サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

京へ上った鍋奉行(集英社文庫)

京へ上った鍋奉行 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

奉行は相変わらずでした

2015/03/28 18:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hana - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズを愛読しています。本作が出るのを待ちきれず、何度も検索してはがっかりしていたので、やっと出たーと思って慌てて購入しました。奉行は相変わらずの活躍ぶり(?)で、食が第一、仕事は・・・と一本筋が通ってます。だらしなくて怠け者、食べることだけ一生懸命、人間の欲だけで出来てるようなオッさんですが、天は人の上に人を作らず的な公平な人間感に惚れてしまってます。今回は設定が大きくなり過ぎてたのに違和感がありましたが、楽しんで読む分には十分満足できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/06 18:33

投稿元:ブクログ

+++
大坂の町に、将軍家治のご落胤「天六坊」なる者が現れた。すわ天下を揺るがす一大事!のはずが、こんな時でも大食漢の西町奉行・大邉久右衛門の頭の中は美食の探究一辺倒。貧乏飯屋「業突屋」のトキ婆さんからもらったハゼを天ぷらにしたのだが、どうにも口に合わない。実は大坂と江戸の天ぷらには大きな違いがあって…(「ご落胤波乱盤上」)。他、型破り奉行が大活躍の2編を収録。シリーズ第4弾。
+++

相変わらずの久右衛門である。たらふく食べては次の食事時まで寝ていることもよくあることで、周りも困りながらもそんなものだと心得ている風である。だが今回も、その食通ぶりがものを言って、事を解決してしまうのである。それが久右衛門の思慮深さによるものなのか、はたまた偶然の運によるものなのかは神のみぞ知る、である。とはいえ、ただ食べて寝ているだけではない懐の深さと人を見る目を披露した今作である。勇太郎と小糸の恋物語の進展は、今回も足踏み状態。何とももどかしいことである。次はどんなおいしいものが出てくるか愉しみなシリーズである。

2015/02/06 14:47

投稿元:ブクログ

名物奉行・大鍋食う衛門シリーズ第4弾。
シリーズが進む毎に奉行の食い意地が増加している気がする。それが本シリーズの売りではあるのだが、食い意地の底にあるキラリとしたものがどうも感じられず、周りの登場人物たちがなぜ寛容と接しているのかわからない。

勇太郎と小糸の恋模様はもう少し時間がかかりそう。イライラしながらも、今後の展開は楽しみ。

2014/12/27 15:25

投稿元:ブクログ

内容紹介
突如現れたご落胤・天六坊。本物や否や? そんな世間の騒ぎをよそに名物奉行・大鍋食う衛門は、業突屋のトキ婆さんが持ってきたハゼをどう食うか頭を悩ませ……。シリーズ第4弾。(解説/桂九雀)


内容(「BOOK」データベースより)
大坂の町に、将軍家治のご落胤「天六坊」なる者が現れた。すわ天下を揺るがす一大事!のはずが、こんな時でも大食漢の西町奉行・大邉久右衛門の頭の中は美食の探究一辺倒。貧乏飯屋「業突屋」のトキ婆さんからもらったハゼを天ぷらにしたのだが、どうにも口に合わない。実は大坂と江戸の天ぷらには大きな違いがあって…(「ご落胤波乱盤上」)。他、型破り奉行が大活躍の2編を収録。シリーズ第4弾。

2015/07/03 09:02

投稿元:ブクログ

シリーズ第四弾
初めて読む、途中からでも関係なく読めるが
三話構成の中味は本当に適当
天一坊?絡み、天皇との対立と裏に隠された握り寿司秘話?
ここまで抵当なのも珍しいか

2015/11/18 05:06

投稿元:ブクログ

御落胤波瀾盤上
浮瀬騒動
京へ上った鍋奉行
判平、シマジ、小六といった新たな脇役が良い味を出していた。再登場を望む。

2015/04/06 14:37

投稿元:ブクログ

「ご落胤波乱盤上」天ぷらが何故和食の代表料理になったのかがよくわかる一編。菜種油とご落胤と将棋の三題噺。「浮瀬騒動」主役の食材や料理がないのは珍しい。強いて言うならお酒かな。「京へ上った鍋奉行」お寿司が何故和食の代表料理になったのかがよくわかる一編。船の場面が楽しい。桂九雀のあとがきが微笑ましい。お芝居も機会があれば見てみたい。

2015/02/01 16:54

投稿元:ブクログ

今回は、お奉行サマ、ちょっとおとなしめ?(笑)
スゑお母様の活躍がよかった~。
小糸ちゃん、よくやった!
パパさんも、娘のことを本当に考えているのがいい。
さて、2人の関係、次こそ進展する?(笑)

2015/03/13 15:08

投稿元:ブクログ

今回いつもの扇子の出番が若干少なくて寂しい(・ω・`)それにしても、そんな大事なのにお奉行でいいの!?とか思ってしまう…♪キレ者だけど掴み所がないお奉行にヤキモキ。大体夜中に烏が矢を射ろうとも小石を投げようとも起きないってどんなけ危機感ゼロ?と笑ってしまいます。すゑさん綾音さんは大酒豪。恋愛は小糸さんの巻。どうなんだろう、この巻だけでいくと勇太郎は小糸…なのか…な?大阪の油事情に天ぷら事情。有名人を宣伝に使うあたり、どこか現代にも通じる悪どさ。今回も楽しめました♪

9 件中 1 件~ 9 件を表示