サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

ぐつぐつ、お鍋

ぐつぐつ、お鍋 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
19 件中 1 件~ 15 件を表示

2016/11/01 12:53

投稿元:ブクログ

ほぼ全員が鍋っていいわ〜と言っているエッセイ集。獅子文六が言うように、食べ物についてなにが好き、なにがおいしいって話はあんまり意味がないですね。でもそういう話、好き。

2015/04/14 19:23

投稿元:ブクログ

おいしい文藝 鍋編。
寒ーい季節には鍋、おでん!司馬遼太郎の小鍋だての話から後、あんまり脈絡のないような話が結構あった印象。なので余計に司馬遼太郎の話がまとまっていて読みやすかったように感じた。
ぐつぐつと鍋から聞こえてくる音、湯気、出汁のいい匂い・・・幸せな気分になりますな。

2016/07/26 15:01

投稿元:ブクログ

図書館で。アンソロジーなんだけどあまりに短編すぎて豪華なようなそうでもないような。
どなたかが書いてらしたけれども確かにおでんって鍋か?
鍋は使ってるけどでもなんか違う気がする。タジンは鍋か?…懐が深いようで結構鍋の定義って家庭によって違うのかも。

発酵食品ナベはあまり食指をそそらないなぁ…
その時々によって食べてい鍋も変わるけれどもこの本を梅雨というか初夏に読んだのは失敗だったと思う。うん。暑い(笑)

2015/08/26 20:23

投稿元:ブクログ

お鍋について語る。

ふぐに水炊き、と色々出てきましたが
おでんもお鍋分類とは…。
あれは煮込み、な気がしますが、お鍋なのですか。
そこにちょっとびっくりでした。
まぁでも考えてみれば、あれもお鍋に突っ込んでます。

継承するかのように教えられていく鍋の内容に
ちょっといいな、と思いました。

2016/11/24 06:42

投稿元:ブクログ

お腹すく本。
それにしてもある年代以前は河豚に執着しすぎである。
食べて次の朝生きていたので好物になったという文に大笑いした

2015/01/26 13:11

投稿元:ブクログ

冬と言ったらお鍋、絶対。またお鍋ー? ってならないから不思議(個人的に)
このアンソロジーエッセイは好きな作家さんの作品が多く収録されてたので楽しかったです。鍋また食べたくなった。

2015/03/12 22:18

投稿元:ブクログ

20150312 短文のエッセイは文章のうまさが出る。鍋を食べたくなる話ばかりで興奮して読み終わりました。

2015/11/09 10:32

投稿元:ブクログ

ふぐ鍋と春菊が無性に食べたくなる。

「つやつや、ごはん」よりはバラエティーに富んでいるので、飽きずに読めます。

2016/02/13 11:29

投稿元:ブクログ

おいしい文藝シリーズ4作目。
この寒い季節にぴったりなお鍋アンソロジー。食べ終わったあとにうどん入れたりおじやにしたり、ひと鍋で何度も美味しい、お鍋文化最高!小泉武夫さんのぬるぬる鍋が気になる。森絵都さんのオイルフォンデュも美味しそうだな。

2016/02/11 15:51

投稿元:ブクログ

シリーズ4弾鍋編。覚えておきたいメニューあり。そういやうちも昔は鍋が一種類しかなくてつまらなかった記憶…今は好きな鍋食べるけど。

2016/03/10 20:28

投稿元:ブクログ

定番の鍋、お店の鍋など、まだまだ未知の鍋がある‼(゜゜;)最後の岸本佐和子さんの「鍋の季節」がミステリっぽくて好き♪
鍋は大好きだけど、極度の猫舌のため熱々鍋が食べられないダメな私(T-T)シメは麺類じゃなくて米希望(^^)/

2015/07/30 20:37

投稿元:ブクログ

7月30日読了。猛暑日に読むものではないとわかりつつ、図書館期限を考慮して。
鍋は手軽だが、奥が深い。

2015/04/11 23:13

投稿元:ブクログ

色んな人が書いたお鍋にまつわるエッセイが収録されています。



いつなんどきでも阿川佐和子さんの食べ物エッセイは私にとって鉄板なんですが、

今回だけは、阿川さんとは一緒に鍋を囲みたくないものだと思いました(笑)

2015/03/14 17:37

投稿元:ブクログ

食べ物系アンソロジーは好きだけど、鍋という食べ物の性質も手伝ってか(?)これはなんだか茫洋としていた。寄せ鍋以外に頻出したのは常夜鍋。私はこれをかつて向田邦子さんのエッセイで知ったけど、この鍋のファンが多いということを改めて認識した。おいしいもんね。

2015/01/13 22:15

投稿元:ブクログ

「おいしい文藝」シリーズの第四弾は鍋。今回も色々なところから鍋にまつわる37編の随筆が探され、収録されています。相変わらず期待を裏切らない面白さ。ちゃんこ、フグちり、おでん、常夜鍋・・・。あー、鍋が食べたい!笑

19 件中 1 件~ 15 件を表示