サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

断固として進め(徳間文庫)

断固として進め みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/04/18 11:55

投稿元:ブクログ

出てくる社名は架空だが、富士フィルムがモデルなのはすぐわかる。
まさに奇跡の業態転換。フィルム屋が化粧品って誰が想像しただろう・・・

2015/06/25 23:49

投稿元:ブクログ

富士フィルムをモデルにした会社を舞台にした小説。実際の富士フィルムでもこんな感じだったのだろうか。化粧品は興味なかったけど、ちょっと気になった。それにしても、化粧って本当、大変なんだなぁ。自分が女だったら多分、ほとんどやってない。
ところで、本の説明が、『人類』の存亡をかけたエボラ出血熱との闘いが続く中、富士フィルムの薬剤が全世界から注目を浴びた』という文で始まっているものの、エボラ出血熱の治療薬についての話はなし。それもそのはず、本書は2013年に発売された本の文庫版だった。エボラ治療薬開発までの道のりかと思っていたのでちょっとがっかり。
ところで、本書には関西弁を話すキャラが二人でてくるのだけど、東京出身なのに時々関西弁を話す女性より、大阪で会社を経営している男性のほうがエセ関西弁っぽい気がした……。

2015/02/16 00:11

投稿元:ブクログ

富士フィルムの転機の物語。
今までのものにしがみついて朽ちていくか、全く新しいものに挑戦をして勝っていくか。
仕事をしていく上で時を見定める勉強になる本。

2015/08/06 01:17

投稿元:ブクログ

ノンフィクションを登場人物や企業名を変更してフィクションとして書き上げた作品
富士フィルムが化粧品事業(ヘルスケア事業)に乗り出した際の苦難やリスクを取っていくところに非常に興味を引かれた。
同じ製造業に努めるものとして、新しい分野に飛び込みリスクと取っていかなければ、今の事業のままで将来まで安泰なんてことはあり得ない。
しかし、変わろうとしない人と変わらなきゃと必死な人の差が、うまく表現されていて、同じような悩みを持つものとして、良い刺激を受ける作品だった。
特にエンジニアが製品志向ではもう駄目だ!市場志向で物事を考えていかなければと 変化し成長していく姿が同じエンジニアとして参考になった。

4 件中 1 件~ 4 件を表示