サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

放浪の聖画家ピロスマニ(集英社新書)

放浪の聖画家ピロスマニ みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/03/25 16:43

投稿元:ブクログ

読書録「放浪の聖画家ピロスマニ」5

著者 はらだたけひで
出版 集英社

p51より引用
“ピロスマニはたったひとつの行為、絵を描
くために生きたのだ。絵を描くためになら、
どんなに辛い仕事も断ることはなかった。
「卑しい仕事を避けて、どうして崇高な仕事
に近付くことができるのか」と語っていたと
いう。”

目次から抜粋引用
“比類なきグルジア
 街がギャラリー
 ピロスマニとイコン
 多様な信仰の世界
 永遠なるグルジア”

 絵本作家である著者による、数多くの作品
を書いたと言われる「ニコ・ピロスマニ」の
作品と生涯を紹介する一冊。
 彼の母国グルジアについてから個々の絵の
解説まで、著者のピロスマニへの思いの丈が
伝わってきます。

 上記の引用は、ピロスマニの生い立ちにつ
いて書かれた章での一節。
面倒事を面倒くさいからといって避けてばか
りいては、いつまでも変わらないのかも知れ
ませんね。
 かのピカソが、「私の絵をグルジアに飾る
必要はない。なぜならピロスマニがいるから
だ」と言ったとのこと。天才は天才を評価し
ていたのですね。
 どの作品を見ても、じんわりとにじみ出る
味わいがあるものばかりです。

ーーーーー

2015/03/02 04:13

投稿元:ブクログ

「私の絵をグルジアに飾る必要はない。なぜならピロスマニがいるからだ」ピカソの激賞を受けたピロスマニは生涯に1000点以上の作品を描いたと言われている。現存確認は217点。素朴な筆致は複製を作りやすいこともあって贋作が多い。豊かな土地と変化に富んだ山河をもつグルジアは、長い年月ずっと周辺の国々から侵略され続け戦火に曝され続けた。隙を見せればいつでも攻め込まれる危険は、グルジアの人々に生命を賭けて自分たちの文化、宗教、風習を守る気風を育てた。そんな中で生きたピロスマニの描く人物画は、優しさに加え、母の胎内を思わせる夢見るような温もりを感じさせる。焚き火をともに囲むような人物への限りない親しみが伝わってくる。描かれた人物の瞳は純朴で黒く深い。瞳はどれも曇りなく真っ直ぐで人懐っこい。彼の人柄が表れている。

2015/12/24 10:25

投稿元:ブクログ

ジョージア(旧グルジア)の画家ニコ・ピロスマニの生涯と作品の紹介、解説。加藤登紀子が歌ってヒットした「百万本のバラ」で歌われている画家はピロスマニであることを本書によって初めて知った。また、画家が女優に恋をしてたくさんのバラを贈ったという歌詞の内容も実際のエピソードに基づいた内容とのこと。
ピロスマニの絵の特徴は黒いキャンバスに描かれた素朴な絵であること。個人的には鹿、馬、豚、熊等の動物を描いた絵が好き。
ピロスマニについての映画も制作されていて、岩波ホールで何度目かの再上映をやっていたようだが、観れなくて残念。

2015/05/27 13:19

投稿元:ブクログ

図版も多く、代表作が一通り紹介されており、この画家を知るには最適。以前ロシア系絵画展で初めて見て、ナイーブアート的作風が気になってポストカードも買ったのが出会いだ。その後、行きたい国(文字通り旅行先として)にグルジアが浮上してから、画家がグルジアのニコ・ピロスマニだと知った。グルジアの国民的画家でピカソも評価していたのか。どの作品からも一貫して土着のグルジアの風景風土が伝わってきて、彼の絵を見るのも旅の目的となっている。
実際、ピロスマニを見にグルジアに行きたい/行ったという人は、作者以外にあまりいないだろうけれど。ただこの本では、作者のピロスマニ愛が溢れすぎていてちょっとうっとおしい。

追記:今年のGWにジョージア(旅行直前に呼び名も変更)に行き、この本に掲載の作品の多くを見てきた。大満足。

4 件中 1 件~ 4 件を表示