サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

悪い恋人

悪い恋人 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価2.7

評価内訳

23 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ひねりのない不倫もの

2016/01/05 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

森を伐採して工事する側の男と不倫する主婦。夫、義父母との生活やママ友との交流が淡々と描かれるが、特に読みどころと感じられる部分もないまま終わってしまった。
強いていうなら、夫とその日見た夢の話を必ずすることにしている習慣が意味深な伏線といえるか。つくり話をしていた主人公がふと、夫もずっとつくり話をしていたのだと気づくあたりが少しおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/19 10:03

投稿元:ブクログ

夫に不満があるわけでもなさそうなのに、同級生と偶然会っただけでそんな関係になるものなのか。
不満がなさそうで、実は満たされていなかったとか。
ま、確かに義父母との同居のようなので、その点はわからなくもないが。
そう考えると、夫婦間での夢の話も実は作り話をしていたんだもんなぁ。多少の嘘は許容範囲じゃないのかな?
それでも、どうにかして自分で心のバランスを取ろうとするものなのかも、それが同級生との逢瀬。
しかし、悪い恋人だ。
それならそれで、もっとまともな人を選ばないと……。

2016/01/17 16:58

投稿元:ブクログ

とても好きな作家さん、って改めて思う。

主人公に共感とか、そういう感じではなく、このなんかちょっと変、なところが良い。

ちょっとズレてる。ゆがんでる。

だけど、人はみんなちょっとズレててゆがんでるんだと思う。

はー、寒い日曜日。温めた部屋の中で一気読み。

2015/03/01 19:05

投稿元:ブクログ

沙知は中学時代の同級生と不倫関係にある。
沙知の夫はそのことには触れず
義父母も勝手気ままに暮らしている。
核心に触れたらバランスが崩れしまう。
家族という関係が壊れない程度に触れ合うズルさを持って。
ときどき覗かせる人間臭さにほっとする。

沙知の夫、新太も、義父母も、そして不倫相手の勲も
人となりがイメージしやすい。
しかし、沙知の輪郭はぼんやりとして
振り向いた顔が陰になり見えない。
そんなイメージ。
沙知にイライラしたりハラハラしたり
女としてどうなの?と腹立たしく思ったり。

井上荒野さん、上手いな~。
おもしろく読了。

2014/12/22 13:34

投稿元:ブクログ

不倫とか、道ならぬ恋とか、そういう類のもの経験したことがないから分かりかねるけど、それらってきっと夢、それも悪い夢みたいなものなのだろうなってこの小説を読んで思った。
森の伐採と不倫って少し似てる気がする。
阿守みたいな同級生に惹かれる気持ち、分からなくもない。ああいう男は絶対に存在する。
物語のラストが好き。全部夢の中の出来事にしてしまう主人公の強さ、そしてそれが本当にあったことなのか読者にさえ分からなくしてしまう著者の筆力、好きだなぁ

2015/02/14 22:18

投稿元:ブクログ

表紙に記載しているアモラルの意味が分からず調べてみた。

イモラル…非道徳・不道徳
⇒罪の意識を持ちながら罪を犯す
アモラル…無道徳
⇒罪を悪いこととして捉えない

今までの作品はイモラルのものが多く、背徳に対する葛藤が描かれている場合が多いが、本作品は淡々と罪としての不倫が描かれる。

日常に潜む狂気が描かれていて、恐怖を感じた。

2015/01/27 21:46

投稿元:ブクログ

家の裏にある森の開発に反対する夫と義理の両親。
開発業者として現れた中学の同級生の男と不倫する。
さらっと読めるけど、特になんの感想もない。
登場する人物が全員不気味。特に義理の父。

2015/05/29 23:53

投稿元:ブクログ

現実と陶酔の往復ゆえに止められない不倫。従属の屈辱を味わいながらも奇妙な快楽に酔いしれる。家族を欺く罪悪感を抱きつつ、家族と向き合うことはできるのか?不倫劇そのものは非常に月並で、面白くないというより読んでて胸がムカムカしてくる。

2015/05/10 14:27

投稿元:ブクログ

一見平和で恵まれた暮らしをしている家族だが不倫にハマっているる妻と住宅建設反対運動にやや過激にのめり込む義父母、と問題がある家庭が描かれています。家族間で秘密を持ち、気づいていても知らないふりをして体裁を保つ。フツーの日常もサスペンスに満ちあふれていてハラハラドキドキするものなんですね。

2015/01/19 15:02

投稿元:ブクログ

井上さん王道の不倫もの。
安心して読める(笑)

夫の家族と二世帯同居する沙知が自宅裏の森が造成されるのを機に開発業者として現れた中学時代の同級生、阿守と不倫関係に陥る。

井上さんの不倫ものらしく相変わらず唐突な始まり。
なぜそうなってしまうのか主人公にさえ考えることを許さない。
そうなることが必然のように展開する。
不倫する二人の関係も家族の関係も徹底してドライ。

不倫したことがないから良く分からないけど実際はこんな感じなのだろうか。
夜中に帰ってくる主婦ってどう考えても変だと思うんだけど。
それを全く追求しない家族も家族だし。

まあ、いいか。
リアルにドロドロの不倫関係で八方塞がりの小説読んでも辛いだけかも。
この位ドライな方がいいのかも。

それにしても女は怖い。
阿守は最後の最後で保身に回ったけれど、沙知は取りみだすことなく。
最後はまるでなかったことのように・・・。
「悪い恋人」って男のことじゃなくて女のことなのかも。

2015/01/07 01:52

投稿元:ブクログ

途中まで読んでて井上荒野ってー
こういう書き方するよなーって思った

阿守さんの最後のセリフが人間臭かった
阿守さんとの終わりかたがいい

後味が悪い話って好きなんだよなー

2015/02/07 08:57

投稿元:ブクログ

キャッチフレーズを付けるなら(?)「良くも悪くも井上荒野」かな。
(一見)普通(に見える)の生活にぴったりと張り付いている薄気味の悪さ。人の思いのままならなさ、分かり合えなさ、薄暗さ。どこからが正しい異常なのか?には頷いた。

2015/02/23 09:17

投稿元:ブクログ

つらい事が起きた時、平凡すぎてやりきれない時、人はそれが現実でも夢だと思い込むのかもしれない。現実から離れようとして夢を作るのかもしれない。

2015/12/16 22:00

投稿元:ブクログ

近所の森の開発がはじまることになり
反対住人として説明会に行った際、沙知は開発業者のなかに同級生の勲と再会した。

森の開発に猛烈に反発する義父母と夫。
ぬるま湯みたいな時間の拙い英会話教室。
夫と毎朝教え合う夢の話。
どんな無茶なことでも従う沙知を馬鹿にしている勲。

家族と勲、どちらの味方でもなかった沙知は
勲に一方的に捨てられるまで、都合よく抱かれ続けた。

不倫の話多いよねー。
結局ストレートに勲の思惑通りに話が進んで。。。
そのまんまのような。。。恋人っていうほどの関係でもないし。。。ぐぬぬって感じ。

登場人物たちの何考えてるかわからない不気味な腹黒さが
垣間見てそこはやっぱりすごい。

キャベツ炒めに捧ぐ、みたいな話読みたいわー。)^o^(

2015/04/10 18:01

投稿元:ブクログ

私的に結構、難解というか…理解に苦しむ。そんな作品だった。主人公をどう理解するかが最大の問題だったと思うのだが、理解や共感をできる部分が皆無に等しく、作品に感情移入すらできぬまま、作品が終了してしまった。

23 件中 1 件~ 15 件を表示