サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

月光のスティグマ

月光のスティグマ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー34件

みんなの評価3.0

評価内訳

34 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

背景が複雑すぎる。

2015/12/13 21:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

双子ってどうしてもセットになったような名前つけちゃうからこんがらがります。傍にノートおいてメモ取りながら読みました(笑)
阪神大震災で被災した少年少女、離ればなれになり大人になって再会。
再びの震災、政治汚職、外国でのテロ。メモ取りながら読みました(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/05 22:39

投稿元:ブクログ

 淳平の双子の幼なじみ麻衣と優衣。阪神淡路大震災が起きる前夜兄を刺したのは麻衣?助かったのは優衣で間違いないのか?
 再会した時、淳平は特捜部検事で政治家の是枝の不正の証拠を探していた。そして、優衣は是枝の私設秘書となっていた。そんなとき東日本大震災が起きる。

 スティグマ=傷痕
 震災×2に寄付金詐欺の手口にテロと盛りだくさん!それぞれテーマが重いのに、詰め込み過ぎた感が…。なんだかもったいない感じがしました。誰が兄を刺したのか気になっていたのに追及したわけでなく、やむを得ないという場面での告白であっさり終わってしまい拍子抜けしました。何を書きたかったのかよくわからずでした。
 最近、中山さん震災の話が多いような。是枝に心酔してしまっているししょうがないかもしれないけれども悲しいラストでした。

2015/06/10 15:56

投稿元:ブクログ

著者初の恋愛サスペンスという事ですが、愛憎混ざり合ったドロドロ感は昼のソープオペラを見せられているようで少し疲れました。立ち位置がふらふらする主人公の魅力は今ひとつで、感情移入できませんでした。

2015/03/11 22:10

投稿元:ブクログ

麻衣、優衣の瓜二つな双子と幼なじみの淳平。

子供のころ、自宅の火災で父を亡くした二人に守ってやる、と約束したが、阪神大震災で別れ別れになってしまう。

30歳になって検事になった淳平が再開した優衣は…。

物語は、テンポよく進んでいくのでほぼ一気に読み終わりました。巨悪と幼いころの約束、恋心、日本という国。なかなかおもしろい1冊でした。

2015/03/08 20:32

投稿元:ブクログ

美しい双子姉妹と幼馴染の少年。彼らを引き裂いた恐るべき災厄と、葬り去られた一つの事件。そして十五年後に彼らが再会したのちに日本を襲った新たなる災厄。さらなる疑惑の事件と彼女の繋がり、そして彼女の正体はいったいどちらなのか、と読ませどころ満載の一作。一気読みです。
ここで描かれる二つの災厄はまだ記憶にも新しく、凄絶。ラストで主人公たちが巻き込まれる事件も、最近話題になったあの事件を思い出してしまいます。疑惑と波乱に満ちた主人公の物語はとにかくスリル満点でした。

2016/07/02 22:05

投稿元:ブクログ

このスティグマ(傷痕)にかけて俺が一生護る-。月夜に誓った美少女との再会が、愛欲と疑念の始まりだった。阪神淡路大震災と東日本大震災に翻弄された孤児の命運を描く、恋愛サスペンス。

序盤は惹きつける力が十分で、どうなるのかと思って読み進めると終盤で思いもよらない怒涛の展開を見せる。ただ中山七理らしくない雑な作品で、例えるなら出来の悪い時の百田尚樹作品のようだった。
(C)

2015/02/28 20:48

投稿元:ブクログ

2015年2月27日読了『月光のスティグマ』中山七里著 評価B

中山氏らしいスピード感ある物語の展開ではあるが、紙数の関係なのか? いかんせん話にふくらみが無くただ一直線にスタートダッシュ、そしてフィニッシュという印象。残念ながら、お薦めは出来ません。どうしても読みたい場合は、図書館で借りるのが良いでしょう。

神戸に住む近所同士の神川淳平と一卵性の双子 八重樫優衣と麻衣。

ある夜、淳平は偶然にも家の近所で八重樫姉妹のどちらかが何故か淳平の兄の省吾を傷つけて兄が倒れる所を見てしまう。八重樫姉妹を愛する淳平は兄をさされた現実に混乱しつつも、現場を立ち去る。その夜の朝方、あの阪神大震災が起きて、淳平は両親を失い、さらに隣家の優衣を助け出すも、火が回り彼女の母と姉妹、麻衣をも失う。その後、避難所へたどり着いた後、ある日、忽然と優衣は姿を消す。
時は経ち、十数年後、淳平は東京地検特捜部の検察官となり、人気抜群の二世政治家是枝の政治資金の隠れ蓑組織である震災孤児育英会を内偵していた。
偶然にも八重樫優衣はその内偵当事者たる是枝氏の私設秘書として、震災孤児育英会で再会する。
検察官としての務めに徹するのか、優衣のために自分を抑えるのか?悩む淳平。
続いて起きる東日本大震災により政権政党の幹事長となった是枝は、育英会に潜入していた淳平を解職して後顧の憂いを絶ち、さらに育英会を発展させて海外戦争孤児をも対象に活動を広げる建前により、海外送金を活発化させるが、それは巧妙に仕組まれたマネーロンダリングであった。そこに東京国税局の調査が入り、警戒した八重樫は急ぎ送金先のアルジェリアに飛ぶ。それを追って淳平もアルジェリアへ急行する。しかし、そこでテロ集団に優衣も淳平も巻き込まれて囚われてしまう。そこで待ち受ける過酷な運命。

2015/05/05 23:11

投稿元:ブクログ

やっぱり面白かったです、中山小説。
神戸・東日本の震災を結びつけたアイデアも面白く読めましたね。次のテーマは何だろ。期待。。。

2015/08/09 11:01

投稿元:ブクログ

今回は思ったよりもラブシーンありで、いつもとは若干違うかと読み進めたら、終わり方で中山さんらしいと思えました。
とある犯罪があり、阪神淡路大震災を機に家族を失い、犯罪は震災のどさくさで有耶無耶になり、成長した後に再開すると、お互いに政治家の私設秘書と特捜の検事という立場。さらに東北の震災まで起こり…。
犯罪と双子の生き残り。これだけでも十分話は進みそうなのですが、そこに検事としての捜査と政治家の献金問題。さらにはテロ事件とてんこ盛り。
政治の問題を語りたいのか、それに伴う仕事を取るのか恋人を取るのかといったところがちょっと中途半端かも。
震災を絡めたところに正直『白夜行』を思い出してしまったのは私だけではないでしょう。

2015/03/30 22:52

投稿元:ブクログ

これは残念な作品。そもそも、主人公が何故、双子の女子に好かれるのか、また、その後の人を護りたいという人生の在り方に至るのかなど、物語の根幹をなす部分が成立しておらず、その成立してない人物関係の中に、震災などの最近の実際のトピックをこれでもかというほど詰め込んで、必然性と収拾がつかない話となっている。お勧めできない。

2015/05/22 17:12

投稿元:ブクログ

読んでる最中はそれなりに楽しみましたが・・読み終わってみるとどうにもパッとしなかったなという印象。

きっとメインの謎としている「生き残ったのは双子のどちらなのか?」ということについても別にどちらでもそんなに変わりなかったんじゃないのかな、とか。。。まったく驚くこともなく「ふーん」くらいにしか思えませんでした。この作者さんのいつものパターンからしてラスト数ページでどんでん返し・・かと思ったんですが。

その辺のミステリ要素とか子供のころからの淡い恋愛感情とか政治資金を追うあれこれだとか・・・いろいろテーマを盛り込み過ぎて散漫になってしまってるように感じました。

2015/07/31 18:12

投稿元:ブクログ

双子の美人姉妹 八重樫麻衣・優衣と神川淳平・省吾は幼なじみ.神戸の地震で淳平と麻衣は行方不明となるが、地震直前に省吾は麻衣が淳平を刺すのを目撃する.数年後、淳平は東京地検特捜部の検事として、国民党の是枝孝政の政治資金疑惑の捜査で、NPO法人に潜り込む.そこで優衣と再会.なかなか証拠がつかめないが、東日本大震災が起こりNPO法人に動きが出てくる.優衣と付き合う中で彼女がアルジェリアに飛ぶ.彼女を追ってきた省吾は証拠を掴むがアルジェでテロが起こり、二人が安全と思っていた日本大使館にもゲリラが進入.人質が殺害されるが、陸自特殊部隊が突入.ゲリラは排除したが優衣も巻き添えで死亡.最終的に証拠は是枝を逮捕するが、優衣と是枝の関係を知ってすっきりしない.ややドタバタ気味だが、楽しめた.

2015/01/12 00:11

投稿元:ブクログ

ミステリー要素はほとんどなし。
設定はおもしろいけど色々詰め込みすぎた感。
でもスリルや緊張感は十分で、サスペンスとしては楽しめました。
切ない終わり方でもやもや。

2015/04/22 21:39

投稿元:ブクログ

主人公淳平と幼馴染の双子の姉妹。
阪神大震災と東北大震災、政治、金、震災遺児。
だんだん、盛りに盛られて、最後にはテロ。
ちょっと、分散しすぎてしまった感がある。
「恋愛サスペンス」というほど、恋愛が描かれてなくて残念。
序盤は引き込まれたのになぁ。

2015/06/25 01:20

投稿元:ブクログ

震災義捐金の政治的横流しをめぐるサスペンス。

東野圭吾や真保裕一っぽいテイストや濃厚なラブシーンなど著者らしくない感じがしました。
特に阪神淡路大震災までの出来事がミステリー調なのにその後の展開に生かされていない点は拍子抜けしてしまいました。
優衣が高校まで名古屋で就職は東京とあるのに大学はどこだったかあいまいなことや主人公の恋人との関係も、もっと物語に絡んでくるのかと思いきやスルーされていて中途半端な感じでした。
また、優衣が淳平に助けられたのが3回というのも、背負われたことだと思っていましたが、どうも違うようなニュアンスなのに明確になっていない点も消化不良です。
さらにテロ救出時の被害者が一人だけというのも無理に盛り上げるような感じで納得感が無いです。
義捐金疑惑をもっとメインに押し出した方が良かったように思います。

34 件中 1 件~ 15 件を表示