サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

北条早雲 2 悪人覚醒篇

北条早雲 2 悪人覚醒篇 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

2015/02/07 17:28

投稿元:ブクログ

第二弾。
物語の楽しさを満喫できる、時代エンタメ小説
駿河への下向の後、ついに伊豆へ・・・。将軍擁立などの陰謀に巻き込まれつつ、民を守るために奔走する新九郎。
今後の展開が楽しみです。

2015/12/08 20:39

投稿元:ブクログ

今作も期待に違わず満足満足。他の人の書く北条早雲も読んでみたくなるが、あるのかな?とりあえず続編がまだあるとわかって楽しみが増えた。

2015/05/12 21:35

投稿元:ブクログ

北条早雲シリーズ、2巻目。

新九郎が今川家の一城の主となり、更に伊勢宗瑞と名乗り、伊豆の堀越公方を倒すまで。
最後までスルスルッと、途中で勢いが止まることなく、むしろ後になればなるほど猛チャージを掛けて読み終えた。もちろん、「悪人」どころか新九郎を神格化せんばかりに史実を都合良く肉づけされているのだろうけれど、でもそれの何処が悪い!って開き直っちゃいそうになるくらい、新九郎が魅力的で格好良し。新九郎のヒーロー振りには万々歳です。読み終わった後、早く続きを!!って切望してしまう一冊でした。

2015/03/24 23:50

投稿元:ブクログ

順番を間違えてこちらを先に読んでしまった。

悪人のイメージが強かった北条早雲だけど、本作を読むとそうではないと思いしらされる。
(何を持って悪とするのか...という価値観の違いだね。)

2015/03/22 12:04

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
民を守るため、お前を討つ!悪徳大名を斃し、戦国の世に名乗りを上げよ。乱世の梟雄と呼ばれた男は、駿河への下向の後、ついに伊豆へ討ち入りを果たす。『早雲の軍配者』に連なる大好評シリーズ第2弾!!

2015/01/31 21:03

投稿元:ブクログ

北条早雲はある意味、細川政元と同じく戦国時代の下剋上の時代を拓いた希代の立身出世の英雄として有名ではあるが、その国盗りの動機が民への搾取からの解放という解放者としてのものだったということは、正直、そんなきれいごとばかりではなかったとは思うが、創作された物語としては面白いのでそれはそれでよい。ただし、そうだとしても、農民が最後に立ちあがって主人公を助けるということまでするのは少々、やりすぎ感が強く、筆が走り過ぎたのではないかと思うが、それも物語としては盛り上がりとしてよくできている。

2015/06/15 16:25

投稿元:ブクログ

前作の方が、歴史に残っていない文自由にかけ多様なで面白かった。
今回は、早雲の一番有名な事件「伊豆討ち入り」が題材。
歴史的は、天下の大悪党として勇名をはせた事件をいかに正当性を持たせるか苦心の跡が見られ少しクドくなっていたような。

でも面白い続きが楽しみ

2015/05/16 09:50

投稿元:ブクログ

史実はどうかはともかく、とにかく読みやすくて続きが読みたくなる。全巻そろってから読めば良かったとおもうくらい、次が気になる。この手の本には珍しく細心の史実を盛り込んだ内容になっているので、歴史の流れを知る上でも楽しい。ただ、北条早雲自身が将軍家や管領家とこんなに親しい関係にあったのかどうかは甚だ疑問。税(年貢)の軽減は実際にあったことだとは分かっているが、農兵分離がなされていない時代なのに、あたかもそれがなされていたかのような記述もあやしい。そういう事実は別にして、小説としては充分に楽しめる。

2015/03/22 21:20

投稿元:ブクログ

北条早雲シリーズ2作目。
陰謀に巻き込まれながらも、自分の信念を貫く早雲の姿に尊敬の念を抱かずにいられない。
早雲と農民たちとの距離が縮まっていく様子もよく伝わってきて、胸が熱くなる。
次は「相模侵攻編」、刊行が楽しみ。

2014/12/25 23:47

投稿元:ブクログ

最近の研究成果を踏まえた新しい悪人、伊勢宗瑞をつくりあげている。この巻から本格的に駿河にいき、甥の今川氏親を後見しつつ、興国寺城主としての活動を始める。二人の子を残し妻に先立たれながら、伊豆の堀越公方と京都の大きな陰謀に巻き込まれる。足利茶々丸暗殺は京都の情勢とリンクしたものというのは今では当たり前とされている。ついに伊豆を手にした伊勢宗瑞は今川から半独立し、関東の動乱に飛び込むことになる。葛山氏との婚姻や百姓たちに当たり前に生きる政治をするなど、自分の理想とする国を作るために悪人になる。

2015/05/10 20:41

投稿元:ブクログ

うーむ。面白かった。ただ順番に読んだ方が面白いのでこの作品からと言うわけにはいかないと思う。このシリーズ読んで損なし。

2015/06/30 20:36

投稿元:ブクログ

新九郎の兵法よりも領地マネジメントが面白い。どこまで史実に基づいているのかは微妙だが、当時としてはかなり変わった考え方で徐々に人々の心をつかんでいくのはとても痛快だ。
続刊を楽しみに待ちたい。

2015/01/07 23:42

投稿元:ブクログ

テンポ良く進む物語に、ページ捲る手が止まらず。
新九郎がどう生きるか覚悟を決め、自分にできることを…と奮闘。(年表なんかで書かれたらあっさりしてて受ける印象も変わるんだろうな、新九郎以外の人が綴ってもまた違う印象になるんだろうな。)
その中で、生きてきてやってきて良かったと思えることがあちこちであり、物語ってなんておもしろいんだ!と思える。

しかし、人って現実こんな風にいろんなことに気づいて生きているものなのか、私は?とふと思ってしまったりも…。振り返らず、流されてるかもな。
新九郎は事あるごとに座禅組み、よく考えている。やっぱり大事なことなのかもね。

歴史を知らない私は、P250の12行目の展開に思わず身を乗り出しただけでなく「え!?」と声を出してしまった。全編通していろいろ起こってるんだけど、ここになぜこんなにビックリしたんだろう。

13 件中 1 件~ 13 件を表示