2部での出来事が回顧されているからである。

2015/01/16 01:23

投稿元:ブクログ

結局,原作が途中で読み進まなくなったまま,翻訳を読んでしまった。内容に対する印象はあまり変わらないのだが,日本語だと意外にスイスイ読めてしまうのが不思議。
ロミオとジュリエットさながらの,チャーリー・マフィンとナターリアが,一体どんな結末を迎えるかに注目していた,3部作の最終話なのだが,何より不満だったのは,チャーリーがほとんど動かないこと。内容の大半を,MI5とMI6の部長同士の覇権争いに割いていて,そちらもあまり動きがなく,全編単調であることを否めない。肝心の結末もちょっと微妙な感じ。前作で違和感を感じていた部分は,やっぱり裏があったということで納得したが,違和感を感じさせてしまうこと自体,B.フリーマントル氏の作品にしては,構成が甘いように感じた。
本作がチャーリー・マフィン・シリーズの集大成かと思っていたのだが,なんとなく後に引きずるラストだったので,まだ次回作があるのかもしれない。
因みに,今年8月に新作が出版される予定になっているようだが,こちらはチャーリー・マフィン・シリーズではない模様。イスラム過激派絡みのお話らしい。

2015/03/22 18:23

投稿元:ブクログ

チャーリー・マフィン新シリーズ全6巻完結。あらすじだけ読むと面白そうだけど、実際は95%が会議での足の引っ張り合い、言質の取り合い、責任の押し付け合いだから結構キツかったです。

3 件中 1 件~ 3 件を表示