サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

hontoレビュー

高い窓

高い窓 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

ハードボイルドでありながら、読者に手がかりを残す、正統的なミステリの手法を重視した村上版フィリップ・マーロウ第五作目。

2015/01/07 18:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abraxas - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハチドリが謳い、揚羽蝶が紫陽花に眠る夏のパサデナ。マーロウが依頼主の豪邸を訪ねると、裕福な未亡人エリザベス・マードックは義理の娘の行方を捜せという。失踪の陰にはブラッシャー・ダブルーンという稀少な金貨の盗難が絡んでいた。息子は溺愛しているが、他人に傲岸不遜な夫人に好感は持てないものの、息子に好意を寄せる秘書の不幸そうな様子が気になった。仕事にかかった探偵を待ち受けていたのは、またもや複数の死体だった。

一人は落ち合うはずのアパートで頭を撃ち抜かれ、もう一人は店で死んでいた。探偵が動き出すと死人が出るのは、捜査によって何かが明るみに出るのを嫌がる人物がいることを示す。怪しいのは、失踪した妻の友人の夫か。それとも夫の留守に現われる愛人の方か。その愛人が落とした歯科技工士の請求書が意味する物は何か。やたら煙草を吸いたがる男たちの落とす灰や吸殻、燃え残った燐寸の軸は事件を解決する糸口に結びつくのか。ハードボイルドでありながら、読者に犯人を見つけるための手がかりを残す、正統的なミステリの手法を重視した論理的な展開を見せる。

マーロウが口にする気の利いた科白は相変わらず。さらに見るべきは、老刑事の葉巻を扱う儀式めいた手順に潜む真の恐ろしさ。エレベーター番の老人の思いもかけぬ人間観察力。客の罵声に見事に耐えた若いバーテンダーがつい見せてしまう素顔。金貨の保管先に選んだユダヤ人の質屋の主人との息の合ったやりとり、といつもながらのことではあるが、ほんの少ししか登場しない人々の人間味溢れる傍役ぶりには、チャンドラーが市井の無名の人間に寄せる愛情と信頼が感じられ、味わい深い。

それにもまして心に残るのは、馬を繋ぐ輪っかを足元につけた着色された乗馬服姿で鞭を持った黒人少年像の扱いだ。ミセス・マードックの屋敷の前にいつも立っている像の頭に手を置き、訪問のたびにマーロウは少年に語りかける。ふだんは、人を見れば減らず口を叩き、相手に腹を立たせてばかりいるマーロウが、このときばかりは親身に話しかけてみせる。まるで生きている人間より、よほど本当に生きていて心許せる相手ででもあるかのように。金持ちの家に雇われているというだけで人を人とも思わぬような応対をする使用人たちの横柄さとの対比が何ともいえず小気味よい。

清水俊二、田中小実昌両氏の訳と比較していないので、新旧訳の比較は後日を待ちたい。はじめて村上訳のマーロウが登場したとき、賛否が分かれたのを記憶している。旧訳になれたファンには、訳の良し悪しより、逐語訳に対する違和感が強かったのではないか。以前、原文と比較して新旧訳を読み比べ、原文の持つリズムやドライブ感に舌を巻いた覚えがある。会話部分の台詞回しは名調子なのだが、人物の容姿、服装や家具調度、建築様式などを必要以上とも思えるほど丁寧に描写するチャンドラーの文章は、忠実に訳せば訳すほど日本語としては冗漫に感じられ、所謂ハードボイルド調とは異質なものとなる。チャンドラー自身はハードボイルド小説を書いているという意識はなかったのだろうが、ジャンルで本を選ぶ向きにはチャンドラーもまた、その一人と受けとめられていたにちがいない。『高い窓』は、ハードボイルド的要素が比較的少なく感じられる分、村上訳も受け入れられやすいのではないだろうか。ダークブルーの地に建物のシルエット、黒白の文字を効果的に配した装丁は、これまでの村上訳チャンドラーの中で最も作品の雰囲気を伝えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/08 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/21 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/29 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/29 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/17 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/16 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/29 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/08 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/18 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示