サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

2015/02/20 01:35

投稿元:ブクログ

前半にアドラー心理学のざっくりとしたまとめがあり、後半にシーン別の実践方法が書かれている。アドラー心理学に関する概要がとてもわかりやすく、また本全体もさっと読める分量なので手っ取り早くアドラー、コミュニケーション術を学びたい人にお勧め。

2015/06/09 19:26

投稿元:ブクログ

アドラー心理学の基本用語、人間関係がうまくいかない特徴、上手くいく人の法則を踏まえて、聴き方と伝わる言い方のポイントが実例中心に紹介されている。
良い例、悪い例だけでなく、それぞれのポイントのコメントが吹き出しになっていて、さくっと読めながら、背景も含めて分かりやすい。
15-134

2014/12/01 01:28

投稿元:ブクログ

「アドラー」の名を冠しているいますけど、中身は普通のコミュニケーション&話し方入門です。

正直、いま流行りのアドラーに乗っかっただけな気がします。(私自身、アドラーがなにかよくわかっていませんけど)
要は一般的なビジネスコミュニケーション(一部、恋愛も出てくるけど)の内容で、これと同じこと、というかより深いことが「無印良品の、人の育て方 」(松井忠三著)で、ほんの1項目としてでてきます。

なにより、読了するのに10分もかからない簡潔さが魅力です。
アドラーっぽい雰囲気をちょっと学びたい人にオススメ。

2015/01/03 19:37

投稿元:ブクログ

理屈というより、実践的なhow to本。理屈がわかったうえで使うのは有りだけど、表面的になぞるだけだと空回りになりそう。

2016/06/12 23:29

投稿元:ブクログ

今話題のアドラー!
アドラーの考え方は好きだけど、よくあるコミュニケーションのhow-to本だったので、残念。

2015/01/19 19:53

投稿元:ブクログ

アドラーは勇気づけの心理学
ほめるじゃなくて勇気づけ!!
横の関係からの勇気づけを徹底するっ!!!
・努力が実って僕も嬉しい
・とても助かった
・本当によかったね
・僕も応援する
・ここが頑張ってきたところですよね

ギャップを感じる劣等感は 健康で正常な努力と成長の刺激!!
味方にする(=´∀`)人(´∀`=)

2016/08/13 09:43

投稿元:ブクログ

楽天主義と楽観主義は違う点は参考になた。ただし、所謂便乗本であり、アドラーとの関連性はあまり感じらない。一般的なマニュアル本でしかない。構成的には読みやすいとは思うが、実践的かどうかは疑問。
アドラー的には納得できない事にはハッキリとNOと言い、抗議する事が重要で共感もするのだが、和と重んじる日本人向きではないかな?って気はする。

2015/06/06 19:17

投稿元:ブクログ

アドラー流の心理学本は何度か読んできた。

基本的な考え方である「勇気付け」と「目的論」をベースに、事例なども散りばめながら読みやすくまとめられている印象。

ただ本の前半が横文字表記で、後半から縦文字になるのでちょっと違和感あり。

アドラーが言いたいこと、「どうしてこうなった」と原因追求するのでなく「どうしていけば良いか」を考えること。
「勇気付け」=「困難を打破する力を自分にも他人にも与えられる」は理解できる一冊だと思う。

2015/05/29 16:34

投稿元:ブクログ

久々にアドラー心理学の本を読みました。
「嫌われる勇気」で、考え方を学び、この本で実践する、という流れです。
本に書かれていることは基本的な文章なので、実際使うときはもっと複雑だと思うので、いろいろアレンジして使いたいです。
とにかく、使って言わないと上達しない!!!
理論がわかるだけじゃダメです。
まずは、子どもに対して、使ってみます。

2015/06/27 19:12

投稿元:ブクログ

深刻に悩んでいるときは、こういうシンプルでわかりやすいHOW TO本が解決のヒントになることが多い。人の抱えている問題にずかずか踏み込まないこととか、自分の問題に踏み込んでくる相手にどのようにNOと言えばよいか、とか、相手に言いにくいことを伝えるとき、まわりくどい言い方はせず、具体的に、且つ、簡潔に伝えることなど。

2015/03/10 20:57

投稿元:ブクログ

そんな一筋縄ではいかないよなと思う部分もあったが、少しの事例だけですべてがそうかのように言うのは気を付けようとか、相手を主語にすると責めているようになるので、自分を主語にしようと思った。

2016/06/05 22:20

投稿元:ブクログ

うーん。言い方のサンプルに重きがいっていて、考え方に関する部分が薄く感じた。
アドラー心理学の部分も、きちんと読んだことがないせいか、いまいちまとまり切れてない感がありました。

2016/01/15 17:59

投稿元:ブクログ

感情的にならずに相手に気持ちを伝えるための具体的な例がたくさんあるのが面白く役に立つと思った。自分が❌の例の言い方ばかりだったので読んでためになったと思う。

2016/03/21 14:54

投稿元:ブクログ

なんかマニュアルすぎて、心を感じない。
こんな人と出会ったら、ロボットと話をしているなと感じてしまいそうな内容だったな。

14 件中 1 件~ 14 件を表示