サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

全国妖怪事典(講談社学術文庫)

全国妖怪事典 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/03/28 06:51

投稿元:ブクログ

・千葉幹夫編「全国妖怪事典」(講談社学術文庫)は、 帯によれば「本邦初の本格的妖怪事典」である。谷川健一の「序」にも「本書は柳田國男以来の妖怪研究の伝統を踏まえた、本格的な、また正統的な最初の妖怪事典」(5頁)とある。意外に思ふのだが、水木しげるなどはその著作で多くの妖怪を採り上げてはゐても、それらは決して事典ではなかつた。小松和彦も妖怪のデータベースを作つてはゐても、それを事典まで発展させてはゐなかつた。だから、本書が本邦初の妖怪事典といふことになつてくるのであらう。と言つて も、本書の元版は'95年刊である。20年前にはデータベースもなかつたはずだから、蓋し、本書は本邦初といふにふさはしい偉業であつたのであらう。本書は県別、五十音順の事典である。最後に妖怪索引があるが、ここに県名はない。そして最も重要な点、本書には挿絵がない。妖怪の姿は全く本書に登場しない。 本文の説明だけでは正に隔靴掻痒の感ありである。例へばカッパと言つても、私などはステロタイプの姿しか知らないのだが、それに外れるカッパもゐるはずである。カッパは単なるカッパではなく、それこそ地方色豊かなカッパが存在するはずである。それが一切姿を見せない。読者は想像するだけである。想像力が豊かすぎて別の姿を見る可能性もある。そんなことにならぬやうに、すべてでなくとも、たとへ一部なりともその姿を載せてほしかつたと思ふ。それが事典の果たすべき役割ではないか。本邦初とはいへ、これは非常に残念な点である。
・さうして、実際に本書を見る。試みにまづは愛知県である。もちろん私の住む県だからである。他意はない。たいした妖怪はゐないであらうとの考へもあるから、是非とも確認したいのである。愛知県は中部地方の最後にある。オクリビなる妖怪から始まる。これは三河の宝飯郡の妖怪で、「火の怪。送り 火。宝飯郡一宮村八名井と江島との堺に出る怪。云々」(141頁)。「宝飯郡伝説集」によるといふ。これはイメージすると言つても送り火の怪ではなかなか うまくいかない。次はオトラギツネ、これは合戦の「流れ弾で左の目を失った。(中略)狩人に撃たれて片目片足となった。」(同前)といふ狐の妖怪であるか ら、まだイメージし易い。3番目のカタアシジョウロウは「山の怪。片脚上臈。」(同前)ださうであるから、女の妖怪であらうと見当はつく。ただし、「狩人の獲物を奪う。また山に紙緒の草履をはいていけば、必ず片方を取られるともいった。」(142頁)とあるから、名前の由来は分かるものの、私には具体的な 姿をイメージすることはほとんどできない。かういふのがかなりある。日間賀島のカワコゾウはその説明からするとカッパの異名であらうか。だとしたら海だから姿が違ふのかどうか。名古屋のカンタロウビには「二つの火が同時に出る。」(143頁)とある。所謂火の玉の如きものなのであらうか。よく分からない。 かういふ妖怪がゐるからこそ、挿絵をつけてその姿をある程度見せてほしいと思ふのである。こんなのもある。現在の東栄町本郷のザシキコゾウ、これはザシキワラシトと同じ妖怪であるらしい。例へば青森県のその項の説明とよく似た内容である。県別でなく大項目の妖怪別にでもすれば、似たものは一括りでまとめて記述されるはずであるから、かういふ時は見つけ易いし、比較し易い。県別だとそのあたりが分かりにくい。索引の工夫で同種の妖怪を見つけ易くもできようが、索引が煩雑になり、その分、引きにくくなりさうな気もする。……などと書いてゐると、結局、私は今後も本書を愛用するが、決して使ひ易い事典とは思ないのであつた。

2015/03/18 14:37

投稿元:ブクログ

妖怪を簡単な説明と共に、ひたすら場所ごとに分けて記した本。妖怪図鑑のようなものを想像していると、字ばかりで拍子抜けするかも。
ただ、記された妖怪たちにはそれぞれ出展が明記されており、さらに詳しく調べたい時には役に立つ。

2 件中 1 件~ 2 件を表示