サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

六花落々

六花落々 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
25 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

探究心に理由なく。

2016/10/20 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みながら美術の資料集で見た渡辺崋山の鷹見泉石図を思い出していた。あの絵のように、和の線と洋の陰影を重ね合い、その上に実在の人物を配して実際にあった事件を取り上げ、淡々と大きな時代のうねりを描ききった一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

題材はおもしろいが、展開にゆるみがある。

2015/08/30 12:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「六花=雪」に魅せられ、幸運なことにそれのスケッチをひたすらできる役職についた藩士の話。周囲に数多著名人を配しつつ、主人公は架空の人物という描き方はあまり好きではないが、時代背景や人物関係がしっかり書けていてまあまあ読み応えあり。
ただ、主人公は雪の素描という、ある意味道楽に近いことを藩の仕事としてやらせてもらっているのにそれに対する意識が全くなく、領民の飢饉に際して初めてそれを知る、というのが藩士の立場としてどうかと思った。また、後半に出てくる大塩の乱のとらえ方が一面的。総じて、後半は話がだれ気味であまりおもしろくなくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/24 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/30 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/10 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/09 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/10 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/22 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/08 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/18 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/17 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/06 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/28 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/01 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/08 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

25 件中 1 件~ 15 件を表示