サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

このミステリーがすごい!四つの謎

このミステリーがすごい!四つの謎 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

2015/06/02 11:48

投稿元:ブクログ

(収録作品)残されたセンリツ(中山七里)/黒いパンテル(乾緑郎)/ダイヤモンドダスト(安生正)/カシオペアのエンドロール(海堂尊)

2015/04/17 17:00

投稿元:ブクログ

TVドラマ版を先に見ちゃったのであまり期待せずに読み始めたというのに、安生&中山作品は原作と大きく異なっており、むしろドラマ版の方が面白かったです。乾&海堂作品は原作通りで今ひとつでした。

2015/09/06 23:04

投稿元:ブクログ

安生 正「ダイヤモンドダスト」
乾 緑郎「黒いパンテル」
中山 七里「残されたセンリツ」
海堂 尊「カシオペアのエンドロール」

黒いパンテルがおもしろかったです。
残されたセンリツも。
カシオペアは、登場人物は好きなのですが、内容が入ってこないかんじでした。

2015/01/31 22:41

投稿元:ブクログ

海堂尊さん 中山七里さんは言わずもがな、期待以上の面白さで今後もますます目が離せない♪
安生正さん、乾緑郎さん、初読み。どちらも面白かったー♪
アンソロジーで全部面白い本にはなかなか出会えないので、これはかなり貴重な1冊です。おススメです―(●’ᴗ’●)ノ

2014/12/31 15:18

投稿元:ブクログ

四人の作家によるアンソロジー。特定のテーマといったものはないのかな? さまざまな読み口の物語が楽しめます。
お気に入りは海堂尊「カシオペアのエンドロール」。ミステリとしては一番王道な物語。そして加納警視正&玉村警部補のシリーズでもあるし。ただ、オーソドックスに思えたけれど。結末に至る物語はかなり(いい意味で)ひねくれていてびっくりでした。

2015/01/18 17:04

投稿元:ブクログ

ドラマ化された本です。
ドラマ化するために書かれたのかどうかは分かりませんが、もしかして作家さんたちは、無理やりねじ込んだスケジュールの中で急いで書き上げられたのかな?と思ったくらい、どれもあまり良いとは思えませんでした。

中には私が思うミステリーとは違った感じのものもあり。
単に私の好みではなかっただけなのかも。
書き下ろしとのことですので、こういう形ではなく、ちゃんと一冊として仕上げられた作品も読んでみたいと思います。

2015/03/15 21:26

投稿元:ブクログ

年末にドラマを観ましたが、
読んでも面白いかと思って手にとってみた。
4編それぞれに楽しめた。
乾氏の「黒いバンテル」が映像も原作も好み。

2015/01/12 13:00

投稿元:ブクログ

『このミス』大賞受賞作家さん4人によるアンソロジー。

各収録作は、
これまでに発表されてきた各々の代表作とは趣の異なる、
各作家さんそれぞれの嗜好?がよく出た短編集でした…。

ただ、何となく、
豪華な作家さんの作品を集めてみました…的な感じも…。
どぅせなら、何か1つ共通のテーマを決めておいた方が、
1つの作品集として、意図のあるものになったんでは…?
やっぱり、SPドラマ企画先行の企画本だったのかな~?

内容的には、
ミステリーが2編、「世にも奇妙な…」的な作品が2編。
海堂尊さんのトラベルミステリーが、面白かったです…!

企画は悪くなぃけど、特出すべきものもなかったかも…。

2016/10/27 22:17

投稿元:ブクログ

図書館で借りた本。
このミステリーがすごい大賞を受賞した作家さん、四名の短編ミステリー。「残されたセンリツ」演奏を終えたばかりのピアニストが毒殺された。「黒いパンテル」過去にヒーローだった男の話「ダイヤモンドダスト」都会の大雪の中で生死を分けたものは?「カシオペアのエンドロール」札幌から東京行きの臨時列車で起こった殺人事件

2015/05/27 15:50

投稿元:ブクログ

図書館より。
ひさしぶりにミステリ読んだ。
ほとんど知らない作家さんばかりだったけど、読了。
短いながらも秀逸。

2015/02/23 11:09

投稿元:ブクログ

読み応え満点のミステリー4本。どれもこれも読後にお腹一杯に感じる程濃厚でした。最後の海堂さんの作品を読み終わったとき最初の中山さんの作品が思い出せなかったくらい、それくらい一作一作に引き込まれていきました。中山さんの作品は音楽絡み。描写は相変わらずさすがです。想像して楽しかったのは乾さん。安生さんはサバイバルの様子が克明でハラハラしどおし。海堂さんは解決?からの…、という最後がなかなか壮絶でした。どのようにドラマ化されるのかとても楽しみです♪ドラマ化されないとしても、相当な品質のミステリー集だと思います。

11 件中 1 件~ 11 件を表示