サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

人生の目的 自分の探し方、見つけ方

人生の目的 自分の探し方、見つけ方 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (12件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
25 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

自分の喜びをさがして

2016/04/01 08:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「目的」という言葉を調べると、「実現しようとしてめざす事柄」という意味だけでなく「行為において 目指すもの」といったものも出てきます。
 では、この本のいう「人生の目的」とはどういうことでしょうか。
 これは結構難しい問いです。何故なら、私たちが生きていく上で、あまりそういうことを考えないからです。生きていく付随のような仕事の場では「目的」とか「目標」といった言葉はよく耳にするのに、人生にとなるとハタと考えてしまいます。
 著者の本田健氏はこんな表現をしています。
 「人生の目的は「使命」ではなく、「自分の喜び」になることを見つけること」。
 この本は、「自分の喜び」を見つけるための解説書といえます。

 「自分の」という修飾語がついているのに、人は時に「自分の」喜びすら見つけられないものです。忙しいとかお金がないとか周りの人たちの理解がないといった言い訳をしてはいますが、「自分の」喜びがわからないというのが実情ではないでしょうか。
 本田氏は「人生の目的」は「その人が心からやりたいと思っていることの周辺に」あるといいます。
 そのためにも、一度言い訳のようにしてあるものを全部取っ払ってしまうのもいいかもしれません。その時、あなたの「やりたい」ことが浮かびあがってくるかもしれません。

 本田氏はこういう言い方もしています。
 「ワクワクすることに挑戦してみること」。
 ワクワクすることは、「どれだけそれをやっても疲れない」し、「お金や時間を費やしても気にならないこと」だといいます。
 そういう経験は誰にしもあると思います。
 「人生の目的」だからといって、高尚な言葉でまとめる必要はないということです。

 では、その「目的」を実現させるためには、どうしたらいいか、本田氏はこう言います。
 「自分のいまの生き方を変える勇気をもつ」ことだし、「何もしないで、ただ待っているだけでは、いまとは変わらない人生」だと。
 せっかく等分に与えられた人生です。ワクワクすることをやり遂げて終わりたいじゃないですか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/22 23:59

投稿元:ブクログ

大人になると、目の前の仕事にかまけて自分の人生についてじっくりちゃんと考える機会って後回しにされている気がする。
いろんな事を理由に挙げて、結果制限ばかりつけてしまい生きたいように生きることを諦めたり、避けてしまったり。
この本はそんな見てこなかった部分に焦点を当てて自分を振り返り、自分の望む人生にしていくにはというヒントがたくさん詰まっている。
結局制限をかけてるのって会社でも仕事でも人間関係でもなく、自分なんだよね。
そこに気づかせてくれた一冊でした。

2015/06/20 17:45

投稿元:ブクログ

つらい時期の乗り越え方
自分より大変な人のことを考えて、その人に愛を送る

やりたいことの見つけ方
自分がわくわくできて誰かに奉仕出来ることを探す

2015/07/02 22:53

投稿元:ブクログ

人生の目的、死を迎えるまでの意味の見つけ方がテーマ。人生の目的など無いというゼロベースから、いかに意味づけられる感覚を見いだすことができるのか。
何となく分かっていることを、きちんと意識化する作業のように感じられた。
ハウツーの部分は、ワークやテストにしてあれば、さらに使えるのではないだろうか。
15-150

2015/09/09 21:08

投稿元:ブクログ

いろいろ自己啓発本を読んでいると内容は似ているもの。やはり意識することは大事。自分の周りの人たちの幸せを願って行動すること。再認識。

2015/01/29 14:10

投稿元:ブクログ

オーラソーマでは第1本目に選んだボトルには、自分の魂がこの世に生まれた人生の目的が現れていると考えられています。

自分の魂が生まれてきた人生の目的を知るには、そもそも「人生の目的とはなにか?」ということを知っておくことが大切です。

そのことをじゅうぶんに考えていないと、自分の人生の目的にこだわるあまり、かえって不自由な人生を生きてしまうことにもなりかねません。

また、人生の目的がどこか遠くにあると考えてしまって、目の前のことをおろそかにしてしまいかねません。

この本田健さんの「人生の目的」という本は、その人生の目的を考えるうえで、とてもバランスよく全体が考慮されていて、人生の目的について考えるのに、まずこの本を読んでほしいと思えるような本です。

続きはこちら→http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-11983037660.html

2015/01/24 20:37

投稿元:ブクログ

チェック項目13箇所。人生を楽しんでいない人は、楽しんでいる人に対して、「あの人は才能があるから」という言い方をすることがあります。毎日を楽しく生きるには、たくさんのお金も、すごい才能もいりません、どうせ、一回きりの人生です、割り切って心から楽しいと思うことをやれば、そこから何かが始まります。「お金」ではなく、「お金がなくても頑張る自分」を大事にしているのかもしれません、人によっては、ネガティブなことに意識をフォーカスしがちな人がいます。いっそのこと「人生には意味があるようで、意味がない」と考えてみるのも、一つです、なぜかと言うと、動物として人間を見たとき、一生は、「命をもらって、そして受け継ぐだけ」という側面もあるからです。これまでに、あなたが何をいちばん大切にしてきたのか、それが、いま、あなたが手に入れているものです、もしも、それを手に入れていない場合は、そのぶんだけ不幸な感じがしているはずです。事故にあったときに、「そのうちいいことがある」というのは、本人ができたらそう考えればいいことで、傍から言うべきことではありません、たとえ励ましの意味で言ったつもりでも、相手の心にはまったく響かないでしょう。悲しみや苦しみを体験することで、人はより大きくなります、それは、悲しみがその人を深くするからです、悲しみや深い絶望を味わった人は、他人に優しくなれます。人生の不思議なところは、その人がいちばん苦しかったことの周辺に、人生の目的も隠されているということです。いま与えられた時間を刹那的に楽しむのか、あるいは一生かけてゆっくり楽しむのかで、その楽しみの深さや広がりが大きく違ってきます。自分が誰かに何かをしてあげたときに幸せを感じるのは、与えるのが得意なタイプです、逆に、誰かに何かをしてもらったときに幸せを感じるのは、受け取るのが得意なタイプといえます。大多数の人にとっては、人生の目的とはもっとパーソナルなものだと思います、それは「家族と幸せな時間を過ごす」「人を大切にして生きる」「本当に自分にとってやりたいことをする」とかいったものでしょう。「ねばならない」という使命感はとてもやっかいなもので、それに一度取り憑かれると、そこから出られなくなります、使命感は、ある程度達成されるか、報われないと感じるとき、脱力感に変わります。苦しくなったとき、「また次があるさ」というのは、心を楽にしてくれるアファメーションです、自分がいましがみつこうとしているよりも、もっと素敵なパートナー、チャンスが必ず来ると保証されたら、楽に手放せるはずです。

2015/02/07 18:10

投稿元:ブクログ

内発的な動機のみが我々を駆動する。そのシンプルなことに気付かせる本である。
我々はありがちなミスを犯す。その典型は自分ではなく他人の評価を気にすることにある。もう1ラウンド突っ込んで考える必要があるというのが本書の主張だろう。
この類の本は、自分の変化無くしては、自分を取り巻く世界は変わらないという当たり前を言っている。変化の一例としては、今まで避けていたことに気づくというのがある。例えばトラウマは自分の強みになりえるなど。そう言えば、研究者のテーマもコンプレックスがベースになっていることが多かった。
結局のところ、幸せとはその人が自分の人生をいかに肯定しているかによる。それは多分後付けのものではなく、幸せだと思って行動するから幸せになる。そのイメージをやり始める前に持てるかどうかがカギになる。メンターを持つのがいいのは、自分に近いが先を行く人を見れば次の一手が自ずと分かるから。
信じるものは救われる。この言葉は本当の事だ。

2015/07/10 18:15

投稿元:ブクログ

一度感情のコンパスを見失って大混乱したのですごくしっくりきた。今は一つ一つ見極めているところ。自分の現在位置とこれからの方向性を把握するのにとても役に立ちそう。
すでにやりたいようにやってる部分はあるのだが、その先の絶対的な人生の目的に裏付けられた境地には至れてない。まだ足りない何かがある。一つは何かはわかっている。自分が求めているのがわかっているのであとはやるだけ。でも私の人生を捧げたいものはまだ見つかっていない。

最近イライラしないために他人の大変さを妄想するというのをやっていたのだが、まさかそれが本に書かれてるとは思わなかったw人間そんな簡単に心広くはなれないけど、大変だなって思う人にまで冷たくはならないからね笑

2016/07/12 17:06

投稿元:ブクログ

ごく普通の毎日に意味を見いだせるかどうか、で幸福度が決まる。

意識を向けたものが手に入る。思考に注意する必要がある。

人生は心配事を抱えながらも毎日を生きていくもの、と考える。そうすればストレスも平気になる。
苦しみ、挫折は、期待するから起こる。期待しない。ベストを尽くすことだけで満足する。

つらい時期の乗り越え方=自分より辛い立場の人のために祈る。心が軽くなる。

一歩踏み出す勇気を持つ。新しいもの、未知のものに恐怖を感じるのは当たり前。それをやってみる。

一般的に意義があること、といわれていることを目的にすると、落とし穴にハマりやすい。自分を不幸にしないように注意。

社員の幸せを目的にする。

2015/09/05 10:29

投稿元:ブクログ

人生の目的とは何か?十代後半の青春時代の夢と悩みに追われる時期と、中年になり、人生の折り返し地点で考える、人生の目的は違うものに感じるかもしれない。

本田健さんの語り口調の文体が、胸に響く。

今までの人生を振り返ること、喜びも、悲しみも、全てを見つめ直す。お金、仕事、家族、友人など、いろんな接点を考える。

人生の目的は、周りを幸せにして、社会に貢献していくことを見つけて、自然体で楽しんで、幸せな日々を送れることなのだ!と改めて、わかりました。

自分の人生の目的は何か?と悩まれる方には、ヒントが見つかる一冊です。

2015/01/01 01:11

投稿元:ブクログ

今まで何冊かこの本の著者の本田氏の本を読んできました。人生訓に関するものが多く、読んでいる時には感銘を受けるのですが、なかなか本に書かれている内容を実行することができないのが実情です。

この本は今年(2014)年末の海外旅行の間に読みました。人生の目的をどのように設定すべきかについて、この本では様々な観点からのアドバイスがなされています。帯には、「あなたの生き方を大きく変える!」とあります。生き方とは、自分がどう考えるかがポイントだと思います。

本日は2015.1.1で、今年の計画を立てる大事な日なので、この本で書かれている内容を参考にして、私の人生の目的そして、目標を明確にしていきたいと感じました。

この本で印象に残ったのは、あなたが発信するものが、将来あなたが受け取るものを決める(p197)でした。薄々感じていた私の気持ちを明らかにしてくれました。将来の私は、今の自分の考えがつくるのですね。


以下は気になったポイントです。

・自分が関わっていることに対して、あなたがどう考えるかが大事、その感じ方・考え方が、その人の人生のあり方を決める(p21)

・人生では、その人の意識が向いたものが手に入る、家族との時間を大事にしている人は、家族との時間が手に入る、お金の人はお金、仕事の場合は仕事(p30)

・忘れていけないのは、誰かの判断で決めないこと、自分の物差しをもつこと(p45)

・もういらないと思ったもの、それを思い切って手放しましょう、すると体も心もフッと楽になる(p51)

・これまでに、あなたに何をいちばん大切にしてきたか、それが、いま、あなたが手に入れているもの(p53)

・自分がいつも後悔することの共通点がわかれば、それを阻止することができる(p60)

・不完全な状態のなかに幸せを見出したから、幸せになった(p62)

・人生はあなたが望んだようになる、変えたいなと思っている人は、自分が本当に望む方向に意識を向けること(p81)

・幸せの種は、つらい状況の中に隠れている、人生の不思議なところは、その人がいちばん苦しかったことの周辺に人生の目的も隠されている(p83)

・自分の収入源を複数にして、増やしていくことも同時にやってみるべき(p95)

・ワクワクすることを探すには、子供の頃に夢中になったこと、時間があると、ついやってしまうことは何かを思い出すとよい(p96)

・人生の目的において、パートナーは重要な働きをする。パートナーは、あなたから最大の愛を引き出せる人だから。友人は家族やパートナーとは違った喜びをもたらす(p102,103)

・あなたが心から幸せを感じて生きるためには、自分がやりたいことはこれだ、と明確にすること(p112)

・人生を変えるのに、一番簡単な方法は、ふだん付き合っている人を替えること(p122)

・人生の目的は、使命ではなく、自分の喜びになることを見つけること(p131)

・宿命は変えられないが、運命は変えら��る。運命は日常生活でもつくられる。ふだんからコツコツ勉強していると、自分の運命を変えられる(p183)

・あなたが男性の場合、父親がどう生きていたかが大きく影響する。そのままコピーしているか、それに反発した生き方をしている可能性があった(p184)

・あなたが発信するものが、将来あなたが受け取るものを決める(p197)

・望む方向を変えるには、1)ものの見方を変える、2)感じ方を変える、3)行動を変える(p199)

2015年1月1日作成

2015/05/24 08:31

投稿元:ブクログ

つまらない仕事はなく、つまらないと感じる人がいるだけだ 意識を向けたものが手に入る いままで幸せな人たちにたくさん会ってきましたが、彼らは完ぺきな人生を送った見出したからのだらではなく、不完全な状態のなかに幸せに見出したから、幸せになったのだということを知りました 悲しみは、避けられるなら避けたいものですが、悲しみや苦しみが、豊かな人生観をつくるということもあるのです 人生の目的は「使命」ではなく、「自分の喜び」になることを見つけることだと思います 夢には、自分個人のものとしての夢と、共有財産としての夢の2つがあります 最大の不幸は、「変えられるものを変えずに、変えられないものを変えたがる」ことです

2015/06/20 12:57

投稿元:ブクログ

ワクワクすることを探していけば、人生を楽しめ、幸せと豊かさを感じることができる

・自分に制限をつけずに、自由に
・ワクワクすることを
・誰かの判断で決めない。自分の物差しをもつ
・苦しみ挫折は期待するから起きる
・辛い時、もっと大変な人のことを考える
・苦しいことが人生の目的に
・遠慮しない人生
・自分んお思考パターンをみる。普段と違う視点をもってみる
・つきあう人を変える
・一歩踏み出す勇気
・達成感、感動、ワクワクのとき人生の目的がみつかる
・自分が変われば、相手も変わる
・人生のゲームのルールは自分が決める。社会のルールにのらなくてもいい。
・社会の価値観から脱し、本当に自分の大切なものをみつける

2015/03/28 22:59

投稿元:ブクログ

今まで本田健さんから繰り返し得ていた情報が、とても体系的にまとめられています。まだまだふと忘れがちな事も多いため、時折読み直す価値のあるバイブル的な一冊です。

25 件中 1 件~ 15 件を表示