サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

うんこがへんないきもの

うんこがへんないきもの みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

2015/01/18 19:41

投稿元:ブクログ

どんな極上のミステリも、目の前の圧倒的な大自然の前では色褪せる。
とにかくすごい!何がすごいって一冊まるっとうんこについてがこれでもかと突きつけられる。
生物と切っても切れない排泄という行為がこんなにも驚異に溢れ、自然のサイクルに組み込まれ、生きとし生けるものをあらしめているとは。そして何より早川節。彼の文章なくしてはこの素晴らしき自然のアメージング・ストーリーを紡げなかっただろう。
一家に一冊。

2015/06/11 07:49

投稿元:ブクログ

ほっ と させられます
早川いくをさんの このシリーズを
手にする度に
ほっ と させられる

地球上に生きている
生き物たち
いろんなものたちが
いろんな生き方をしている
みんな
それで いいのだ

その 思想(!)が
しっかり 伝わってくるようです

いま この瞬間にも
ここに紹介された 生き物たちが
この 地球上で生きている

それを 思うだけで

ほっ と させられてしまうのです

2015/01/30 19:03

投稿元:ブクログ

ノンフィクションではないのだろうけど分類先がなかったので・・
とにかく文章が面白く一気に読ませてくれる。
ちょっとした時間つぶしには最高。
また、雑学好きにはたまらない1冊となるであろう。

2015/04/14 00:00

投稿元:ブクログ

http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?amode=11&bibid=TB10070796

2015/05/28 09:50

投稿元:ブクログ

予約時にタイトルを告げる時、
若干感じた恥じらいを、
読後は逆に恥じた。

表と裏。
双方、平等に把握しなきゃ
世の中上手く回っている仕組みがわからないまま。

きたないものに蓋をして、
きれいなものだけみていたら、
いつまでたっても
本当はつかめない。

早川氏の軽妙な語り口と、
寺西氏のリアルラブリーなイラストは
やはり最高のコンビネーションですね♪

2015/07/14 12:48

投稿元:ブクログ

おもしろかったです。
うんこはいだいだということがわかりました。
がっこうでみんなにおしえてあげたいとおもいました。

2015/01/11 13:42

投稿元:ブクログ

色々な動物や生き物の排泄物エトセトラ。うんこ色々。
出だしのハイラックスのうんこでもう引き込まれる。

滅びのうんこ、救いのうんこ、策略うんこ、食べるうんこ、武器うんこ、防御うんこ、お礼うんこ、生物ってすごい。

最初から終わりまでうんこでうんこ。
著者の筆が荒れる文章も嫌いじゃない。

2015/08/12 12:02

投稿元:ブクログ

必要に駆られて4類の本を読まねばならず手にした一冊。
軽妙な語り口で綴られていく、うんこの話。
嫌いな書き方じゃないですが、若干「ブログで書け」的な内容もあるので、其処が面白いと云える人には凄くお勧め。
うんこと云うか、フンの話なので其処までスカ●ロジストの魂を揺さぶるような描写は無いのでご安心を。
読みながら「へぇえ~」と口に出してしまう事多々。
ウチでこっそり読むよりも、
電車の中とか、オサレなカフェの窓際でカバーを付けずに読んでも良いのじゃないか。

2015/01/01 15:23

投稿元:ブクログ

『人生山あり谷ありうんこあり』は迷言である。それはさておき、夕飯前にうんこ考察本である本書を読み始めたのだが、なぜ食事前に読んでしまったのか自分でも意味がわからない。夕飯がカレーじゃなくて良かった。帯のハイラックス。可愛い顔して、うんこの仕方はえげつない。可愛い生物こそ、排泄が度肝を抜く系である。

2015/02/02 21:33

投稿元:ブクログ

ためになる一冊。これであなたもうんち博士。
うんちが繋ぐ生態系の連鎖、家にする者、武器にする者、餌にする者、移動手段にする者、香水やコーヒーの原料等様々な事例が載っており奥深い。

2015/05/10 21:18

投稿元:ブクログ

「へんないきもの三千里」は挫折したが、これは一気に読めた。人を食ったような文章は文才を感じさせるが、小説になるとなぜかダメ。エコシステムのすばらしさを見事に解説。

2017/01/30 13:08

投稿元:ブクログ

最初から最後までうんこな一冊。 この本を読むとうんこは不浄なものではない気がしてくる。実際そうなのだが、やっぱり汚い。でもうんこで世界を救えるかもしれないし、うんこで肥料ができるし、うんこが飲み物になることもある。 知らない生き物もたくさん出てくるし、知らない知識を取り入れられる。 実にためになる一冊である。うんこの知識がつく。うんもつくかも。

12 件中 1 件~ 12 件を表示