サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

ダブルギアリング 連鎖破綻(角川文庫)

ダブルギアリング 連鎖破綻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

面白かったです。

2015/11/25 12:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったという表現が正しいかどうかわかりませんが、ハゲタカ同様に楽しめました。ハゲタカより細部の表現が細かい部分があり、このあたりが姜著の効果なのかも知れません。ハゲタカファンの方にお勧めします。続編と言うか、再編の進む生保業界を描いた新作も期待します。生保のみならず損保業界・銀行業界等、各界の内部に通じる方との共著も面白いのかもしれないと勝手に思っております。どのような形になってもハゲタカの様にシリーズ化して欲しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生保業界のリアルな内幕

2015/08/29 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うじょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハゲタカ以前の真山仁と生保社員との共作。
生保会社やその業界の内幕が、2002年から2003年の経済状況とともに、とてもリアルに描かれている作品でおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生保業界を抉る

2015/11/25 16:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

破綻の危機に瀕している大手生保清和生命は
風評もふくめ、解約者がどんどん増え、
その解約金すら馬鹿にならない危険水域に。
合併先やグループの援助をあてにしているが
それもままならず、
生保業界全体の仕組みを変える政治的な
交渉も進めている。
そのような清和生命の立場を眺めながら
外資保険会社が買い叩こうと成り行きをうかがっている。

社長室次長と企画部長は同期入社。
沈みかけているこの会社を
なんとか助けようと奔走する。
その同期の二人にはこの会社に入社後
あるいは生まれ育つなかで
生命保険、清和生命との因縁があった。

企業買収や投資について書かれているところは
真山仁だなあと想像できる。
二人の生い立ちや清和生命入社後の事件の
描き方は真山調ではない・・・気がする。

またしても経済小説を読む資質というか
知識がないために読み違えているのではと
不安が残る。それはそれとして
経済小説って面白い!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/21 19:50

投稿元:ブクログ

本屋で何気なく手に取りました。
新入社員として大手生命保険に入社、転職で中堅生命保険へ。そこで破綻、外資系に会社が買われ転籍。妊娠・出産で退職したものの、子供の成長に合わせて派遣社員として現在も損保系生保で働く私。結果10年以上日本の生命保険会社を、社員として中から見てきました。
冒頭の切迫感から、当時のことがよみがえってきます。
そんなことが裏で行われているとは知らず、お客様の解約の電話でテレビを点け、会社の破綻を知った私達平社員達。
小説上の生保会社のモデルがどの生保かわかりませんが、じっくり読もうと思います。

2015/01/11 12:23

投稿元:ブクログ

今更ながらバブル時代というのは、?な事がまかり通っていたのだなと思いつつ、自己の資産が削られても何も言わない日本人は、与えられた環境でおとなしく生きている「ペット」、あるいは身を削っても寄り添うように「村」を存続させる事を選ぶ「環境適合指向」生物なのかどちらなのかな・・・・と考えてしまった。
ただ、バブル時代に日本のルールを散々小馬鹿にしていた米国人の【多く】もリーマンショックを味わったとは思うが。ただ、それすらも生き餌にして富を積み増した人間もいるのだろうな~、と「グリード」を読んで思ったりもした。

2016/01/19 12:02

投稿元:ブクログ

破綻の危機を迎えた生命保険会社を舞台にした物語。
主人公である各務の自分の会社へのコミットがカッコ良い!
特に、最後の覚悟はthe男の生き様という感じで感動。

2015/01/05 23:14

投稿元:ブクログ

真山仁の隠れデビュー作。破綻の危機に瀕した大手生命保険の生き残りをかけ、各務・中根といった中堅職員達が走り廻る。彼らは冷静で優秀なエリートでありながら、それぞれの人生にそれぞれの背景を持ち、清和生命という会社に強い拘りを持って、働いている。その姿は熱い。
ストーリー構成は真山仁らしく、キャラクターの特徴、人間味を上手く描きながらテンポよく展開していき、切れがいい。社長の高村の、経営者としての腰を据えた姿勢が印象的。

真山仁持ち味の「引き込む」文章はこの頃から抜群。だが、最後の結末への展開が余りにあっさりで、せっかくの盛り上がりが今ひとつ昇華しきれない印象。ということで☆3つ。

2015/06/14 19:50

投稿元:ブクログ

破たん危機の生保会社の話
凄く面白い。読み始めると止まらなくなる。
通勤の時に読み始めると駅を乗り過ごしそうだったので、時間を気にしない時にしか読めなかったけど、続きが気になるので、寝る前に読み耽った。
主人公たちの情熱が、会社を守るという愛社精神の発露というよりも、社会への責任を重んじてのものだったのが良いね。

2015/12/07 01:27

投稿元:ブクログ

ハゲタカ前の真山作品。
どうしても、ハゲタカと比べてしまうと、登場人物のキャラクター(大事な脇役たちの印象が特に)が薄く感じてしまう。金融機関を扱うストーリー展開は面白かっただけに、どうにも残念でした。

2015/01/11 21:03

投稿元:ブクログ

話の舞台となる2002年頃は自身が就職した年であるため、当時を思い出しながら読み進めた。
実感としては恐ろしく景気が悪かった事で、自分と直接関係無かったものの、多くの金融機関が大変な苦労をしていたことを知った点で勉強にもなった。

2015/05/10 16:40

投稿元:ブクログ

破錠寸前になりながらも、辛うじて生きながらえている、生命保険会社。顧客からの凄まじい解約。経営統合の白紙撤回など、生き残りに奔走するが、金融庁もこの生保が潰れると、銀行までもが潰れかねないと考えていた。
ダブルギアリンク、バブルが弾けた後の銀行、生保の合併は凄まじいものであった。当時を振り返って読み始めたらなかなか面白かった。最後は割とあっさりと合併進んでしまったので、イマイチではあった。

2016/03/09 19:17

投稿元:ブクログ

生命保険会社のはなし。
自分は何のためにこの仕事をしているのか?
その中で、自分の存在意義とは何か?
そのことを つねに念頭に置いて行動する二人の主人公。

『各務』は、なぜ生命保険会社に入ったのか?
それは、復讐という言葉に近いのかもしれない。
『竜崎』をつぶしたいと思う。
獅子身中の虫とならんとす。
そうであるが故に 生保とはどうあるべきかを
徹底して考えることとなる。

『中根』は、ラクビーのリーダーだった。
そして、生保の中で 『人々が幸福になる』ということを
つねに考える。

一方で 生命保険会社の存立基盤。
事業としてのミッションとはなにか?

竜崎は ジェントルマンとしての生保を
大きく 変えて行く。
政治とのつながり。危ない業務。
そして、各務との関係

そのなかで、高村は 社長として
ジェントルマンになりつつも 清濁呑み込む勇気がある。

ペットでかわれたものが、
ジャングルでは闘えない という言葉は確かに。
日本って やはり甘いのだ。

ダブルギアリングによって、
生保と銀行のなれ合い。
そのことで、ハゲタカファンドは、じつに
狙いが 丸ごとなのだ。
生保がこけて、銀行がこけることで
外資が 確保できる。

各務は じつに 義理人情のおとこである。
浪花節なのだ。

2015/01/25 01:13

投稿元:ブクログ

真山仁幻のデビュー作。バブルが始まりだした1980年代から不景気のピークだった2003年頃までの壮絶な世の中の流れと生保業界。今まで知らなかった事がわかり、ファンドの強かさやどの業界でもある黒い動きが最高に勉強になる一冊。

2015/09/09 14:14

投稿元:ブクログ

真山さん、昔からブレてない。ハゲタカを読んでいるようなワクワクでした。生保の世界って馴染みがないけれど、主要人物のキャラが魅力的だし文章も分かりやすく、楽しめました。

2015/01/22 20:06

投稿元:ブクログ

真山仁幻のデビュー作。
紳士的だったのが1人の独裁者によりズタズタになった生保が舞台ということもあり、会長以外の悪役がいないのであまりフラストレーションがたまらない。各務にしても、もっと極端な方が物語としては面白かったような。
全体的に、生保OBと組んだがゆえの事実からの跳躍に制約を加えられているような。
そのような制約がありつつも、中盤までは強く引き込まれたのはさすが。

17 件中 1 件~ 15 件を表示