サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

【HB】~書籍によるビジネス講義~「日本橋ビジネススクール」xhontoブックツリー:ポイント5倍キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

信長死すべし(角川文庫)

信長死すべし みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.9

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

納得の力作

2015/11/10 13:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

本能寺モノが大好きでよく読みます。中でも光秀がいかにして大逆の罪に落ちて行ったか、強引な理由づけなく、なるほどと納得できる作品でした。これほどの力量を持った作者の早世が惜しまれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすいです

2015/10/02 01:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史小説としてはすっきりした文章で読みやすく、
登場人物それぞれの視点から書かれた心理戦が面白かったです。
ただ、章ごとに違う人物の視点で書かれているので
最初は誰が誰だかこんがらがってしまいました。
もう一回読みなおそうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすさ◎

2015/08/30 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ファンクス - この投稿者のレビュー一覧を見る

「本能寺の変の黒幕が天皇・朝廷である」との内容には、正直目新しさはありませんが、著者得意の読みやすい文章で書かれており、なかなかの良作だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

平凡な「本能寺の変」の真実

2015/08/31 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つねどん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本史のなぞとしてよく取り上げられるテーマである「本能寺の変」でなぜ明智光秀が謀反を起こしたか・・・を題材にした歴史小説です。著者の山本兼一さんの作品で、以前読んだ「利休にたずねよ」が非常に良かったので、本作も期待して読んでみましたが、ちょっと期待はずれでした。明智光秀の謀反の原因は、最近、いろいろな説がでていますが、本作も、その中のよく言われている「説」と同様で、あまり目新しさがありません。さらに、「利休にたずねよ」のような、登場人物の心理描写や茶室などの情景描写の”引き込まれる”ものもなく、読後感は物足りなかったです。「本能寺の変」の知識があまりなければ、それなりに興味を持って読めるのかもしれませんが、「利休にたずねよ」の印象が強かっただけに、残念でした。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/31 22:59

投稿元:ブクログ

この私がこれを読んだ。
ある意味、自画自賛。
殿が殺される話ということが分かっている前提の本を読むなんて?!

何が起こった?!>じぶん!

えぇと、読みました。

『火天の城』 を書いた筆者ですからね。これは良かったからね。(これも最後は殿の死で終わるんだけどさ……)

興味があったので読んでみました。


率直な意見としては、

内裏が黒幕だったとしても、サルは絡んでいると思うんだよ? (なのにサルが登場しないって?!)

でしょうか。

あ、狸も黒かったです。
でも、狸は事を起こす度胸を持ち合わせていなかった。ここの狸は長男を切腹させられたことを根に持ってる狸だった。

金柑も謀反を起こす度胸はなかったんだけど、内裏に唆されてはね……。
と、言うところ。

ここの殿は傲岸不遜を極めてる。
すごい悪役に徹してる。
もうちょっと優しくても良かったんじゃない? と思わないでもないけれど、この話にはそうじゃなくちゃいけなかったかもね。

まぁ、それなりにおもしろかったですよ。
内裏に注目しているところが。
当時の内裏ってこんなカンジだったのかなぁ? と思わないでもなく。


最近、なんだか、『これを待ってたんだぁ!』と言える本、読んでないな……。

2015/01/07 11:46

投稿元:ブクログ

全1巻。
本能寺の変の真相。

いいね。
すごくいい。
なんで逝っちゃったの山本先生。

朝廷黒幕説を採用した本能寺の変。
で、
群像劇。
これがすごくいい。
帝や公家、信長や光秀などそれぞれの思惑が錯綜し、
緊張感が持続して目が離せない。
朝廷が信長討伐を決意する経緯や
信長の国家観にも説得力あるし、結構新鮮。

惜しむらくは本能寺後の扱い。
ここはもっと薄くて良かったんじゃないかと思った。
少ない枚数で明智が討たれるまでを扱ってるので、
駆け足の状況説明になっちゃってる。
明智と朝廷のやり取りも前半に比べると説得力が弱い。
物語は明智の絶望で終わって
数行で事後を説明くらいでも良かったんではと思った。

とはいえ、
間違いなく読む価値のある一冊。
おもしろい。

2015/01/02 05:15

投稿元:ブクログ

思い悩む帝の章から始まり、多くの視点人物による濃密な各章が積み上げられながら、“事件”に至るまでが描かれるというスタイル…非常に好きなスタイルだ…

何か「渋い!!」という感じで、少し夢中になれる作品だ…

2015/03/21 23:21

投稿元:ブクログ

いろんな説がある本能寺の変であるが、数々の出来事を上手く繋げて結論付けた(そこにもっていった)内容である

2015/05/03 10:20

投稿元:ブクログ

「本能寺の変○○(読めばすぐ分けるけどあえて伏せます)黒幕説」を元にした時代小説。帯には「『利休にたずねよ』を軽々と超えて見せた。」とあるけれど、読んでみてあまり響かなかった。
「黒幕説」に対して懐疑的なこともあるけれど、それ以上に、信長や光秀をはじめとする登場人物たちの描かれ方が平板すぎて感情移入しにくいし、「この説こそ本当かも」と思わせられるだけの迫力を感じなかった。これまで書かれつくしてきた感もある「本能寺の変」に挑戦したくなるのは、時代小説家としての性かもしれないけれど、もっと大胆に斬り込んでほしかったと思う。

2015/04/02 09:09

投稿元:ブクログ

山本兼一氏の作品はやっぱり面白い。
この人の作品他にも色々あるけど、とにかく面白いとしか言えないくらいに面白い。
で、信長死すべし。
いろんな人の人間模様というか、一人一人のその時々の
心境とか行動が、本能寺の変までの変化が人物別に
尚且つ時系列の様な感じで描かれているような。
こんな書き方があったのか、と。
驚きもあり、読みやすさといったら。
朝廷vs武士なんだけれども、みんな腹黒過ぎる!とか
最後のえー!?っていう驚きとか。
信長という絶対的覇者であり、絶対的存在を如何にして討つのか。
これを読みつつ、違う本能寺の変に関わる小説を読むと
またより一層楽しめます。

2015/08/23 19:59

投稿元:ブクログ

『利休にたずねよ』で直木賞を受賞した、山本兼一。
戦国時代を題材に職人の活躍を描いたシリーズなど、興味深い作品を発表している歴史作家さんです。
この作品は、その山本兼一が「本能寺の変」を題材に描いた、長編小説。
明智光秀ははぜ、自らの主君である織田信長に刃を向けたのか。
本能寺への襲撃を終えた後、なぜ、明智光秀が織田家の後継となることができなかったのか。
繰り返し繰り返し研究や作品の題材になってきた、日本史上の「最大の謎」について、提唱されている一つの説の立場に基づいて、物語を展開させていきます。
その意味では最初から、謎解きの答えを提示しているのですが、関係する人物10人の視点で交互に描いていくことにより、それぞれがどのような思惑を持った結果、本能寺の変が起こったのかがみずみずしく描かれています。
特に強調されているのが、古代から続く日本という国のしくみと、それを破壊していこうとする信長との対比。
複数ある仮説の一つであるとは理解していますが、このような視点で考えると、当時の各勢力の動きというのが、読み解けていけるのだなあと、感じました。
残念ながら2014年に他界してしまった作家さんですが、これから文庫化される作品もあるようなので、チェックして読んでいきたいと思います。

2015/04/22 11:48

投稿元:ブクログ

本能寺の変に至るまでの約一か月間を、当事者たちの視点から章ごとに描かれた作品。有名な歴史の出来事だけにとうに結末も基本的な流れも知っているが、退屈せずに読ませるところは作者のすごさかもしれない。人それぞれの正義があり、信念があるのだと感じた。

2015/10/16 01:02

投稿元:ブクログ

山本兼一さんが本能寺の変について書いた本です。

本能寺の変については諸説ある中、この本ではいわゆる朝廷陰謀説となっています。
が、正親町天皇の関わり方がちょっと他と違います。

ただ、朝廷のやり口がうまければうまいほど、名将である明智光秀がアホに見えてくるのでそのバランスが難しいなと思いました。

↓ ブログも書いています。
http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-a879.html

2015/01/12 22:04

投稿元:ブクログ

これまでに何度となく本能寺の変に関する本は読んできたので、もういいんじゃないかと思っていましたが、作者が「利休にたずねよ」「火天の城」の山本兼一であり、しかも昨年秋か冬に亡くなったということも知っていたので、読んでみました。

長い戦国時代を統一した信長については、その強烈な個性により、多くの人物が「信長死すべし」と願っていたでしょうが、その中でなぜ忠誠心厚く、信長に最も信頼されていた光秀が討ったのか、その動機については諸説あり、ここでは正親町帝(おうぎまちてい)の陰謀説に則った話でした。

つまり、この日の本の国を支配しているのは帝であり、朝廷である。しかるに、信長はその帝からの官位を全く受けず、朝廷の意を組まぬばかりか、自らが神となってこの国を統治せんとしている。しかも日ごろの言動を聞いていると、いずれ朝廷を亡きものにしようと企てているのは明白。誰ぞ帝に替わって成敗せよ!。

という正親町帝の勅を光秀が拝受し、皇軍として信長を討つという話です。

しかしもちろん、光秀が皇軍であったという史実は見つかっておらず、その矛盾を作者の山本兼一は、朝廷側の巧みな光秀説得で、「皇軍」であることを直接言葉にせず、されど皇軍と思わせる工作を行い、見事光秀をその気にさせた、という話で纏めています。

その朝廷の工作が、あの有名な「ときは今、天(雨)が下しる 五月哉」の句で、これは一般的には光秀が本能寺の変の前に詠った連歌の初句とされていますが、これが帝からの勅であったという話になっておりました(光秀の一族である土岐氏が今から、天下を治めよ、との意味)

帝の勅を受けたと確信した光秀は、見事本能寺で信長を討伐しますが、ご存じのように信長の亡骸が見つからない。物的証拠がないため、万が一信長が逃げ延びた場合のことを恐れた朝廷は、光秀と約束していた「征夷大将軍」の官位を与えることをしなかったばかりか、「勅など出していない」と光秀を突き放すことに。

このへんの光秀と朝廷とのやり取りは、朝廷のおとぼけぶりが見事で、「朝廷には鵺がいる。いずれ成敗せねばならん」と言っていた信長が正しかった、と泣く光秀が誠に哀れであります。結局皇軍とは認められなかった光秀の元には、誰も援軍として馳せ参じることもなく、中国大返しで帰ってきた秀吉軍に、あっけなく敗れて散っていきます。

登場人物としては、正親町帝、明智光秀を始め、徳川家康、近衛前久(これが光秀説得の首謀者)、吉田兼和(これが朝廷おとぼけ役)、里村招巴(これが帝からの連歌を光秀に渡す)等が登場し、帝の信長への怒りや、家康の信長への恨みや、前久の光秀へのドキドキ説得工作や、主君を裏切る光秀の心境、朝廷に裏切られた光秀の心境など、見事に描かれていて、読み応え充分。本能寺の変を知り尽くしている人にもお勧めできる内容でした。

14 件中 1 件~ 14 件を表示