サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 複合捜査
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

複合捜査(集英社文庫)

複合捜査 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.6

評価内訳

26 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

2015/01/04 17:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大磯 今井 - この投稿者のレビュー一覧を見る

スラスラ読めて、登場する一人ひとりのキャラクターが面白い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しめた

2015/02/22 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シロー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み応えありました。
若林さんが少しずつ変わっていくのが
よかった。
今回は埼玉編。他の登場人物の作品が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

複合捜査

2016/01/19 10:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わってからきずきました。「検証捜査」と兄弟編であることを、慌てて「検証捜査」を斜め読みしなるほどと思いました。堂場作品はこのようなつながりを発見するのも大いに楽しみですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サラリーマンにも

2015/10/27 01:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察小説の旗手として、はずれのない書き手。青春武士道ものも好きだが、やはり、警察小説が真骨頂だろう。ただし本作は、警察という枠を離れ、サラリーマン小説として楽しめた。ある意味、氏の新境地か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し期待外れかも

2016/02/07 14:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガンダム - この投稿者のレビュー一覧を見る

「検証捜査」の続編ということで期待して読んでみたが、さほど緊迫感やも
なく、すこし期待外れ的で、あまりお勧めは出来ないといったところ。
次回に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで・・。

2015/01/27 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuko - この投稿者のレビュー一覧を見る

強気で捜査に臨む主人公。
現場では俺が中心だと、突っ走る。
過去の部下との因縁が数々の事件の根幹に・・・。

犯人との最後の対峙にさえ、取り乱さなかった彼。
それでも家族のもとへひた走った姿がうれしかった。

他のシリーズのメンバーが出てきていて、
さらなる展開があるのかと期待させる。
桜内さんの活躍も楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/05 22:39

投稿元:ブクログ

なんか最後まで主人公に感情移入出来そうで出来なかった。もうちょっと部下とか信じてくれると感情移入しやすいよな。しかも妻子まで適当にあしらってるから、主人公としての魅力が低すぎるんだよね。展開はなかなか面白かったよ。

2016/08/17 15:39

投稿元:ブクログ

「検証捜査」の兄弟編と言う触書に、「兄弟編ってどういうことだろう?」と思いながら、読むと、主人公は確かに違うのだが、「検証捜査」の人物がサブの立ち位置で登場する。前回の舞台は神奈川県警だったが、今回は埼玉県警が舞台。さいたま市内の治安の悪さを取り締まるために、試験的に発足された「NUSE(夜間緊急警備班)」の話。実在しない組織を考えてしまうところは、すごいと思うけど、この「NUSE」の班長が前作の主人公・神谷を上回る自分勝手さに1作目以上にイライラした。

2016/03/25 09:55

投稿元:ブクログ

3章からなる第2章のタイトルが「迷走」とあるように、事件の方向性がなかなかわからない。こうなのかな、というのは見えていても、いっこうにそちらに向かって進まない、堂場作品にしてはなかなか一気に駆けていく感のない作品でした。犯罪パターンとしては奥が深いとは思ったけど。主人公の性格がイラっとさせられる人で、年齢的には年下だけど、「こういう上司だったらヤダな」という人で(^^; (もちろんそれがウリなんだけどね)

2015/07/05 18:19

投稿元:ブクログ

警察小説。埼玉県警が試験的に発足させた夜間緊急警備班通称NESU。主人公は班長の若林警部。舞台は浦和大宮そして蓮田、戸田橋なども出てきてとても親近感のある設定。物語は事件云々より若林の勤務態度、部下との接し方、犯罪に対する想いや家族など…。前半我慢すれば後半はサクサク。

2015/07/17 00:36

投稿元:ブクログ

主人公が猛烈仕事人間で部下にも同じレベルを要求する。要求された方はたまらんですよ。しかし警官だからな~。警官と消防士と新聞記者は結婚してはいけないんだとか。家族との時間より公共の治安や安全を優先するんだとか。わかるけど同じ人間だし~。

2015/05/08 08:32

投稿元:ブクログ

「検証捜査」兄弟編ということで脇役として何人かが登場。主人公は仕事中毒の理想的な?警察官。
性悪な人間が金を持っているとろくな事はない,ということ。

2015/03/22 11:11

投稿元:ブクログ

こちらは、マイクル・Z・リューインのリーロイ・パウダーのシリーズをよりアグレッシブにした感じ。まずまず。

2015/02/22 00:28

投稿元:ブクログ

他の方も書かれてたけど、前半はがまん、がまん。でも、後半はがまんした甲斐はあったねえ~ ほんま若林さん、理解できたかどうかは分からんけど、ええキャラやったわ ^_^

2016/01/10 16:23

投稿元:ブクログ

#読了。
部下の不始末により一線を外された、埼玉県警の若林を班長に、夜間緊急警備班(NESU)が発足。夜間におきた事件の初動捜査が目的だったが、若林は独自に犯人を追いつめる。
「検証捜査」の兄弟編とあったが、それらのメンバーとのリンクの方が楽しめた。いっそ、ダイ・ハードのように家族間のことを大きく扱ってもよかったような。

26 件中 1 件~ 15 件を表示